Artesano de Circulos Concentricos

【映】SATC2

早速観てきました。

そして今。。。シャンパンを飲みながらこれを書いています。

はぃ、影響されてます。

完全なる娯楽映画。

この映画にストーリー性を求めてはいけません。それを期待して観てしまったあなた。。。それは交通事故にあったようなものです。

普段娯楽映画に殆んど縁のないNagieですが、この映画の好きな部分はやはり何も考えずに観られる娯楽性と華やかなファッション。

プラダを着た悪魔と一緒。(本で読んだだけだけど・・・映画は観逃しちゃった)
そうそうプラダ~この本、ストーリーが単純だからペーパーバックデビューにぴったりですよ。
Nagieは翻訳版と原書ペーパーバック両方買って読みました。

この映画ほど観る者の目的を的確に捉えて映像化しているものもないのではないかしらね。

ただ前回の方がよかったな。

服がね、派手すぎて現実離れしすぎかも。
今回もスタイリストは、パトリシア・フィールドでしょうね。

映画の中で、NYに出てきて出会ったころの4人を回想するシーンがあるのですが1980年代ファッション。
凄い。スーツにスニーカーを履いて通勤するニューヨーカーとかプレッピールックとか。
日本でもいましたよねぇ。
よくまぁ再現したものですよ。やっぱり昔の雑誌とかを見ているんでしょうね。 

そしてさすがSATCと思ったのは舞台となったアブダビ。

ドバイじゃないんだよ、アブダビ。

中東のバブルリゾートは今やドバイからアブダビへ。
ヒットすることを前提に撮っているから豪華ですねぇ。


たまたまだけど患者さんがアブダビに来月赴任するんです。

きょー遊びに行きたい。飛行機苦手だけど。

あー面白かった。

ここのところ観たい映画があまりなかったけど最近ちょっと火がついた。
トビー・マグワイヤーが脱・スパイダーマンで戦争後遺症の難しい役に体当たりしたマイブラザーとか松たか子さん主演の告白(ちょっと怖そうですが)BOX袴田事件とか。。。パリ20区、僕たちのクラス、ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(これはピアノレッスンを撮った女流監督さん、この人のは音楽が最高にいいね)






[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-06-05 23:28
<< しかし侮れないよなぁ 広告塔になってる? >>