Artesano de Circulos Concentricos

【映】マイブラザー

ここのところすっかりスパイダーマンのイメージが定着した(してしまった?)トビー・マグワイアの新作。

海軍兵のサムは美しい妻と可愛い子供たちに囲まれ幸せな日々を送る。サムの父親も元軍人で、出来のいい息子が自慢。
このお父さんを見ているとアメリカにおける軍人ー国の為に失う命は誇りみたいなーというものに対する考え方や国柄が窺い知れる。

銀行強盗で服役していた弟トミー(ジェイク・ギレンホール)が出所してきた。厄介ものの弟・・・父親も妻も毛嫌いするけどサムだけは彼のよき理解者だった。

そんなある日、サムがアフガニスタンに出征することになったのですが戦地で消息不明となり戦死の知らせが・・・・トミーは兄に代わって、サムの大切な家族を守ろうと懸命になる。

やっと気持ちも生活も落ち着いて穏やかな日々が流れ始めた頃にサムが生きているという知らせが。。。。

戻ってきた彼は別人になっていました。

この映画でのトビー、だいぶ減量したのでしょうね。
それが・・・優等生として、父親の自慢の子として育ってきたらこうなるかもという生真面目さをものすごくよく表現している。
几帳面さとか神経質な繊細さとか・・・・

妻役のナタリー・ポートマンも弟役のジェイク・ギレンホールも凄くよかったけど、ひと際目を引くのは子役の二人。
特にお姉ちゃんイザベル役のベイリー・マディソンは天才としか言いようがない。しかも目が、子役にして既に知的なんですよ。

この子役の二人を観るだけでも価値がある映画かもしれないな。
そしてハートロッカーと並んで戦争が及ぼす様々な影響を描き出している。

常に死と隣り合わせの日々・・・人間極限の死を見た時果たしてどうなるんでしょうか?

色々考えさせられる映画でした。

トビー・マグワイア・・・・ラスベガスをやつけろ、さらば、ベルリン・・・そして空前のヒット作・スパイダーマン・・・でもね、Nagieが一番好きなのはサイダーハウス・ルールかな。


しかしトビー・マグワイアとジェイク・ギレンホール、本当の兄弟みたいにそっくりだ。
ジェイク・ギレンホールといえば今は亡きヒース・レジャーとのブロウクバック・マウンテンがいいです。
大好きな映画です。






[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-06-13 21:14
<< ナイスじゃない!? 餃子三昧 >>