Artesano de Circulos Concentricos

和みの時間

大分涼しくなってきました。
Nagieの体調もまだまだ波があるものの一頃よりも大分落ち着いてきました。
やれやれです。

昨日はNagieの癒し時間・京都にてお稽古。

秋ですねぇ。
a0070133_2228873.jpg

枝豆と小豆を使って萩の葉と花を表現しています。萩真丈のお吸い物。滋味深い絶品のおだしは一口含めばため息が出るほど。
お椀から上がる湯気に癒される。日本人でよかったと思う瞬間。


名残りの鱧といいますが、この季節から身と皮の間に脂がのってきて酸味のある寿司飯とピッタリ。

鯖寿司は苦手ですが鱧寿司は大好きです。
a0070133_2248943.jpg


いつもお稽古が終ると作りたいメニューの材料を錦で買ってのんびりお茶をして帰ってきますが、いつもお断りばかりしていてもなんですから久しぶりにお仲間のおばちゃま方と御一緒させていただいた。
神戸で会員制のお料理屋さんをなさっているちゃきちゃきのおばちゃま・・・・今年に入ってお店を閉めてお教室を始めました。
まだまだ先の話かと伺っておりましたがあっという間に自分の決めたことを実行しておりました。凄いです。
もうひと方は、Nagieが一番最初にお稽古に伺い、長く通われている方々ばかりの中でやっぱりなじみにくいなぁなんて思っていた所に気さくに話しかけてくださり、挙句の果てにNagieが付けていた手
作りのチョーカーをとても気に入ってくださり買ってくださったというとても優しい老舗呉服屋さんのおばちゃま。
今回も色々お話させていただきました。
しかしこのおばちゃまたちと話しているとNagieは物凄くいい人になってしまう。何といっても褒めすぎなんです。
関東の人なのにのんびりで穏やかでいいだの華があるだの、目立つだの。。。。
どんだけなんだ、Nagieは。。。。いたってふつーなんですけど。
しかもNagieの周りはみんなこのテンポですよ。
結局は関西とか関東ってことでなくてその人ってことだと思うなぁ。

このお稽古に通って約2年。世間では京都の人は間口が狭くとっつきにくいって言いますが、どうなんでしょうかね?
人によるのかもしれませんね。
みなさんとても優しくて気さくな方ばかり。
Nagieは返って東京の人の方が気取っていて間口が狭いような気がします。
色々話しこみ過ぎて・・・・おかげで仕舞いの早い錦。。。お店が終わってしまいましたよー。

デパートでお買い物をして錦近くにある手打ちうどんのひふみさんへ。親子うどん。
a0070133_2242591.jpg

本当はけいらんうどんが食べたかったけどなかったのぉぉぉぉ(泣)

帰りにはNagie定番店、新幹線構内にある、甘味処・宝泉さんで、新幹線に乗る前に仕上げの甘いもの。
a0070133_22451794.jpg

白玉抹茶クリーム。
脂の少ないさっぱりとした抹茶アイスにこれまた上品な甘さの小豆。ボリューム満点ですがあっという間に食べられちゃいます。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-16 22:55
<< 朝から徒然…… Nagiテーブル >>