Artesano de Circulos Concentricos

出来ました2・・・忘れ物

写真をアップするの忘れた。。。

これは彫金の記録作業も兼ねてるからね。忘れずに。

a0070133_2222926.jpg

一度金属になって上がってきたものの、18Kの色が思った色じゃなかったってことで再製しておりました。
さて今度こそです。

金属代は前回支払ったもので賄ってくださるようにフィリップさんが交渉してくれたけど。。。
前回よりもダイエットさせたところもあるし少し厚みを持たせたところもあるしどうなっているだろう。
金属代が足りませんとだけはならないように祈ります。

だって金ですからね。高いですから。

そして15年以上(?)前に通っていた彫金教室。そこは主にオーダー販売を専門にするアトリエ。
教室は趣味程度なので物凄く安価でアトリエを開放しておりました。
何時間いてもOK。
WAX作業がメインの教室でしたが、今では使わなくなってしまった指輪。
懐かしいなぁ。この筋目を左右対称にそして真っ直ぐに入れるのが難しくて何度もwaxを足してちまちまと作っていたのを思い出します。
ここの先生がNagieの集中力に驚いていましたが今はすっかりそんな気配もありません。
どうしちゃったのかな?歳かな?

そしてここの教室は1年半くらいであっさり辞めました。
なぜか。。。この私が激しくオーナーさん(先生)と喧嘩をしたからです。
私をここまで怒らせた人は、中学校の時私の友達を虐めた同級生の男の子以外でこの人だけではないでしょうか・・・

そして何か手作業をしていないとだめなNagieはガラス作りに行ったのでした。

使えるところはリサイクルしようとダイヤを外してもらいました。
リングの輪を切断しペンチ二つでひねって歪ませて取っていくんですねぇ。
a0070133_2211497.jpg


壊れていく指輪を見て、そして自作であると知った、一緒に見ていた生徒さんが、いいのぉと何度も言葉を発していたのが印象的でした。

そうですよねぇ。Nagieはこういうところは、異常にさっぱりしているんですよね。
冷たい?
そして外したダイヤは、今度作る友人の指輪に使おうと思っています。

さていつ出来上がるんだろうか?
先日のメールで、今は金欠だから7月に仕上がってくれるとありがたいと書いてありました。
来年の7月の事?

この話を〇さまにしたら、tu-jeeの家具みたいだねぇと笑っておりました。
んー家具は月に一回で1年ちょいでしょ。。。Nagieは月に2回は行ってるからなぁ。

どうだろう?

まぁ、Nagieはいつも全般遅い事は確かです。
丁寧にやるんだけどなんだか今一つなんですよねぇ。

悔しなぁ。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-03-21 22:24
<< どう理解したら くだらない輩が >>