Artesano de Circulos Concentricos

羨望のまなざしで見つめる。

今日は、先日の朗読会でご一緒した書道家石川徳仁くんと青山のカフェにてお茶を。

墨で汚してしまった畳のクリーニング代や、彼が使った材料のお金を清算させていただいた。ふぅ、やっとさっぱりしました。

そして久しぶりにのんびりお話をさせていただきましたが、つくづく似た者同士だなぁと。
年齢とかって、重ねてきたキャリア(というよりもしょい込んだ人生の垢)って関係ないのかもしれないと思った。
ただ彼はまだ30歳くらい。兎に角行動が軽やか。
それは本当に羨ましい。
ここ数年は体力との勝負みたいに働いてきたっていうのもあり、自分の体力の衰え、活動できる行動パターンが限られてきていることを感じているNagieにとっては羨ましい。

でも行動って色々な手段があるって思うんです。
自分の動ける力を客観的に見極めて他者の力を借りながら、自分の目標を形にしていく。

実家の仕事に区切りをつけたことで実感したあれこれ。。。。そしてまだその生活に戸惑っていること、どう過ごしていいのか分からなくなる自分がいる・・・・などなんだか正直に話せてしまう。
そんな話やら彼のアートや仕事への熱い思いなど話は尽きない。

あっという間の時間に彫金も遅刻。
行ってみれば。。。フィリップさんがお坊さんになっていた。前回はしょうへい先生がお坊さんになっていましたが。。。こちらの教室では節電対策ヘアーが流行中なのかしら?
a0070133_2037015.jpg

ほんといい笑顔してるねぇ、一休さんみたいだね。

黒蝶貝の花弁を仕上げてきた。
a0070133_20381728.jpg

大きな貝殻の表面を綺麗に仕上げ、花形を糸ノコで切りだして、表面の形を作っていきます。
a0070133_20412934.jpg
a0070133_20414594.jpg


震災の折、京都より色々なものを送ってくださった京都のお稽古仲間のおばちゃまへ何かプレゼントと思って六本木ヒルズにあるオーガニック素材を使ったものばかりを扱うリビング雑貨やさんへ。

そこでこんなものを発見。
a0070133_20455520.jpg

自然のroseの香り。私たちが想像する香りとはかけ離れているのですが(小枝のような香りです)確かにこの匂いだと実感する。
ROSEの香りの商品て沢山あってそれらの香りをかいでも、うんうんローズだって思うのですが実際、確かにそんな匂いは無いなとも今更ながら思うわけで。

そして中身は薄いチップというかシート状になっている。
Nagieは名刺入れに忍ばせました。Nagieの名刺が自然のバラの香りになるわけです。
a0070133_20492629.jpg

天使ちゃんもさぞや喜んでいることでしょう。

そしてそしてこれが大切。このroseアロマ。。。。女性ホルモンに働くというか愛。。。なんだとか。
これですよこれ。

友人にもおすそ分けしようと数枚買ってきました。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-05-25 20:55
<< 彫金ワークを もしかしてデビューかも >>