Artesano de Circulos Concentricos

【映】ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコル

新年明けて一発目に観るにふさわしい、ちょー娯楽映画。面白かったぁ。

クレムリンが何者かによって爆破された。。。

米国極秘諜報組織IMFのエージェント、イーサン・ハント(トムさま)と、ハントの率いるチームが事件の容疑者にされてしまう。米国政府は「ゴースト・プロトコル」を発令してIMFを抹消。汚名を着せられたハントは、IMFの後ろ盾もえられないままチームの仲間だけを頼りにクレムリン爆破の犯人をつきとめ、さらには事件の黒幕が目論む核弾頭によるテロを防ぐためロシアからドバイ、インドへとわたり、過酷な戦いに身を投じる。

もぉ手に汗握るハラハラドキドキの連発。

隣のおじ様は、ぎゅっと握りこぶしにしてみたり手を拭いたり、はたまたため息ついたり。。。
わかるわぁ。

何も考えずに観られる楽しい映画ですねぇ。記憶にも残らないっちゃ残らないのですが。

映画の中に出てくる色んなアイテムも面白いし車がね。。。ビッグサイトのモーターショーから抜け出てきたようにかっこいいのぉ。

ドバイのあのちょー高層ビルの窓からしゅわーって飛び出すシーンなんて涎でそうでした。

よく走れるなぁと感心しきり。

これは彼に限ったことではなくて、あちらの俳優さんはみなよく走るんですねぇ。お年なんて関係ないのかしら?

私?はいっ、心臓が一発で破裂します。

トムクルーズ、そうは言っても50歳、やっぱり年取ったですわ。

もちろん素敵なんです。スーツ姿なんて惚れるわ惚れる。

でもねちょっとしたシーンで正直に出るんです。まぁしょうがないけど、それに相反してムキムキだから、そのアンバランスがちょっとキモいわけですな。

それなりにお顔のしわもボツリヌスやらヒアルロン酸なんかでカバーしちゃってるんでしょうか?

ふぅ、この映画で得た教訓をひとつ。

あまり背が大きくない方は、筋肉を鍛えすぎると着る服によってはスタイルが悪く見えやすくなるということを知りました。

どうかトム様ぴたぴたした服は着ないでください。

スーツ、スーツが一番です。

しかしアメリカ、ハリウッドの映画はスケールが違いますわねぇ。
映画も不況だと言うわりには、この撮影でしょー。ロシア、ドバイ、インド。。。。
どんだけ移動してどんだけお金かけて撮影してんだって感じで、日本映画ではこうにはならない。
というか所詮流れる血の違い。。。お金があってもあのスケールの映画は日本人では無理そうな気がします。

さてぇ、冷凍庫のお掃除。。。湯葉が食べたくなって炊きましたぁ。
朝映画に行く前に水に昆布をつけて。。。帰ってきてゆっくりの火で30分(お湯はちょっと熱めのお風呂くらいの温度です)
こんなにも濃い昆布だしがとれます。
a0070133_20441959.jpg

何も味付けしなくても十分美味しいです。お稽古仲間のおばさまの中にはこれをもう少し薄くしてお孫ちゃんに飲ませているんだとか。
味覚が養われますねぇ。私も今日の夕飯のおつゆはこれです。
a0070133_20284612.jpg

京都の湯葉とはちょっと違います。日光の湯葉です。一枚一枚が肉厚でそれを何重にも巻いてあって揚げてあります。
使う時は油を抜いてから使いますが、Nagieはお湯を変えて3回ぐらいは湯でこぼしてます。
油も嫌なのですが豆乳臭さが苦手なもんで。。。
今日は昆布だけのお出汁で炊いてますぅ。精進炊き。
落し蓋の代わりに出汁で使った昆布を上に敷きます。
a0070133_20292982.jpg

a0070133_20301279.jpg

自分で言うのもなんだけど上品な仕上がりです。器は、柳下季器氏の作品です。

そして今は昆布の佃煮炊いてます。冷蔵庫に入っていた昆布を全部使っちゃいました。乾燥状態でたぶん300~400gだからどんだけになるんだろう?
水を使わずに炊いていくのでお酒も1500ccくらい使っちゃいます。
仕上げに山椒の実を入れますがなんとも贅沢に作った佃煮です。
売り物だったらえらい金額になるでしょうね。

新年に会う方々にはご挨拶代わりのお土産になりますな。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-01-01 20:36
<< 【映】ニューイヤーズ・イヴ 断捨離デー >>