Artesano de Circulos Concentricos

ロケハン

朗読会の会場の下見に行ってきました。

原宿の駅の近くにこんな場所があったのかぁとちょっと驚きました。

原宿アコスタジオ。スタジオオーナーはビルのオーナーさんでした。

60人規模の小さな小さな音楽ホール。
オーナー女史は元日本フィルの奏者の方だそうで音響にはこだわって作っているとのこと。
壁の木はピアノの反響盤に使う木材と一緒なのだそうです。
a0070133_219311.jpg

今回はピアノの即興演奏を取り入れていこうと思っています。ゆえにピアノがあるところで小規模で仕事帰りに来られる利便性を条件に。
しかもリーズナブルじゃなきゃいけないのです。お金を出せばいくらでもあるのですがなんせ低予算で仕上げなければなりません。とにかく赤字を小さく小さく。

舞台と思われるスペースの寸法を測る。これは前回からの学習です。
稽古の時(会場でない場所でやりますからね)この大きさにスペースを区切ってマークして動きを調整していくのですね。

ピアノ担当の岩倉さと子さんが早速試しならし弾き。
a0070133_21154370.jpg


いやぁ贅沢です。素敵なメロディを聴きながらの打ち合わせ。

a0070133_21183471.jpg

ピアノに耽る女史、書の見せ方でイメージを膨らます書道家、そして書と朗読、ピアノをいかに綺麗に見せるか考える照明デザイナー。

暢気に写真を撮るNagie。

舞台監督さん、プロデューサーさんと言われた時にはへぇ誰かねぇ。。。えぇぇぇわたすぃぃぃと驚いてしまったよ。

こんな小さな規模でプロデューサーだなんて。

でもいつかは演者さんにも、協力してくださる方にもギャラを出せるようにしたい。
そして儲からなくとも次回のイベントの時に会場費の一部ぐらいは手元に残るようにしたい。

今回は新たな試みで併設のギャラリーも借りちゃいました。
a0070133_21263944.jpg

これが本当のACCのスタートです。朗読会に因んだ作品やACCのコンセプトを形にしたものを飾ります。
写真も。。。

こうして様々なアーティストさんと組んでイベントを開催していきたいと思いますのでみなさまご協力のほど&コマーシャルのほどよろしくお願いいたします。

こんな私とでも・・・一緒に何かしてみたいという方大募集。

んーそんな殊勝な方はまずそういないわな。。。。ショボーン054.gif054.gif
一生懸命頑張ります。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-02-03 21:33
<< 水戸黄門のようだ 人間やめたい。。。 >>