Artesano de Circulos Concentricos

医者の姿がわからない。。。

先日恐怖のクレーマー(とは違うけど。。。)体験をしました。

従業員のミスで足元を掬われそうになることがあるということを思い知った。

やっとくすぶっていた心の傷が薄らいだ。

私だけじゃなくて、みんな同じような危機に、しかも私以上に密接に、さらされているドクターは一杯いるのだと知った。

先日、敏腕外科医嬢と話していて感じた。

そして最近治療にいらしてくださっている近所の女医。婦人科。。。。

んー例の忌まわしい記憶の元の科と同じ。

どうしてこうも違うのか。開業医と附属病院勤務の差?

持っているお金の差?

肩書きの差?

年齢の差?

方や能面みたいな表情、方や気さくに笑う。最初から気さくだった。

話も分かりやすいしはっきりしている。やりたいことやりたくないことがはっきりしている。

こちらもやりやすいし、色々なことをはっきりと言える。

んー同じ職業でも千差万別ですね。

今日は看護士が一人退職(多分クビ。。。)するのだとかでもうストレスを発散されて帰って行きました。

やはりこの先生も同じ境遇にいるのだと実感。

不妊を専門とするだけにクリニック環境はシビアでしょうね。

一日60人近く診察するらしく、看護師や事務がきっちりサポートしてあげないとこなせないですものねぇ。

お察ししますわ。

そんなこんなの休日前。

今日は珍しく日本酒、獺祭。

お猪口は清水焼陶斎窯の龍のおちょこ。

むふふ。


みんな大変だな。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-02-28 21:47
<< 男の好み 風情あるたたずまいの中で >>