Artesano de Circulos Concentricos

癒しの空間

とにかく、何だかほっと力が抜ける。

いい。

我が家から徒歩10分圏内に素敵なお店が登場。

民家の一部を改装しての小さな小さなビストロ。10人も入れば一杯になってしまうお店。

フランスの田舎町にひょこってあるような長閑で、そしてちょっとレトロ感漂う、そう日本でいえば昭和な感じの素敵なお店。

a0070133_18114998.jpg

シャッターを切る瞬間に人が通り過ぎた。へぇ、こんな風に残像として残るんだ。

素敵な写真が出来た。

飲み助ご近所友ジムミちゃんと行ってきた。

彼女も開口一番、いいねぇ、凄くいい、癒されるねぇと。

感じ方が一緒だ。不思議なのだ、好みも性格もテンションも全然違うのに何故か似ているんだよねぇ。

何食べたい?と問うてみれば すかさずお肉、肉々しいお肉が食べたい。。。。

おぉ、燃えてるのねぇ

やはり牛ですかねぇ。

メインはステーキに決まった。

その前にピクルスでしょー。これは外せない。。。大好物。

そして滅多に食べないけど珍しくポークリエットを頼んでみた。
a0070133_1820098.jpg

これが大当たり、脂の具合が凄くよくて口の中の生温かさで溶ける脂は何だか、人はやはり動物なんだと思わせる懐かしさがある。

フルーツトマトとモッツァレラのサラダ
a0070133_1821180.jpg

ボリューム満点でこの段階で私はお腹が一杯になったけど、ジムミちゃんリクエストお肉に行かねば。。。。

a0070133_18214921.jpg

そして立派な牛サーロインのステーキ。外はちょっと焦げ感を感じる焼き方で中はとてもきれいな薔薇色だった。たっぷりのマスタードでいただくお肉は思いの外臭いも気にならずにパクパク平らげた。

小さなそして不便極まる場所柄ご近所の方がちらほら。しかも年齢層の幅が広い。

年配の方が一人カウンターでちょっとしたつまみでワインを飲んでいると都会だなぁって思った。

田舎じゃ考えられないなぁ。

お店の方ものんびりモードでどことなくフェミニンで私好み。

こりゃ、リピート率高そうだ。

なんせ歩いていけちゃうからね。

牛肉の写真を楽しそうに撮るジムミちゃん。
a0070133_18315227.jpg

会社で大変なことが山積みで苦しい時なのにどこか吹っ切れたような。。。。

頑張り過ぎずのんびりジムミちゃんらしくお仕事してねん。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-08-11 18:34
<< 一龍斎貞水 横浜過ぎて >>