Artesano de Circulos Concentricos

京都にて

今回久方ぶりの京都。

どうしても行きたかったお店に行ってきました。現金握りしめ(笑)お洋服をゲットしに行ったのですが、服には恵まれなかった。
a0070133_20452636.jpg

私の体型じゃ着こなせないほど上級編だった。着られるけどダサダサな私でもいいですか?みたいになってしまいそう・・・・イジイシ

で買ってきたのはこちら。
a0070133_20455986.jpg

ピアスなのですが、こちらあくまでもパーツとして売られています。これに色々な可愛いパーツを組み合わせてその場で仕上げていただくみたいです。

私は使うというよりもデザインの面白さでジュエリー作りの参考にしたいと思って買ってきましたがどれも1000円以下でちょっと危険です。お財布の紐が弛みます。

そしてこちら。
a0070133_20482765.jpg

ウォッシュ加工のシルバー革トートに紫のでっかいタッセル。
タッセル好きの方なら一目見て分かるでしょうが結構立派です。これだけでもいいお値段しますよ。
このバックのお値段の3分の1はこのタッセルではないでしょうかね?
いつかタッセル教室に行きたい。

京都の帰りにはその足で銀座で開催されている、友人の尾崎さと子さんの写真展&ライブへ。彼女は即興音楽家でもあり写真家でもある。
最初の出会いは写真からでした。懐かしいなぁ

で、家にあるフィリップのジュエリーにピッタリの写真を見つけてポストカードですが買って帰ってきましたよ。
目に入る景色が幸せ一杯でいいわぁ。殺伐としたこのご時世にはこんな写真で一服ですよ。
a0070133_20544165.jpg
a0070133_20542488.jpg


この日はまだまだ。。。。

銀座~青山へ移動。汗だくだくのへとへとですが今日頑張っちゃえば明日はゆっくりだと言い聞かせて・・・
友人のオートクチュールデザイナー服部幸之助さんの新しいブランド展開のレセプションパーティ。
a0070133_2114077.jpg

日本の伝統的手ぬぐいを使ってシャツに仕立てるという。
彼はデザインもさることながら自ら針と糸を持ってという職人でもある。
カッティングの素晴らしさはさすがトップメゾンでチーフデザイナーを長年してきただけある。
私もお洋服を作っていただいたことがありますが素晴らしいです。

手ぬぐいは私にとっては夏はかかせないアイテム。アレルギーを持つ肌にはとても優しい素材。
それでシャツだなんて、しかも白。

自分で作ったボタンをつけてもらうようにお願いして帰ってきた。
さて今のペンダントトップが出来上がったらボタンを作ろう。

デザインは決まっている。。。蓮。
花の方じゃないですよ、蓮根のほう。

蓮根に開いた穴は仏教の世界では、先を見通すと言って縁起のいいものなのです。
それをボタンに使って縁起のいい、福を呼ぶような、福を放つようなシャツを作りたい。

はやく作らなきゃ。

まずは私がサンプルとなって作り、よかったらフィリップを売り込んじゃえぇ。

オートクチュールなボタン。貴方の想いをボタンにして。。。。

いいじゃん。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-09-22 21:11
<< 秋は読書の季節なり 私のパワースポットはここなのだ >>