Artesano de Circulos Concentricos

お誕生日だったのだなぁ

昨日は。。。。

私の家は子供の頃からアニバーサリーのない家。

家業が忙しく、子供のそういった行事は特に。。。

そのせいか特に何かしたいとかなく、忘れてしまうほど普通どおりに過ぎていく。

でもここ数年はちょっと違っている。

私じゃなくて私の周囲の友人が本当に素敵な気分にさせてくれるのだ。感謝。

さて昨日は、ACC企画の朗読会でもお世話になった岩倉さと子さんが劇伴を担当した朗読劇がありました。

松濤にある小さな小さなバーで。

上演時間までちょっと時間があったので松濤にあるお気に入り店、アルルにて軽く一杯。
a0070133_20295175.jpg

素敵なガラスに盛りつけられたカプレーゼ。可愛いし一人でいただくにはぴったりの小ぶりな大きさ。

そして一人仕様にしてくださったシャルキュトリー。
シャルキュトリーってのは、主に豚肉や豚の内臓から作ったソーセージ、ハム、 テリーヌ、リエット、パテなどの加工食品の総称。
a0070133_20393553.jpg

焼き立てのパンとぴったり。

そしてお誕生日のお祝いにオーナーが、こちらの人気メニュー、お薦めメニューでもあるキッシュを小さな器で作って下さった。

感激したぁ
a0070133_203469.jpg


仕上げにデザートを注文したら、お店の看板娘美人ちゃんが、小声でハッピーバースデーを歌いながら。。。
なんせ一人で食べてるんだから大きな声ではマジ困る。
って私が思うだろーってさりげなく小声で。。。


蝋燭の火を吹き消して二人でぱちぱち手を叩いて笑い合う。
なんて素敵な時間なんだろう。

ってかなんて優しく包み込んでくれるお店なんだろう。
これだよね。。。接客業って。

このお店がいつ行っても一杯だし、満席なのが分かる。

ただ美味しいとかそういうことじゃないのだ。

お客様を優しく包み込んで幸せな気分にさせてくれる。
しかも仰々しくなく、そりゃそうだ。。。だって作ってやっているんじゃなくてそういう人柄なんだから。

これって出ますねぇ。どんなに取り繕ってやってもすぐわかる。

どんな仕事にも共通しているね。

わたしも見習おう。

そして思うのは。。。私このお店、言うほど常連じゃないのだよなぁ。
なんだかずーっと前からこのお店に伺っているような感じだ。

初めて行った時に凄く印象に残ったのだそう(2度目に行った時に言われたの)
それは私の目と、メニューの説明を聞く姿勢が印象的だったのだそう。
同業者か似たような接客業の人だろうなと思ったのだそう。

以来、とてもよくしてくださるのだ。

感謝だな。

その後お腹が満たされた私は・・・・・

朗読劇へいそいそと酔いの気分に任せて向かったのでしたぁ。

はぁ御想像通り朗読会は眠気との戦いとなった。ははははは



[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-28 20:51
<< プライベートレッスンである醍醐味 貴重な体験 >>