Artesano de Circulos Concentricos

【映】オレンジと太陽

飯田橋。。。最近のお勤め場所。結構お気に入りです。仕事の後が楽しい。

お気に入りの一つ、ギンレイホールへ、見逃した映画が2本立てで観られる。

オレンジと太陽

1986年のイギリスのノッティンガム。社会福祉士のマーガレットは、ある晩、シャーロットという女性から自分のルーツを調べてほしいと相談を受けた。オーストラリアからはるばる訪ねてきたというシャーロットは少女時代、ノッティンガムの児童養護施設にいたが、ある日、他の児童たちとともにオーストラリアに移送された。養子縁組ではないその移送に疑問を抱いたマーガレットが調査したところ、シャーロットと同じ扱いをうけた人々がオーストラリアにたくさんいることを知り、彼らの家族を探すことにした。

そして・・・・・

19世紀から1970年代まで行われた強制移民で、13万人の児童が、親の承諾を得ずに、あるいは、だまされるなどして、イギリスからオーストラリアへ送られました。そこでは毎日、太陽が輝き、毎朝、オレンジを食べるんだと言われ船に乗せられた児童たちを待ち受けていたものは、性的虐待と搾取と「泣くことを忘れた」日々。子供たちにあるのは『無』。。。。これしかないしこうするしか生きるすべがない。
どうしてなんて考えていたら耐えられんし死ぬしかない。

主演のエミリーワトソンは好きな女優さん、奇跡の海や本当のジャクリーヌ・デュ・プレとかアンジェラの灰が有名ですかねぇ。

よかったぁ。しかし非合法の内に国という巨大な組織の中でこういった違法行為が行われていたとは・・・

なんという事実か。

最終的にイギリスもオーストラリアもこの事実を認め謝罪したそうです。

今も身元調査は行われているそうです。

映画の後はずーっと楽しみにしていた、日本の振付家の第一人者である平山素子さんの新作発表会。

a0070133_9202651.jpg

相変わらず素晴らしかった。

この方のダンスは観なきゃわからないのだなぁ。コンテンポラリーは言葉じゃ説明できない。

刹那的で破滅的でそれでいて情熱的・・・・虫のように蠢く指先ですら色っぽい。

赤い花弁は血を現していたのだろうか?

来年は新国立で舞台があるね。行かなきゃ。

平山素子さんの新作を観たら大満足なので彼女の出番が終わっての退室。

さてとお腹空いたから飯楽でご飯でも食べていくかと・・・・
料理長が変わって味も変わった。前のレシピで作っているというけれど似て非なるものになった。
a0070133_9265862.jpg

大好物の春巻きも餡のとろみが全然違う。何と言っても前はもっと美しかった。
前回はたっぷり入っていたけれど餡が固すぎでトロリ感がなかったし今回はトロリとはしていたけれど餡が少ない。まだまだお勉強だね
a0070133_9275431.jpg

サンラータン麺。これは以前に近いと思ったけれど味がぼやけてる。塩気とは違うのですがもう少ししっかりした味わいだった。
こちらはホールのおじさん(私と変わらないかも・・・そんなことないか・・・)がとても気さくでいいのだ。
先日伺った時にはいらっしゃらなくて残念だった。
今回は『おーお久しぶりですねぇ』と迎えてくださった。
そして味について質問されたので私なりの印象をお話しさせていただいた。
今も十分美味しいけれどこれだと元の常連さんは離れて行ってしまうかもと。
おじさんも同じことをお話しされていたので現実を分かっている人がいたら大丈夫だと思った。

サービスにデザートを頂戴して帰ってきました。

あー朝のクラシックカーイベント~夜まで充実した一日だった。

過日のクラシックカーイベントから今回。。。こんな素敵なイベントに誘ってくださったご近所友に感謝。
いつもありがとう。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-11-24 09:36
<< タイシルクオーダー納品会 お天気は散々でしたが。。。 >>