Artesano de Circulos Concentricos

【映】THE QUEEN

ダイアナ元妃がなくなって10年目の今年、この映画が上映されるとはなんの因果か・・・・
ダイアナ元妃が自動車事故で亡くなってからの1週間のエリザベス女王やブレア首相の苦悩を描いた映画で真実に近いといわれていますが、どうなのでしょうか・・・
ただフィクションのストーリー(映像)の中に差し挟まれた当時報道されたニュース番組の映像がとてもリアルにしていると思うし、私は少なからずダイアナ元妃ファンだっただけに何度もウルウルしてしまいました。この映画はダイアナが主人公では決してないのですが死んでなお絶大なる存在感を持つ彼女もまたこの映画の主人公かもしれません。私たちはダイアナ元妃の表に出た部分しか知りえることはできません。その裏に隠された真実の顔や心はどんなものだったのでしょうか?ただごくごく一部しか知らないとしても彼女のボランティア精神に富んだ様々な活動は私たちの脳裏に深く刻み込まれていますよね。そりゃー、表であれだけの活動をしているのですから、時には踏み外したくもなりますよ。箍が外れてこそ人生ですよ。

若くして即位し自分を押し殺すことを美徳として生きてきたエリザベス女王。この大変な時にもその感情の揺れを表すことが出来なかったのですね。今の時代にあっては悲しいことかもしれません。どうでしょうか、時にはその鎧を脱いでみては・・・二日酔いなんかしちゃったりして。
でもそれが脈々と受け継がれていく歴史なのかもしれません。
イギリス王室は相変わらずスキャンダルの渦に巻き込まれていますがパパラッチにも原因があるのかもしれませんねぇ、恐るべし、ハイエナ精神ですよ。少し静かにしておいてあげたらどうだろうか?結局人間なのですから。まぁ、かれらも家庭があって子供がいてなんていう生活をしているとするならば稼がなくちゃいけませんからね。でも決していい人生の終末を迎えるとは思えないなぁ。

主演のヘレン・ミレンは主演女優賞を獲得しましたよねぇ。べネツィアで大絶賛だったということですがわかります。アカデミー賞を受賞した時にはエリザベス女王&ブレア首相から祝意を賜れたそうですよ。彼女のリアルな演技。多分彼女の見事な演技のせいだと思いますが、映画自体が緊迫した雰囲気を醸し出していて心なしか場内がシーンとしていたような・・・微動だにしないっていうんですかね、あの雰囲気は?んー、素晴らしい映画でしたねぇ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-05-06 10:50
<< 終わっちゃいましたねぇ。 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン >>