Artesano de Circulos Concentricos

美味尽くし。。。

昨日は年に1度の(正確には2日行くのですが)学校歯科検診のアルバイト。今回の担当は英進部といってこの学校のエリートでありお金持ちのご子息が多い。有名大学を目指すクラスの子達。ここだけの話・・・やっぱり歯が綺麗だなぁ。親御さんの教育レベルというか生活レベルというか・・・やっぱり反映するのよねぇ。凄く面白い女の子に出会った。生えてくる眉毛を毛抜きで抜いちゃうの・・・もったいないですよねぇ、自然に薄くなっちゃうのにぃ。気になるんだとか。確かに毛深そうでしたが。保健室の先生に『おまえぇ、おかしいぞぉ!?Nagie先生、見てくださいよー変ですよねぇ』 Na『えーっ、可愛いけどなぁ・・・普通はのっぺり変になるはずなんだけど貴方のは凄く可愛いわよ、私好きだなぁ、あっ、でも私にいいって言われても・・・わたし、かなり変だからなぁ、微妙ですねぇ・・・・』保『やだぁ、Nagie先生、凄いですよー、お前、よかったなぁ』その彼女曰く『この先生凄いよー、センス分かってるねぇ、先生の歯医者どこなの?』Na『それが遠いのよー、東京だよー』 『あっ、そうなんだ・・・でも来年大学は東京に行くからその時は絶対行くからねぇ』Na『うーん、おいでねぇ。楽しみだわぁ、きっと職場のみんなも会うの楽しみだと思うわぁ。可愛がられそうだものぉ』
検診の合間になんの話をしてるんだかですね。今回はNagie一人だったので、先生も気楽だったのでしょうね。いろいろ雑談を交えながら笑いながらいい感じで進んでました。

終わった後はランチの時間までデパートを見たりして過ごしながら、今回のランチの目的店、BAnBAPIZZA(バンバピッツァ)へ。ここは同郷同僚、AKKOさんが見つけたお店。この近くには宇都宮餃子の有名店みんみんがあり、何度か通り過ぎていたので、Nagieも気になっていたのです。やはり美味しいのですねぇ。ランチピザは4種類・・・悩むなぁ。夕べもおみおつけだけだし、今朝もグレープフルーツとコーヒーだけ。検診の後はずーーーっと歩っちゃったし、お腹はグゥグゥ状態。エリンギをたっぷり使ったピザをセレクト。それにサラダにコーヒー。
まずはサラダ、酸味の効いたドレッシングはぷるっとするなぁ。空腹すぎるNagieには胃にちょっときつい。でもすっぱい物好きなNagie、胃がやばいぞーと思いながら食べちゃった。
その間に店主さんは丁寧に、仕込んだピザ生地を延ばしている。ほっほぉー、腰がはいってるねぇ、君ぃ、いいよいいよ、ジュル。。。。薪が焚かれた釜に入れること数分、ぽこぽこに膨れ上がった美味しそうなピザが取り出された。仕上げにオリーブオイルをさっとかけて出来上がり。
a0070133_19592026.jpga0070133_1959421.jpg凄いもっちりだぁ。美味しい。宇都宮の中ではかなりのレベルなのじゃない?私ごときが生意気ですが本気です。最近のお気に入りピザや(代々木上原とあるピザや)には生地の風味はかなわない、というかあのレベルの生地は普通殆どのお店が無理だから・・・。

薪窯焼きピッツァ専門店 BAnBAPIZZA 宇都宮市馬場通り4-3-1 028-643-8001

午後の仕事を済ませて皮膚科へGo!そして勝利の勲章写真。どうしたのでしょうか・・・うふふ。
a0070133_2085858.jpg


東京に戻っていつものバーへ。吃驚したよー、満席状態。最近混んできたけどこの光景ははじめて見た。嬉しいような悲しいような。カウンターにはよく合う常連さんY君がいた。ちゃっかり隣に座ってお喋り開始。彼のおつまみ、鶏肉の味噌漬け山椒焼きをいただいた。味噌のしょっぱさが調度よく、丸みのある感じで柔らかくて美味しかったです。
今回は珍しくカクテルからスタート。アメリカンチェりーとスプマンテのカクテル、オーダー。
するとバーテンダーATOBE君が『スプマンテがいいですか?他のでもいいですか?折角だから僕のオリジナルのをお出ししてもよいです?ちょっとNagieさんのイメージで考えたのがあるんですよー』おっ、こりゃまた凄いね。とても可愛いピンクレッドのアメリカンチェリーをたっぷり使ったカクテルが登場。正直、何を使っているのか分からないけれど美味しいことだけは確か。
ATOBE君はもうじきここを卒業するらしいです。他店(同グループの・・)に行くことに決まったらしいです。研修期間しゅーりょーてところなのでしょう。私の行ける範囲のところだったらよいなぁ。そしてこの後、ロックでいくはずが出されたボトルがこちら・・・正直、こちらはストレートの方がよいのですけどねぇ・・・の一言にではストレートで加水用のお水を少々いただいて。ううううううまい。Nagieの好みはどちらかというとアードベッグのほうですねぇ。
アルコールのたった香りのわりに唇に当たる感じは柔らかく、フローラルな香りを感じることが出来る。わりに色っぽいのですがいやらしい色っぽさではなく、貴婦人のよう。時間がたつと香りも味わいも変化してきますが、この変化を楽しむのもお酒の楽しみのひとつですな。
a0070133_20265096.jpga0070133_20271494.jpg












夏にはここで和食とお酒のマリアージュを企画することになりそうです。オリジナルのメニューを組んでそれに店長坂本氏がお酒を厳選する。面白そうです。どんなスタイルにしていくかは、もっと話し合って練りこんでいかないとね。それにしても楽しみだ。料理も最高に美味しいからね。

最近、真剣に困っている・・・何を・・・私がプロ並に料理が上手いと勝手な噂が立ってしまっている。確かに下手ではないけどプロ並では絶対ない。普通にそこらへんにいくらでもいるレベルです。しかも全然料理しないし・・・どうにかならないかなぁ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-06-02 20:43
<< 【映】しゃべれどもしゃべれども 新丸ビルデビュー。。。 >>