Artesano de Circulos Concentricos

異端児の作品。。。

先月から2ヶ月に渡ってのレッスンでやっと仕上がりました。基本のクラスが終わり(しかしまだNagieは全作品終わってないから補講が必要なのですが)上のクラスになって複雑な手の込んでいる作品になってきました。可愛い可愛いカルトナージュの○箱。モワレのローズ色の生地にスタイリッシュなイメージが出るようにブルーグレーのロープにフリンジのリボン。そしてオールドローズ系の薔薇でまとめたアレンジをのせてみました。
a0070133_21273514.jpg


しかし、こんなにちゃきちゃきしている私・・・なのに意外なところでおっとりしているというかのんびりしている。お稽古に行ってみたら、みんな既にちゃっかりとお花をゲットしていたのですよ。
先月、先生と深い紫なんかを合わせると素敵よねぇなんてお話していて、先生も紫系を持ってくるわねぇなんて仰ってくださっていたのに既になかった。で、しぶしぶこのローズを選んだのですが結果オーライでした。とても落ち着いたきゃぴきゃぴ感やぶりぶり感の少ないものになりました。先生もよいよーって仰ってくださって本当に嬉しかった。しかしなんですな・・・4年間もフラワーアレンジを習ったわりには、こんな時その経験が発揮されないってのも悲しいですねぇ。
ただ基本は(守らなければならないこと)まだ覚えているのでその鉄則だけは守って作ってみたら案外まとまった。足りないところを先生が手直ししてくださった。
そして出来上がってみて実感したこと・・・私ってやっぱり変わり者かもってこと。みんなと全然雰囲気が違う。お花のセレクトや生地と付属のアクセの組み合わせなど。
a0070133_21323359.jpga0070133_21325587.jpg
ゴージャスな深い赤の薔薇にゴールドの玉にベリー、そして白やオレンジの花を使って可愛らしくアレンジ。この感じがやはり普通なのですよね。嫌いじゃないし凄く好きなんだけどいざ手をかけてみるとNagieの場合渋めに(?)なってしまうのですよー。

で、次回のティッシュボックスの生地を選ぶのにもやっぱりみんなが選ばないものを選んだらしく、生地にサンプル名が書いてない・・・いつもモワレローズとかドットとか書いてあるのです。
先生に『この生地はなんて書いておけばいいですか』って伺ったら『生地にNagieって書いておいて』ですって。いかにこの生地を選ぶ人がいないかってことですよねぇ。異端児・・・よいです。だって私の好みだし決まりがあるわけじゃないしね・・・・でもちょっと気になる。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-06-11 21:50
<< そこまでして食べたいか・・・・ 空想世界。。。。 >>