Artesano de Circulos Concentricos

寂れた街にも素敵なスポットあり。

宇都宮のBANBAPIZZA(バンバピッツァ、馬場通りにあるから・・・かな)へ実家の方の患者さんと行ってきました。普段土曜の夜はすぐに東京に戻ってしまうのだけど珍しく宇都宮の街に繰り出しました。しかし・・・・冴えないなぁ・・・。どんどん寂れていく。まだ8時だというのにシャッターが閉まっているところが多い。楽しい場所に人は集まる・・・集まるからもっと楽しくなる。
全くといっていいほどこの気流に乗れていない。寂れた街、駅前の景観ワースト3に入ってしまうのも頷ける。若手の青年商工会の方々が一生懸命努力しているらしい。

BANBAPIZZAは宇都宮餃子の聖地、みんみんのすぐ隣にある。みんみんの前にある駐車場に車を止め・・・おーーーー、餃子のにおいが・・・ぐぅうううう、おおお腹が。
一皿餃子を食べてBANBAPIZZAに行きたいと思ったけど、この行列に並ぶと新幹線の時間に間に合わないもんなぁ・・・断念。(次回は宇都宮餃子3件はしごに決定です)

小さな小さなカウンター8席ほどのお店。2階もあるけど基本的にはこの1階がメイン。まぁ、一人でやるには調度よいスペースですよね。全く賑やかさのない静かなお店。それがまた疲れたNagieにはよい。

まずはサラダと窯焼きジャガイモの生ハム包みa0070133_10464829.jpg
a0070133_1048935.jpg








ジャガイモは生ハムの下にトマト、アンチョビソースがのせられていて、それがホクホクとしたじゃがいもに程よいアンチョビと生ハムの塩分を添えている。車でもあるので友人はお酒を飲まなかったので私もガス入りのお水で・・・これにとっても合います。ワインだったらもっと最高です。

そして次に出てきたのはアスパラのカルボナーラ風。カルボナーラは数えるほどしか食べたことがないパスタ。苦手なのです。友人がこれを選んだ時、・・・・と思ったのですがパスタみたいにたっぷり来るわけじゃないし野菜だから大丈夫と思ってオーダー。
a0070133_10543827.jpga0070133_1054531.jpg








まずは熱々に熱せられた器にアスパラ、パンチェッタ、パルメザン、生クリーム、卵が器に盛られ、この状態でみせてくださり、これを交ぜてだしてくださる。意外にさっぱりです。
やっぱり田舎は野菜が美味しいなぁ。アスパラの甘さが一杯そして瑞々しいんですよねぇ。これまたお酒が合いますよねぇ。

ピザは悩んだ挙句、一人1枚食べることにしました。だめならテイクアウトすればいいし・・・(悩む必要全くなしでしたが)
スペシャルマリナーラ・・・オリーブ、モッツァレラ、トマトソース、アンチョビなどなど、そしてスペシャルフォルマッジョ・・・4種類のチーズにトマトソース、きのこ(エリンギ)。
注文を受けてからひとつずつ丁寧に生地を伸ばし具材をのせ、薪が焚かれた窯に専用の巨大へらで入れ込んだらそれはそれは愛しむように丁寧に何度も何度も回転させていく。
このやり方だと一度に何枚も窯に入れて焼くことは出来ないから、のんびりムードのお店が出来上がってるんでしょうねぇ。凄く真摯な姿なんですよねぇ。
a0070133_116234.jpga0070133_1161788.jpg







お若い(といっても35歳と予想した私たちですが)ご主人の笑顔が凄く素敵だし真面目そうでよいんです。先日、歯科検診の帰りにランチに伺ったことを覚えていてくださり、再訪を凄く喜んでくださった。帰りに『今日も東京に戻るんですか?』と聞かれ、『はいぃ、これから帰りますぅ』
新幹線はまだあるのかと心配されていましたが10時半くらいまであるんですよっていったらほっとした顔をされていた。また絶対来て下さいねぇと笑顔でお見送り。がってんだ・・・
福呼ぶ女(自称)Nagie、このお店絶対満席にしてみせます。というかそれも彼のスピードには困りものかもしれません。がははは。
a0070133_11115852.jpg

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-06-17 11:18
<< 女性に生まれたからには・・・至... 振られた結果・・・大成功 >>