Artesano de Circulos Concentricos

【映】レミーのおいしいレストラン

a0070133_2219077.jpga0070133_22401542.jpg

映画を観に六本木へ行ってきました。こんなCafeを発見。草間弥生さんのエキセントリックな目がちと怖いです。そしてお店の中の自販機も水玉ぁ~。





ウォルトディズニーとピクサースタジオが手がけた映画。凄いですねぇ、緻密としか言いようがない3D。本物なんだか偽物なんだか。この映像を子供の頃から見続けている今の子供たち。アナログという言葉はもうなくなってしまうのかな。ちょっと怖い。

天才的な舌と鼻を持つねずみのレミー。夢はパリで一流のシェフになること・・・でもねずみはキッチンの嫌われ者です。ふとしたことから、今は亡きグストーの幽霊に出会い、導かれ彼の生前のレストランへ。そこには料理の才能ゼロの雑用係リングイニが日々躓きながら仕事をしています。リングイニと出会い、彼と組んでパリ1番のレストランにすることになった。レミーにとっては夢のような出来事ですね。
グストーのレストランは毒舌批評家の口によって星を一つ失うことになった。そしてそのストレスでグストーは命を落としてしまうのですね。慣例に従って更に星を失った。(これ、実話らしいです)そしてラタトゥイユという家庭料理によって毒舌評論家を唸らせることになる。

子供も大人も楽しめる。さすがにディズニー作品らしく、そこここに深遠なテーマが散りばめられている。時に胸にグッとくる台詞があるんだなぁ。グストーの料理哲学もふんだんに盛り込まれています。
料理を作るシーンもそれはそれは緻密な取材の後が伺われ、料理好きにも堪らない映画に仕上がっていると思う。
最後のクレジットに見入ったNagie。さてさてどこのレストランが協力しているのかと思って、なるほどなるほど、ロブション、ギィ・サヴォア・・・後一つは分からなかった。
確かに最後のラタトゥイユの盛り付けはロブションみたいだなぁと思って観ていました。

映画を観終わったNagie。突然料理がしたくなりました。材料を買って帰るなり早速、ストック用のトマトソースを作りました。そして後日、このトマトソースを利用してラタトゥイユを作ろう。映画の中に出てきた技法で。
a0070133_2251570.jpg

トマトの赤とバジルの緑がとても素敵です。美味しそう。パスタもよいね。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-08-14 22:56
<< ご無沙汰していたら・・・ 【映】街のあかり >>