Artesano de Circulos Concentricos

【映】恋とスフレと娘と私

3人の娘を育てたパティシエのダフネ、目下の悩みは末娘のミリーに男運がないこと。どうにかそして彼女に素敵な相手をと考えたあげくネットに個人広告を出して恋人候補を募集した。そして理想の男性を見つけミリーとのデートを成功させるが…そして人生の最終ステージを迎えた自分の恋…
名女優であって、いくつになってもキュートなダイアン・キートン。最近では恋愛適齢期が有名ですかねぇ。この映画の中でも彼女のファッショナブルな衣装が見物ですが、Nagieが思うにそろそろ痛々しいかもしれません。私だけの印象でしょうか?
典型的なアメリカのラブ・コメディ。深いものはちらりともないけど軽く楽しむにはなかなかよいのではないかしら。Nagieの場合ダイアン・キートン好きというだけで世間で酷評されていようとも(実際はそんなことないと思いますよ)全然問題なしです。今月は観たい映画の封切りが目白押しです。忙しいなぁ。平日レイトショーも行かないとって感じですけど、平日に映画って行ったことないなぁ。結構みんな行ってるのかなぁ?

せっかく新宿に出たので伊勢丹へ。メンズ館の8階がフロアーを一新したので覗いてきました。拘りの万年筆、おしゃれなデザインのステーショナリー、オーディオにカメラ…その他諸々。ライカのデジカメ、リーズナブルなものは10万しないで買えるんですねぇ。デザイン重視のNagieちょっと欲しかっなぁ。メンズ館1階のアクセサリーをチェックして久しぶりにお化粧品売場へ。お化粧品の私の目的はマスカラしかないのですが何年ぶりかでアイシャドウにリップグロスを買いました。このランコムのグロス、兎に角美味しそうな香りが鼻を擽ります。お勧めですよ。なんだかガツ買い(大人買いでなく)したなぁ。食料品売場であれこれ冷蔵庫の中身を取り揃え…そしてここ最近のNagieの伊勢丹定番はアンリ・ルルゥのキャラメル、今日も買ってしまいました。美味しいですぅ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-09-17 19:45
<< 【映】サイボーグでも大丈夫 秋の恒例 >>