Artesano de Circulos Concentricos

【映】エディット・ピアフ 愛の賛歌

愛の賛歌、シャンソンの王道的な歌。誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。
そしてこれを作ったのが有名なエディット・ピアフ。今でも絶大な人気を誇っていますよね。私も大好きで彼女のベストアルバムはヘビーローテーションで聴いています。
愛に生きた彼女の生涯をかいつまんで描いた映画で愛という点ではプロボクサー、マルセルとの愛がメイン。飛行機墜落事故で彼は亡くなってしまうのですがその時のシーンは圧巻です。そう、この映画、内容もさることながら主演のマリオン・コティヤールの演技や役作りが大いに助けていると思う。
Nagieとしてはこの後の亡くなる数年前の長年のモルヒネ中毒やアルコール依存症で身体もぼろぼろになりベッドに横たわる彼女に愛を与えついに最後のステージとなるオリンピア劇場に立たせたテオとのことにも触れて欲しかった。
彼はエディットよりも20歳も若く、もう死しかないエディットに無償の愛を与え、彼女が亡くなった後も残った借金を返し、そして自動車事故(だったと思う)という不慮の事故で亡くなるというまたまた数奇な運命を辿る。今二人は同じ場所に並んで埋葬されている。
本当に映画の題材にするにはもってこいの人生です。映画の中で随所に散りばめられたシャンソンの数々に流れる度に手足が自然に動いちゃう。
またMPに入れなきゃ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-09-30 19:39
<< 徒然… ママさんとぉ… >>