Artesano de Circulos Concentricos

【映】幸せのレシピ

キャサリン・セダ・ジョーンズ、美人とは決していえないけど凛とした格好良さがあり、好きな女優さんです。
その彼女が主演を務めた映画、完璧主義のガチガチのシェフ、ケイト…そんな彼女の目の前に現れたのは自由奔放で料理をしながらジョークを飛ばしオペラをかけながら料理をするニック。
折に触れ何故か衝突してしまう・・・そんな時彼女の最愛の姉が自動車事故で亡くなる。そして遺児であるゾーイを引き取ることになるのだがこの二人というかケイト・・・どう接していいかわからずうまくいかない。ベビーシッターもうまくいかず、仕方なくゾーイをレストランに連れて行ったケイト・・・何故だかゾーイはニックに心を開く。
そんなことをきっかけにこの二人の関係はロマンスに発展するわけです。
この映画を観ていて思ったこと・・・これほどではないけど、ケイト・・・Nagieもほんの少し似ている。強がって弱さを見せられない・・・。素直じゃないともいうかな・・・いやっ、それとも違う。
本当は凄く辛かったり、悲しかったり・・・誰かに寄りかかりたいと思っている時でも、私は大丈夫、そんな自分は私じゃないわよって言い聞かせちゃう・・・性(さが)ですかね・・・

ストーリーはかなりベタなハリウッド映画、でも気軽に観るにはとても楽しいラブコメディー。
この映画を観てつくづく思ったのは子供の成長は早いってこと。
この映画でゾーイの役を演じているのはアビゲイル・ブレスリン・・・リトル・ミス・サンシャインでおなじみですかね。助演女優賞の候補にも挙がったほどの才能の持ち主。この時は確かドリームガールズに持っていかれちゃったんですよね。Nagieは密かにこの彼女を応援していたんですけどねぇ。
リトル~の時の彼女とこの映画の彼女、全然違うんです、顔が・・・まぁ、リトル~の時はわざと太らせていたのかもしれません。それなら尚のことこの年齢で徹底した役作りということになりますよね。あっぱれです。
リトル・ミス・サンシャイン・・・お奨め映画です、笑えますよ。

そして今日は月に一度のお料理教室。こちらのお稽古に通いだしてもう3年になるでしょうか・・・
和食って本当に素敵です。
いつもいつも食材のよさにびっくりです。そして和食の奥深さ、季節を本当に大事にする料理なんだと実感する。
名残りの鱧・・・そして紅葉を配した彩りある一品・・・素敵です。
a0070133_23451023.jpga0070133_23453047.jpg











[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-10-06 23:45
<< のんびり休日。。。【映】ブラッ... 季節は秋…いやっ冬に >>