Artesano de Circulos Concentricos

【映】めがね

ふぅーやっと観てきました。今日は銀座に出て映画&お買い物の予定が急遽、渋谷に変更。普段殆ど一人で映画を観に行っているNagie、珍しく友人と。
Nagieの映画の趣味が時に風変わりだったりするので友人と観に行くと面白くなかった時にどうしようも救いがないと思うと一人が気楽になるのですよねぇ・・・そりゃー誰かと観終わった後お話するのも楽しいけど・・・・でもめがねなら大丈夫ですね。

かもめ食堂のスタッフとキャストが再集結して作られた映画、それだけでどんな映画か想像できちゃいますね。キーワードは『たそがれる・・・』
文明の利器から取り残された、携帯電話も使えない陸の孤島が舞台。都会でいつも何かに追われて生きているタエコ(小林聡美)・・・そこで出会う風変わりな仲間たち。この島に似合うのはたそがれること・・・・ただぼーっと。
宿の主人を演じる光石研・・・Nagieはこの名前、どこで切るのか皆目見当もつかなかった。
毎年春になるとやってくる謎の常連客・もたいまさこ、地元の高校教師・市川実日子、そしてタエコを追ってやってくる青年・加瀬亮・・・キャストがほんとよいですよねぇ。
Nagieはこの映画を観ていて感じたことは、これは何事も進み過ぎ、便利と言う言葉がもてはやされている昨今の風潮を風刺しているのじゃないかと思った。アンチテーゼ。
空の色、海の色、岩の色、木の色、そして衣装・・・どこにも華美な、作られたような色がない、だから清水が体に滲みこむように馴染む。そして凄くセンスがいい。北欧っぽい。エンドロールの衣装のところを食い入るように見てしまいました。
そしてかもめ食堂の映画の時も感じましたが食事の・・・料理の撮り方が物凄く綺麗なんですよねぇ。監督さんやスタッフの方々はきっと食べるということ、食材を大切に思うってことをとても大事にしているのでしょうね。
人は時に何物からも遠ざかって自然の中に埋もれながら生きることが必要なんですねぇ。
相変わらず可愛い映画だったなぁ。ほのぼの。。。。

そして軽くランチ、渋谷だと映画館から近いからもっぱらここを利用することが多い。
渋谷東急本店のレストラン街にあるイタリアン、タントタント。こちら味と言うよりも場所柄かいつも長蛇の列なんですよねぇ。今日も満席でした。ほんとびっくり。
a0070133_21685.jpga0070133_2163096.jpg








和牛のたたきサラダ添え・・・昔は超レアのお肉も何のそのだったけど少し苦手でした。
そしてオリーブのトマトソースパスタ。あれこれとお話しながら食べるとあっという間に時間が過ぎる。
やばしやばしと言いつつ、慌てて家に戻ってきた。なんといっても来週は待ちに待った家具が届くのです。今日片づけをしないと間に合わない。
引越しの時かなりの本を捨てましたが更に捨てる必要があるなと迷いに迷って今日もかなりの本を捨てた。淋し。。。。

そういえば今朝、バスを待っている時にぼーっと何気なく道路に目を落としているととても可愛らしい光景に出会った。
降り落ちる雨雫がアスファルトの窪みに当たってポポンポ・プルポ、ポポンポ・プルポって感じで四方八方に跳ね上がる。まるで銀色に輝く小さな虫があっちこっちに飛び跳ねて遊んでいるようでした。思わずかわいーって独り言。ほんの少し小雨になると雨雫に力がなくなるせいか跳ねることなく地面に落ちていくんです。いつもの光景。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-10-08 21:28
<< いつのことやら。。。 のんびり休日。。。【映】ブラッ... >>