Artesano de Circulos Concentricos

michizoさん、ありがとう。

昨日は久しぶりに音ゼミに行ってきました。台風でどうなるかと思ったけどふつーに開かれました。
昨日のテーマはJazz、another world、ヨーロッパやラテン系など、アメリカ以外のミュージシャンの作品や、アメリカ人ミュージシャンがアメリカ以外で残した作品などを聴くという趣旨。

Nagieがおぉぉ、よいよいと気に入ったのは白木秀雄‐山中節、渡辺香津美-ウォーク・ドント・ラン、ボビー・エンリケス‐セニョール・ブルース、ジャンゴ・ラインハルト‐ラ・メール。
凄く感じることは20年30年前の音であるにも拘らずNagieの耳には洗練された音に聞こえる。
まぁ、今の人に私たちが子供の頃に体験したことが新鮮に感じるのと一緒なのでしょうかね。
そして今回はなんとも嬉しいお土産付き・・・Nagieは意地汚くもへへっ、複数いただいちゃいました。小川さん、ありがとーございますぅ。台風の中行ったかいがありましたよ。

a0070133_17132159.jpgところで昨日は音ゼミの前にmichizo宅に寄らせていただきました。ここ数日、物凄く、物凄くお寿司が食べたくなってmichizoさんのお家の隣にあるおすし屋さんに行きたくて。で、michizo宅に上がるとテーブルの上にとても可愛らしいケーキがセッティングされていました。そう、この日はまさしくNagieのお誕生日。彼女のこの心にくい素敵な演出に感激。蝋燭の火をふぅっと消してパクリ。美味しい、彼女はケーキの先生でもあるから美味しいに決まっているのですが。

ちょっとのんびしていざ!!お寿司やさんへ。ここには名物の丁稚がいるのです、名前は『おさむちゃん』、ダウンタウンのまっちゃんが彼に目を付け、大将とのやり取りを漫才のネタにしちゃったというほど・・・お店に入るとなんだかしんみりしている。michizoさんが「おさむちゃんは?」と聞くと大将が「辞めたのよー」って。びっくりした。どうりでしんみりしてると・・・・そこにひょっこりおさむちゃんが登場してきたではないかぁ、騙されたぁ。でもやっぱりおさむちゃんがいるとお店の中が明るくなるね。そしておすしはもちろん絶品でした。
a0070133_17205821.jpga0070133_17211366.jpg








そして最後にイベント情報をひとつ。
a0070133_1723749.jpg

お時間のある方、是非とも足を運んでみてくださいねぇ。






[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-10-28 17:25
<< 【映】この道は母へとつづく 20歳の洗礼… >>