Artesano de Circulos Concentricos

【映】タロットカード殺人事件

ロンドンを舞台にしたサスペンス。とはいってもウッディ・アレンが撮っているのだから恐怖に陥れられるなんてことはない。スカーレット・ヨハンソン演じるNY、ブルックリン出身の女子大生・サンドラとウッディ演じる三流マジシャン・シドニーがコンビを組み俄か探偵になって事件を解決していく。ターゲットになるのはピーターという英国貴族階級の超ハンサム。一目で虜になってしまうのです。でも捜査をせねばならないわけで・・・・ジャーナリスト希望のサンドラは恋心と猜疑心の狭間で揺れ動く。果たしてその恋の・・・・捜査の行方はいかに。

全体的になんといいましょうか、ぴりぴりドキドキ感のないゆっくりしたどこか懐かしい作りでした。スカーレット・ヨハンソンとウッディ・アレンとの会話の応酬もとてもコミカルでウィットに飛んでいる。サスペンス・コメディ?コメディ・サスペンス?
ウッディの前作、マッチ・ポイントでも主演を務めていましたがこの時の魅惑的なそして不敵な美しさを持つ女優と言う役柄とは全く逆のコミカルな彼女の演技は面白い。
しかしこの二人、よほどの相性なのですね。次回作の主演女優も彼女らしいですよ。
まぁ、彼女の魅力をウッディは上手く引き出しているのかもしれない。黄金のコンビかもしれませんね。

この映画で面白いなぁと思ったのはピーターの台詞。端々にイギリスの特権階級というか未だに残る身分・階級の空気が漂う。『そう、僕は特権階級の出でね』や『君のアメリカ訛りのその英語・・・・』なんていう言われたらムッとしそうな台詞がちらほらと。


今日、家に帰ってきたら待ちに待ったジュースが届いていました。
a0070133_21594941.jpga0070133_220143.jpg







フランス産のガス入りのぶどうジュース。よくよくラベルを見ると・・・そうなんです、このぶどうジュース、有名なコニャック・ポール・ジローを作るときに使われる葡萄で作っているのです。
ちょっとびっくりの代物ですね。早速いただいてみました。
ミネラル感のある蜂蜜を彷彿とさせるような干し葡萄の香り・・・なんだか若々しいと言うよりも熟女チックです。
一口、口に含んでみた。んー、フランスってやっぱり肥沃な土地なんですねぇ。とてもコクがあります。美味しい。
今、我が家にはこのぶどうジュースとモンサンミッシェルのシードルと美味しいジュースが一杯です。今週末の公園パーティ、リベンジの会に持参して緑豊かな景色の中で美味しいお料理にワイン、シェリー、ビール・・・そしてこのジュース。楽しみだなぁ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-10-29 22:13
<< 侮れんぞー、栃木 【映】この道は母へとつづく >>