Artesano de Circulos Concentricos

【映】マイティ・ハート ー愛と絆ー

ハリウッドのビッグカップルがタッグを組んで出来上がった映画。
主演アンジェリーナ・ジョリー、プロデューサー、ブラッド・ピット。パキスタンでテロリストの取材をしているダニエル・パールと妻マリアンヌ・パールの真実の物語。

9.11以降アジア各地を回ってテロリストの取材をするダニエル。その日もディナーの約束を交わし、取材に出かけた。時間になっても戻らないダニエルを心配するマリアンヌ。
そしてマリアンヌはPCのメールなどをチェックしてその日会いにいったのは人道主義者のジラニ氏であることを突き止める。・・・・誘拐・・・
ダニエルはアルカイダに通じる靴爆弾男、リチャード・リードの取材を進めていたのでした。
パキスタンのテロ対策組織チームやアメリカ領事館、FBIと様々な人たちが捜査を始める。
事件の様々な真相が暴かれていく。そして捜査から10日後・・・・彼の死を知ることになる。
彼女のお腹の中には5ヶ月になる子供が・・・・
そんな状況の中で最愛の人の死を受け入れなくてはならなかった彼女のことを思うと身を引きちぎられる思いです。

とても印象的だったのは、身ごもった体で、夫がテロリストに惨殺されてもなお、捜索に協力してくれた人々に向かって、「失敗したのではなく、私達はテロには屈しなかった」と言える強靭的な精神。自分の夫を殺したパキスタン人に対して、「多くのパキスタン人も私と同じ苦しみを味わっている」と、テロで犠牲になっているパキスタン人に同情の言葉をかけられる寛大さ。
この瞬間、Nagieの目から不覚にも涙がこぼれた。。。。
個人的な感情に終わるのではなく、ジャーナリストとしての視点でいえるこの強さ、そしてこの真実を本にまとめ上げた彼女にも脱帽です。
本当によい映画でした。

途中、ダニエルが、マリアンヌの大きなお腹に手を当てて「まだ見ぬものも愛せるんだって知らなかった」という台詞にはグッときた。何て素敵な言葉なのか。。。

父親の顔を知らずに生まれてきたこの子は、きっと今二人分の愛を一杯に受けて幸せに育っていることでしょう。

この映画の中での、アンジーの演技は素晴らしく冴えている。特にダニエルの死を告げられた時のシーンは観ている私も鳥肌が立った。女優としての彼女のことはどちらかというと好きでしたが演技がいいなという印象は正直なかった・・・スマヌ・・・・
でもこの映画の中の抑えた、知的な彼女・・・かと思おうと激しく感情を露にする彼女・・・どれも目が離せなかった。


六本木の夜はとても素敵なイルミネーションでしたよ。
a0070133_220166.jpga0070133_2202067.jpga0070133_2203730.jpg


[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-02 22:03
<< 【映】いのちの食べかた 篤く御礼申し上げます >>