Artesano de Circulos Concentricos

祝!!ふんよう菜館

毎年春の恒例になっているダッチオーブン料理を喰らう会、公園パーティーで知り合ったデザイナー&イラストレーターご夫妻、餃子談義に花が咲いた。Nagieが栃木出身と言ったら『昔、幡ヶ谷に凄く美味しい餃子のお店があったのだけど、突然店を閉めて宇都宮に移転したのですよ』と。。。。激戦区宇都宮になんでまたと思いました。その日以来、食べてみたくてしょうがなかった。先月チャレンジしたものの宇都宮の夜は早かった・・・既に閉店。
晴れて本日、お店の中に入ることが出来た。噂通りでした・・・ききき汚い・・・ひぇー。
椅子を引こうとしたけど地面に油で引っ付いて離れなかった・・・凄いですねぇ。お店には数人の男性が既に豪快に食べていた。とりの唐揚げ、豚バラの煮込み、いかの唐揚げ・・・・凄いボリュームでびっくりですがどれも美味しそう。しかも笑っちゃうくらい安い。大体500円~600円くらい。4人で来ないと厳しそうな量ですよ。
Nagieたちはそんな豪快料理を目の端に置きながら、ちんまりと中華サラダ(320円)、餃子(230円)味噌タンメン(420円、ちなみにただのタンメンは400円)味噌タンメンは単純にタンメンに味噌を足して人参が入っているだけです。だから味噌と人参が20円という計算ですね。a0070133_040815.jpga0070133_0403719.jpga0070133_040554.jpg







餃子は噂で聞いていたよりもさっぱりしていました。野菜はどちらかというと粗めの刻みで口の中でしっかり残る形でしたね。もう少し細かい方が野菜の甘みが出るかもと思いつつも粗い分歯ごたえがあって甘みも十分に感じられました。皮もモチモチして美味しい。
そしてタンメン、これまたさっぱりで田舎にあっては塩分少なめでよいよい。かなり大満足。
私たちは6時半にお店に到着しましたが、なんと私たちが食べた2人前の餃子がラストだった。
その後に来たお客さんは、がっかりして帰る方もあり・・・他の物を食べて帰ろうという人ありでした。偶然かカウンターに並んだお客の半分は、東京、埼玉から・・・埼玉から来たお客さんは、ふんよう菜館大ファンの方に連れられてきて、カウンターでこのお店の餃子と宇都宮のトラフィック・トラブルについて熱弁を振るわれ、聞かされていました。ご苦労様です。
次回はなんとか人を集めて4人で来てあのいかの唐揚げととりの唐揚げを食べてみたい。
行きたい方、名乗りを上げてください。但し宇都宮集合です。
しかしこのお店のおばちゃん、やる気あんのかいな?殆どこの姿勢でじーっとTVに向かっています。でも可愛いですが。
a0070133_049593.jpg


蓮田のパーキングエリアにあるファミリーマートでこんな素敵なチロルチョコパンを発見!!
思わず買ってしまいました。えへっ。。。
a0070133_051591.jpga0070133_0521746.jpga0070133_0523464.jpg






[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-23 00:57
<< 【映】やわらかい手 リベンジ・・・ >>