Artesano de Circulos Concentricos

体が潤う。。。

a0070133_15273628.jpg

宇都宮に今年オープンしたばかりの新進のレストラン。こちらのシェフ、軽井沢にあるお野菜の美味しい有名店、エルミタージュ・タムラにて修行をされたシェフが切り盛りする。それ故にお野菜を中心とした軽いタッチのフレンチ。
a0070133_15301237.jpga0070133_15302730.jpga0070133_15304392.jpg






スタートは京都の赤蕪をスープ仕立てに・・・皮の部分の薄ピンク色のソースと葉の部分の緑色のソースがとても綺麗。そしてサーとかけられたサルデーニャ産のオリーブオイルはとてもフレッシュ感漂うお味。蕪の甘さとソースの塩気とそしてオリーブの青い味がとてもマッチしていました。これからの料理がとても楽しいものになると予感させるような素敵なスタートです。
次が大根とカワハギのカルパッチョ仕立てこれまたお野菜の甘さが際立った一品。そしてズワイガニと帆立のムースのミルフィーユ仕立て。
a0070133_1536328.jpga0070133_15383829.jpgフランス産の地鶏を軽く霜降り状態にし、たっぷりの野菜を添えたサラダ。そしてNagieが感激した下仁田ネギのグリル、甘くて滋味深い味は私の体を優しい世界に導いてくれる。お魚は的鯛のポワレ、そしてお肉は仔牛のロティ、生ハムとローズマリーが巻き込まれていました。これまた数種のお野菜が添えられていて大満足。
a0070133_15423125.jpga0070133_1542454.jpgデザートは焼きプリンと洋梨のコンポート。どれもこれもたくさんのお野菜が添えられ、ソースも抑えこまれた軽いタッチのコースの流れになっていてボリュームの割りにはすんなり胃に納まっていく。





まだまだ若いシェフ、どうか宇都宮に埋もれず、アグレッシブにいて欲しい。どうしても地域に馴染んでしまってレベル低下を感じざるおえないお店あるだけに・・・
これからの益々の活躍を期待したいわぁ。音羽さんを越えてください。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-29 15:48
<< 今年も食べたぁ。。。 食べ納め@東京では・・・ >>