Artesano de Circulos Concentricos

【映】夜顔

この映画の意味を知る為には昼顔(1967年)を知らなければいけない。

セブリーヌとピエールの二人は、仲の良い幸せそのものの若夫婦だ。でも彼女には八つの時、野卑な鉛管工に抱きすくめられた異常な感覚が、潜在意識となって妖しい妄想にかられてゆくことがあった。情欲の鬼と化したピエールがセブリーヌを縛りあげ、ムチで責めさいなんだ挙句、犯したり、卑しい男に強姦されるという妄想。セブリーヌの奥底に奇妙な亀裂が生まれていることを、ピエールの友人アンリだけは、見抜いていた。ある時、セブリーヌは友人のルネから、良家の夫人たちが、夫には内証で売春をしているという話を聞き、大きな衝撃を受けたが、心に強くひかれるものがあった。そして、セブリーヌの二重生活がはじまった。女郎屋の女主人アナイスは、セブリーヌに真昼のひととき、つかの間の命を燃やすという意味で「昼顔」という名をつけてくれた。毎日、午後の何時間かを、セブリーヌは行きずりの男に抱かれて過し、夜は今までの通り、やさしく貞淑な妻だった。体と心に奇妙な均衡が生れ、一日、一日が満ち足りていた。しかし、その均衡が破れる日が来た。セブリーヌに、マルセルという、金歯だらけの口をした、粗野で無鉄砲で野獣のような男が、すっかり惚れこんでしまったからだ。マルセルは、夫と別れて自分のものになれと、いまは自分の行為を恐しくなったセブリーヌをしつこくおどしつづけ、セブリーヌが言うことを聞かないと知るや、無暴にも、ピエールをそ撃した。ピエールは命を取りとめたが、体の自由がきかず、廃人同様となってしまった。セブリーヌは生ける屍となったピエールを守って生きてゆこうと決心するのだった。二人は前よりも幸せな生活を送ることになった。そして、セブリーヌの身内にはあの変な、いまわしい妄想が、永遠に遠去かって行くのがわかった。

そして今・・・夜顔へ。
コンサート会場でアンリはかつて親友の妻であったセブリーヌを見かける。そして声をかけようとするがセブリーヌもまた彼に気づき、逃げる。過去を忘れたいセヴリーヌは彼から逃げまとう。やっとのことで彼女をつかまえたアンリは胸に秘めていた、過去の衝撃的な出来事の真実を打ち明けたいという口実で、無理やりディナーの約束をとりつける。 38 年前、セヴリーヌ、夫、アンリの間に何が起こったのか?そしてディナーの席で彼は、アンリ、ピエール、セブリーヌとの間に犇く秘密について語りだすが・・・・そしてセブリーヌがもっとも知りたい秘密が・・・・

とにかく含みを残す映画ですねぇ。また続編が必要かもしれません。その時のタイトルはなんになるのでしょうか。

事前に昼顔の知識は頭に入れていきましたがやっぱり観ないとだめですね。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-01-05 22:40
<< 文学の触覚 【DVD】善き人のためのソナタ >>