Artesano de Circulos Concentricos

【映】歓喜の歌

誰もが忙しく立ち働く12月30日。そんな日に大事件が起きた。だだだダブルブッキング。
「はい、みたま文化会館です。ええ、コンサートご予約の確認ですね。『みたま町コーラスガールズ』さん、明日の夜7時から……大丈夫ですよ、お待ちしてます」
 調子よく応えているのは、文化会館の主任。しかしその直後には、まったく大丈夫じゃなかったことが発覚する!「みたま町コーラスガールズ」と「みたまレディースコーラス」。よく似たグループ名を取り違えたこのダメ主任、コトもあろうに、大晦日の会場をダブルブッキングするという大失態をやらかしてしまったのだ。
片や結成20周年を迎えるお金持ちのセレブな本格派のレディース、「うちの合唱団にとって明日は創立20周年の記念コンサート。今さら変更なんてありえません」と言えば、結成間もない庶民派のガールズも「うちだって明日を楽しみに、家事やパートの都合を何とか合わせながらがんばってきたんです」と、一歩も譲らない。はてさてどうなることやら・・・
小林薫演じるみたま文化会館主任、これがとんでもない舌先三寸のお調子者で、あっちにもいい顔、こっちにもいい顔、のらりくらりしてればどうにかなるやのちょー適当男。
やくざの女に手を出して、左遷されたという・・・そしてそのやくざに脅迫までされちゃって、とほほな人生、奥さん(浅田美代子)も愛想つかして離婚離婚。

さてNagie、大爆笑物語だと思って行ってみたはいいけど、大嘘ですよ。途中から涙涙になっちゃって。もちろん、小林薫のチョー適当な軽~いキャラは笑わせてくれましたが。
この映画、タイトルが歓喜の歌って言うだけあって、音楽に満ち溢れています。
あれは、実際歌っているのでしょうねぇ、由紀さおりやお姉さんの安田しょうこ(字がわからん)という顔ぶれからすると、そうなんでしょうねぇ。凄くよいですよー。
Nagieは常々思う。日本の大切な文化・・・小学唱歌、文部省唱歌、叙情歌・・・詩の世界が、紡ぎ出されている言葉の一つ一つが本当に綺麗です。悲しいことだけどNagieたち世代でこんな詩が書ける人ってそういないんじゃないか。現実・・・
最近は音楽の教科書から消えていっているようですが、こういう歌こそ、後世に伝えるべきですよ。一度は触れるべきなんです。国際人として必要なんです。国際人の条件は、英語が話せることじゃないと思う。自分の国の文化をよく知り、海外に行ってそれを語れるってことだと思う。何で今の教育は子供主体なんでしょうか?だから音楽の教科書にポップスなんかが入ってしまうんですよ。ポップスが悪いとは言いません、それなりに素敵ですよねぇ。でもね、学校で歌う歌じゃないですよ。
あっ、篤く語りすぎちゃいました。

本日の夕飯。先日のNagie企画の新年会でいただいてきたリエットやパテを使ってサンドイッチ。パテにちょっと一工夫。しつこさを少し緩和する為に、ほんのちょっとお醤油を加える。そして胡椒をきつめに。ピクルス、ブーケレタス、胡瓜、クレソンなどなど、あるものなんでも挟む。
美味しいねぇ。同じように見えるけどよーく見ると違いますよ。

a0070133_20454531.jpg
a0070133_204699.jpg










そしていつものベビーリーフのサラダ、お気に入りのbalsamico biancoのドレッシングで。お腹が一杯だぁ。
a0070133_20465938.jpg






[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-12 20:53
<< 創業昭和25年・・・なんだそう。 【映】ミスターロンリー >>