Artesano de Circulos Concentricos

【映】大いなる陰謀

ロバート・レッドフォード監督そして俳優、メリル・ストリープスという名俳優、女優に臨むトム・クルーズ。
大統領への野望を抱く上院議員アーヴィング(トム・クルーズ)は、人気取りのためにジャーナリストであるロス(メリル・ストリープス)に対テロ対策の作戦をリークする。TVで良いように流してもらっちゃおうって魂胆。
そして彼の仕組んだ作戦にのり、命を落とす若き戦士がふたり・・・・
ロスだけに流されたこの話に共感でなく逆に何か黒いものを感じた彼女は真実を暴くことを決意する。
この映画、3つの場面から構成されています。この二人のインタビューシーン、この作戦でアフガニスタンに向かった二人の戦士のシーン、そして政治科学という分野の教授(ロバート・レッドフォード)と政治の表裏に辟易して学問に興味を失った大学生との面接シーン。

政治の裏と表、駆け引き、偽りと真実。どこの国でも垣間見ることが出来る政治の世界。TVの前で綺麗な、正義的な発言をしようともどうも本気になって聞くことはできない世界。

政治家の質ってアメリカも中国もイラクもどこでもそんなに変わらないんじゃないかしら。そして不思議なことに一国民、市井の人々は意外にも心豊かで清かったりする。

この映画、良かったのか悪かったのか・・・終わり方に疑問、Nagieはてっきりここから面白くなってくるぞって思っていたら、『えっ?終わり?クレジットが出てきたよ』って。この後は自分で考えろってことなんでしょうねぇ。
ロバート・レッドフォードはこの映画を通して言いたかった事は、イラク戦争の是非を問うことだったのでしょうか。

しかしなんですなぁ、ロバート・レッドフォード、年取りましたねぇ。なんだかやけに歯ばかりが目立っちゃって・・・ギャップありすぎ(職業病だね、この視点)
そしてあのトム・クルーズでさえ、メリル・ストリープスの存在感や演技の深さには全く歯が立たないってこと、惚れたわねぇ、メリル様。

帰りに彫金教室を見学してきました。来月から新天地。我が家の近くでのんびり、いやっ気合を入れて頑張らねば。それまでちょっと休憩。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-20 18:50
<< 恋焦がれて・・・そしてDavi... 飽きない面々・・・そして本格的... >>