Artesano de Circulos Concentricos

すっごいビールが・・・

あったのですよー。
a0070133_2045547.jpg2000円のビール。ブリュードッグ醸造所のパラドックス・アイラ。友人がオーダーし、一口飲ませてもらった。
このパラドックス・アイラは、インペリアル・スタウトをウイスキーの空き樽で熟成させて造られています。使われる樽は醸造のたびに異なり、今回はアイラ島というところで造られている、アードベッグというアイラモルトの樽で、4ヶ月熟成させています。1,800本醸造され、すべて日本に輸入されているそうです。泡はやや粗めで控えめ、色はブラックです。アイラモルト特有のヨード香と呼ばれる、うがい薬のような香り。
ビールのグラスでではなくモルトを飲むときのグラスで飲んだほうがこのビールにはよいってことでした。
スタウトらしくモルトの甘味が強く、これにスモーク香と苦味・・・げっ、大人の味。何とも不思議な味わいのビールです。Nagieには無理なビールでした。

a0070133_20463229.jpg今回Nagieが飲んだのはこちら。かなり女性向。モルトのくせが苦手という方向きかもしれません。
フローラルな華やかな香り、鼻腔を掠める香りはとても素直ではありますが逆に物足りなさも感じました。もう少しモルトっぽいのでもよかったかな。ピート香が強くないものって言ったらこちらになったので今度から違う表現に変えてみよう。あまり煙くないもの・・・・









a0070133_2059917.jpgこれはなんだったかな・・・・二つの蒸留所のウィスキーを合わせたものだそうで、こういうのをピュアモルトっていうんだそう。味は前述の物よりもパンチがあってこちらの方が飲み応えがあるかもですがアルコールがたっていて目に沁みる。













昨晩のピノサリーチェの後、恵比寿のvinsantoまで3人でお散歩。今vinsantoでは公園パーティー仲間の方の写真が展示されている。その写真を見ながらちびりちびりとウィスキーを飲みながら語らう時間は幸せな時間でした。

ここ最近ではヘルムズデールで飲んだカリラの25年(だったかな)樽熟がどうのって説明してくださったような・・・これが美味しかったな。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-06-15 21:20
<< こんなに狭い世界だったのかぁ。。。 また私の胃が・・・・ >>