Artesano de Circulos Concentricos

【映】闇の子供たち

社会派の中々重いテーマの映画でした。舞台はタイ、幼児性愛者の為の玩具として、臓器移植の提供の目的で現実に裏社会に横行している人身売買。
Nagieも大分前にこの手のルポを読んだことがありましたな。
原作は梁石日。この方は中々気骨ある作品が多いですよね、血と骨もそうでしたよね?
映画もよかったと記憶しています。
新聞記者の南部(江口洋介)はタイに駐在し、まるで現実から逃げているかのごとくにのんびりした暮らしを送っていた。
そんな彼に日本から臓器移植の為に生きた子供が売買されているという情報が入り、調べ始める。
そんな折り、日本から一人の女性、音羽(宮崎あおい)がNGOのボランティアスタッフとしてやってくる。
彼女の純粋過ぎるストレートな感情に苛立ちながらも子供たちを救いたいと思う気持ちにかわりわない南部もまた仕事と割りきるどこか冷めた自分に、また真相が掴みきれない自分に苛立つ。
そしてフリーカメラマン(妻夫木聡)の協力を得て臓器提供者の子供がブローカーの手に繋がれて病院に入って行く衝撃的な写真をゲットする。
事件は闇組織の一斉摘発という形で終焉。

しかし難しい映画でした、内容がということでなく。
子役たちは事前に役について聞かされ、カウンセリングというフォローもあったそうです。でしょうね、じゃなきゃ凌辱されるシーンはやはり傷付くよなぁ。
最後のシーンは監督が差し入れたメッセージなのかそれとも原作に忠実に描いたものなのか…かなりインパクトがあります。原作を読んでみたくなりました。

どうでしょうかねぇ、江口洋介さん、今までのイメージから一つステップアップしたんじゃないかしら…脱トレンディ、これから味のある素敵な渋い俳優さんになられるんじやないかと感じました。

そして前ブログにも書きましたが、エンディングテーマ曲が桑田佳祐の現代東京奇譚。映画とこの曲があっているのか分かりませんがNagieにはとてもよいです。曲風も好きだし、なんといってもネコ氏ですからね。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-08-04 12:21
<< 甘いものだらけの日々 たった1枚の為が・・・・ >>