Artesano de Circulos Concentricos

【映】いま ここにある風景

いまだ会社勤めの方の中にはお休みの方もい、また休み明けで忙しいせいか、Nagieはのんびりモード。ボスの目を盗みながらこれを書く、でへっ。

この映画、ゴア氏の不都合な真実や今もロングラン上映されているいのちの食べ方に次ぐ衝撃作品。
舞台はマクロ経済の渦の中で急激に躍進をし続けている中国。
巨大な工場を端から移動しながら取り続ける映像はかなり印象的です。怖い。
何も話すことなくもくもくとベルトコンベアーで運ばれてきた部品をひたすら組み立てるだけ。どこまで続くんだというくらい大きい。ぞっとする。
画一的に人間も、まるで機械の一部かのごとく動く、感情のかけらもない。各グループ分けされ如何に生産性をあげるかを分析し言い渡される。

今経済大国になっている国でも通って来た道だとは理解していても、あのごみの山を見てしまうとなんともいえない。
日本もその昔そうだったように今後中国は環境がとても問題になってくるのでしょうね。既にですかね。
他国とは比較にならないほどのスピードで躍進し続ける上に人口もかなり、13億だった?いるわけですからねぇ、そのしわ寄せは・・・・

北京オリンピックでも中国の経済成長振りを見せ付けていましたがいろいろな民族の問題も抱えているし、開会式なんて国策としての祭典としか感じ得なかったのはNagieだけでしたか?
やはり社会主義国家というイメージが拭い切れない。

中国はこれから国としての精神性を高めていかないといけないかも知れませんよねぇ。その昔中国文学はとても素晴らしかったじゃないですか。。。それを再び。
と切に思うNagieでした。



このお休みも珍しく帰省したり、ライブに行ったり、お稽古に行ったりの合間を縫ってよくぞというほど映画三昧。ここに書いてないのも実はあって・・・映画ってほんと素晴らしい。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-08-18 12:20
<< いやいやはやはや。。。。 告知 >>