Artesano de Circulos Concentricos

やややややっ

やられたですよ。。。。マリ姐さんに。
a0070133_0194935.jpg

本日、世田谷パブリックシアターにて夏木マリ、印象派NEO わたしたちの赤ずきん。

現在56歳の彼女。嘘みたい。あの筋力を維持するために、あの開かれた感性を維持するために、あの美貌を維持するために・・・・果たして彼女はどれだけの努力を惜しまずしているのでしょうか?
筋力もさることながら、あの発声。。。ブルース、魂のさけび風だったり、クラシック風だったり、確実に声楽の基本(?)ベルカント唱法を学んでいると思ったな、じゃなきゃあれは出来ん。

舞台の始まる前に館内放送で注意事項が流れる。それもマリさまご本人がなさっていました。まずは劇場に入るとまっかっか。。。。。始まると同時に舞台が白一色に。
そして黒いボンテージにレースの衣装を纏い真っ赤なヒールでマリさまが登場。はぁぁぁぁぁ、美しい。

舞台のつくりはかなりコンテンポラリーなので好みがはっきり分かれるところでしょうね。意味が理解できないと嘆くい方も多々おりましょう。

Nagieが思うにコンテンポラリーはストーリーや意味を理解しようとするよりもその瞬間の動きや音など舞台から作り出され湧き出たものを、心や体で単純に感じるということが大切なんじゃないだろうか?
変に意味づけをしてしまうとせっかく素直に感じた感性がゆがんでしまいそうな気がする。

素晴らしい舞台に酔いしれながら向かうは。。。。三茶といえばここしかないでしょ。
a0070133_0192318.jpg


おいけんさんとこぉ。今年初のじゃじゃ麺詣で。いやぁ、うまかったっす。
おいけんさんてさぁ、毒舌でいつも弄られて遊ばれちゃうんだけど癒し系なんですよねぇ。今日もなんだかほっとのんびりしちゃった。

じゃじゃ麺は麺とトッピングをがっつり混ぜて酢とラー油で好みの味にしてジュルジュル食べる。そして後少しで終わりーって頃に卵をひとつ割りほぐしておいけんさんにどんぶりごと渡すと肉味噌とゆで汁を足してくれる
。そこにまたまた自分好みに調味してぐいぐいジュルジュル飲んじゃうーこれがチィタンタン。
a0070133_025871.jpg


さらっと食べて手相の話したり、指輪の話したり世間話をしてではではまた来るねと言ってお店を出る。
そして三茶といえば次はここ。

Bar Golem。。。。とにかく音楽が最高。ターンテーブル2台を駆使して素敵なJAZZのナンバーを堪能させてくれる。もちろんお酒も美味しい。
スタートはラム。オールドモンクから。今お店に流れているレコードのジャケットが飾られるのですがなんとNagieが買うぞリストに入れているCDのレコード版でしたよ。凄い偶然、大興奮して聞いちゃいました。
そしてウィスキーを2杯。
a0070133_0284235.jpga0070133_0285557.jpg
















お店を出てくる前にかかっていたのもなんとNagien大好きなリンダ・ロンシュタットだったよー。なんというアルバムか聞いて頭の中にインプット。これも買わなきゃ。ほんとこのバーは素敵だ。


三茶といえば・・・・おいけん→Golemだねぇ。

そうそう、おいけんさより。。。。
今月号のダンチューにじゃじゃおいけんさんが載っているんですってよー。よろぴこ。038.gif





[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-05 00:34
<< 【映】フロスト×ニクソン こんな行動の時って・・・・ >>