Artesano de Circulos Concentricos

【映】愛を読むひと

15歳の少年と21歳年上の女性のひと夏の燃えるような恋…


学校帰りに気分が悪くなり倒れ込む少年・マイケルに手を差しのべたハンナ。

これをきっかけに彼女の部屋に通うようになり、彼女の為に朗読をすることが日課となる。

15歳の少年にとったらその時間は極上の一時、同級生との子供らしい(年相応)時間がつまらなく感じ、ちょっと背伸びした、一つ大人になったような…そんな気分よねぇ。

そして夏の終わり、ハンナは忽然と姿を消してしまう。

再会の場は意外な場所、法廷。
法学部学生となったマイケル、ゼミの実習で。

そう、ハンナは戦時中に起こった出来事で罪を問われていた。

そして、あのひと夏の出来事が走馬灯のように蘇ってきた。その中には裁判に関わる重大な事実も…

はぁ、全編切ない。

マイケルは判決を左右するその事実を、自分しか知らない…自分が告白するか悩むけど、罪を被ってでもその事実を隠した彼女のプライド、尊厳を守ることに。
凄い辛い決断ですよね。
私ならどうする。。。やっぱり説得しに行ってしまうかも。だってそれで罪が軽くなるんだよ。そしてまた愛が再燃するかもでしょー。


時を経て…

そして獄中の彼女に朗読を吹き込んだテープを送り続ける。

結末は・・・・果たして。

ハーレクインロマンスの世界だぁ(読んだことないけど)
観たことないけどマディソン郡の橋もこんななんだろうねぇ。

生涯忘れられない甘酸っぱい、切ない恋と別れ…こんな気障なものじゃなくても誰しもある思い出かしら。
特に男性はこんな想いが強いっていいますよね。
この映画でケイト・ウィンスレットはアカデミー主演女優賞を獲得しました。
確かにです。
失礼ながら、(Nagieの中だけと理をつけて)あの衝撃的な駄作・タイタニックのイメージを拭うことが出来たかも。
でもストーリー的にはこれもそこに陥りやすいけどね。


ホッとするのはね、彼女の胸がね、意外な程に○○していることかな。
外国女性はこんなもんかな。



マイケル・ジャクソンが死んだという報道・・・凄いです。私は正直それほど興味がない。あるとするならばあれだわが身を弄繰り回せば本来人間の持つホメオスタシスは崩れるに決まっているよねぇってことで早世も納得。

とはいえ、汗の嫌いなNagie、半減させる注射を脇の下にしようかと思案中。
夏の間くらいは持続するらしい。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-06-26 09:20
<< 【映】Dear doctor あたらしい仲間が。。。。 >>