Artesano de Circulos Concentricos

都会の喧騒をよそに。。。

桜新町から歩くこと約15分、住宅街にひっそり佇む弦巻茶屋。モロッコの家具をしつらい、スペインやモロッコの料理を出す一軒家レストラン。

言われなければわからないほど、思わず通り過ぎてしまいそうなほど目立たない。

仕事を早めに終わらせて、用事を済ませて、お庭を眺めたいということで夕暮れ時から。
残念ながら曇り空。でも暮れ進んでいく景色の中でお庭を眺めながらいただくこの時間、インテリアと相まってとてもノスタルジックな気分。
a0070133_1039118.gif


a0070133_821912.jpg


至る所にモロッコ製のランプがぶら下がり切り込まれた模様によって幻想的な光と影。素敵です。
a0070133_82337.jpg
a0070133_824972.jpg
a0070133_8339.jpg


前菜の盛り合わせ。イベリコ豚のチョリソー。ヤギのチーズ、3種類のお魚のからすみ。(個性がこんなに違うとはと驚いた)
a0070133_832314.jpg


そしてモロッコと言えばタジン。これ欲しいんですよねぇ。料理もしないくせに。鶏、豚、羊をトマトをたっぷり使ったソースでじっくり煮込む。シナモンがきいた味が食欲をそそるし、お肉のしつこさを消して思いの他量が食べられちゃう。
a0070133_835334.jpg


仕上げにモロッコ製(式?)ミントティーで〆る。仄かに甘いのはお砂糖なのかな?
a0070133_84477.jpg


こちらのお店、大きさといい、お庭といい、パーティにぴったり。立食でお庭も使うと80人だそう。
それは大いにしても50人くらいでNagie企画で使いたいなぁ。50人かぁ、もう一人二人、人を集められる人に協力要請だな。さて誰にしよう。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-09-10 08:04
<< 【映】幸せはシャンソニア劇場から 京都にて素敵な出会い >>