Artesano de Circulos Concentricos

理想と現実

今日は、元同僚のdais_ukさんのなかよし、tu-jeeくんと恵比寿の京鼎樓へお食事。
美味しそうなお料理の数々でしたがカウンターで写真が撮りにくかったので写真は断念。
小龍包も勿論有名ですがNagieはこちらの練乳のかき氷にマンゴーソースをたっぷりかけたデザートが大好きです。

まぁ、tu-jeeくんとは初めてのお食事ですからねさすがに悪くてねぇ。慣れている人ならほいほい撮るんですけど。

先日のNagie企画でひょんな会話から彼が家具作りが趣味だということをお聞きし、是非ともNagieが欲しいと思っているテーブルを作ってほしいと依頼いたしました。

デザイン画を拝見させていただき、具体的な詰めということでここは会ってお話をってことになりました。

悲しいことにNagieのデザインしたテーブルは現実30kgくらいの重さになってしまって、都度出してきて使いたいNagieには無理な重さ。

デザインは最高によいんだけどなぁ(褒めていただいたよ、うっきぃぃぃ)

それでも諦めきれないし、そこがNagieのいいところで執着することはないので臨機応変にデザインを変更。基本の形は変えずして・・・・

新たに考えたのも面白そうだ。そのテーブルを使ってみんなが楽しそうにNagie手作りの料理を抓まんでお酒を飲む。んー、幸せだよー。

そしてそのテーブルは、Nagieを知る人が作る。こんなキャラクタライズされたテーブルがあるだろうか?

しかし人間て面白いとつくづく思いました。
Nagieは勿論,tu-jeeくんとは企画に足を運んでくださってほんの僅かお話するだけしかなかったわけで、こんなに長く(?)のんびり(?)お話したことはなかった。
Nagieが思っていた部分そのままの彼もいるし全く違う意外な一面もあるし・・・それはだれしも同じでしょうが。
実に人間て面白い。

食の好みが甚だ激しいのですが、一日にして大体把握できたと自負いたしております。
さすがにこれだけ料理を習っていると、料理や食材をなんとなく系統だてて分類でき、これは苦手な分野のものだろうと予想が立つ。
こんな自分の料理教室歴を心密かに自分で褒める。

出来上がりが楽しみです。


で・・・・・


いつできるのか?


先日久しぶりにカルトナージュ単発レッスンへ。これはお稽古仲間の方に教えていただきました。
中2段boxを仕上げてまいりました。フランス製の大きな花柄のシャンパンゴールドに淡いグリーン、中はチョコレート色にフクシア・ピンクで仕上げています。
Nagieはこのフクシア・ピンクと焦げ茶の組み合わせが大好きなんですよ。
今度のタイシルクオーダー会で、この色の組み合わせのニットをオーダーしようかと思う。
a0070133_114513.jpg

a0070133_12325.jpg





[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-09-27 01:08
<< ストレス溜まってんのかな・・・・? 身なりを調える… >>