Artesano de Circulos Concentricos

ランチタイム

昨日は祝日だけどNagieはお仕事でございます。

このブログでも散々書いていますが毎日の楽しみ̈́“ランチタイム”のみと言っても過言ではない。
クリニック内でもずぅずぅしいから殆どストレスがないのですが、やはり空いた時間は暇を持て余す感じになってしまいます。

唯一の気分転換はお昼の時間。さっとご飯を食べては近隣の会社がどんな感じなのかとか、このエリアはどんなお店や会社があるのかとかリサーチしては美味しそうなスポットを見つける努力を惜しまない。

休日はやはりお休みが多いのですね。後は休日用のランチメニューでふだんより高めの値段設定。これは丸の内も一緒ですね。
お盆休み時期になるとお出かけ用の方々を見込んで高めになるお店がありましたね。

で、ちょっと気になっていたタイ料理屋さん・ピッチーファーへ。土日祝日はバイキング形式。

a0070133_21341584.jpg

長いテーブルにはタイカレーをはじめたくさんのお料理が並んでいます。勿論とり放題です。夜ならね、もう少し食べるんだけど昼はね、極力控えているから少なめに。

a0070133_2135533.jpg


タイラーメンコーナーもある。よくテレビで、屋台でおばちゃんが麺をお湯で温めほぐし椀にいれ、ティースプーンみたいのであれこれ調味料を入れて手渡す光景見かけますよね。
あれを自分でやるんです。お願いすればお店のスタッフがしてくれるみたい。
a0070133_2151129.jpg

若いお兄さんは自分で頑張っていました。スープは塩系とトムヤム系がありました。
Nagieは食べたかったけど止めときました。

そして食べる前にちらっと頭を過った、アレルギー体質。。。。トウガラシに過剰に反応しちゃうことがあるんです。
それもあって全体的に控えめにして刺激の少ないものにしてみたのですが、案の定夕方には体に異変が。
痒い痒い。

友人とご飯を食べるのにこれではと思い、お店に着くなりお薬を飲んだ。

あー昔は全然気にせず食べられたのになぁ。

いつから唐辛子もダメになってしまったのか?

思い出しても腹立たしい。あれは5年くらい前のベトナム料理屋さん。辛い麺をいつものように頼んで食べ始めたら何の前触れもなく突然、くしゃみと鼻水で凄いことになった。
ティッシュを持っていなかったNagieはテーブルに置いてあった紙ナプキンで洟を延々かんでいた。
嘘でなく、十分な量あった紙ナプキンをほとんど使ってしまった。

次の時行ったら紙ナプキンが仕舞われていたのはただの偶然だったのか?

この事件以来です。反応するようになってしまった。ほんの少しの反応ですむ時がほとんどだから気にしないようにしていますが時々過剰になります。そんな時は諦めるしかありません。落ち着くまで静かに静かに。

本当にこれはきつかった。当時同僚のAKKOさんも最初笑っていましたが途中からかなり心配になったらしくて慌てていました。
そりゃそうです、顔を真っ赤にしてくしゃみと鼻水を延々発し続けていたのですから。

そして去年・・・本郷にある栄児(ロンアール)でのお食事では救急車を呼んでもらおうかと思ったほどのあり様だった。喉が閉まってしまい呼吸が一瞬できなくなってしまった。
怖かったよー。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-10-13 21:51
<< ヘビロテ。。。。 気がつけば・・・・ >>