Artesano de Circulos Concentricos

【映】クヒオ大佐

ジョナサン・エリザベス・クヒオ

イギリス王室エリザベス女王のいとこのだんなの…全く素性がわからない。
実在の詐欺師。生粋の日本人。

この詐欺師を演じるのが堺雅人。好きですねぇ。顔は取り立てて好きじゃない。特にあの歯並びは治療がしにくそうで苦手…

彼のもの静かそうなキャラが好き。いつも平らそうな性格に飄々と我が道を自分のペースで進んでいる様が好き。
相当の読書家であることも好き。

Nagieの男性の好みは凄く分かりやすいらしい。
友人にあの人好みでしょ?って聞かれた人をみれば正しくその通りなのです。

アートのセンスがあり物静かだけど会話はきっちりする人。
ペラペラとテンション高く話す人は疲れる。
それ以上にきついのは大人しくてあまり話さない人。これは会話が一方通行で疲れ過ぎ。

なんといっても痩せてる。これはいつの時代も不動、友人の間では昔から有名。がりおなくらいがいい。
んー堺正人よいわぁ。知的ですもの。


このクヒオ大佐、どことなく笑えるんです。憎めない…既にNagieは詐欺に引っかかってしまったかしら?

全編笑いが絶えない面白く気軽に観られる映画。

散々寝返りを繰返しながらお金の算段に苦悩してベッドから落ちる。
と同時に綺麗な腕立て伏せの姿勢になり始めるシーンは面白いと思いながらも結構タイミングとか難しいし背筋力と腕力&筋力がしっかりしてないとできないんじゃないか…

騙している女性に電話をし、弟とは気づかずに話し、流暢な英語で答えが帰ってきた時の慌てようがもう可笑しくてずーっとクスクス笑っていました。


しかしNagieが一番面白かったのは劇場にいた一人のおばさんです。
すっごいテンションで爆笑なの。
えっ〜ここそんなに可笑しいか?ってところでも。
幸せそうだなぁ。

忙しかった一日の終わりをこんな映画で〆るのもよいですな。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-10-22 10:41
<< 時の過ぎるのははやっ。。。。 はっきり言って。。。。 >>