Artesano de Circulos Concentricos

ブーニンがやってきた

栃木県の壬生町という小さな小さな町に世界的ピアニストであるブーニンがやってきました。
まぁ、今さら感も無きにしも非ずですが、東京のホールでなく、壬生町の公民館ホールにですよ。。。そこが凄い。
どうやらやり手のプロモーター(っていうのかな)がいるようです。親戚夫妻と仲良しってことでご紹介いただきましたがこのなまりでどうやって円滑に話すのかって感じで可愛かったですよ。あははは。

演奏はまぁ、ホールの音響とかブーニンのやる気(はあるでしょうけど、聴く側がクラシックファンで真剣勝負だと気合の入りが違いますよね)など諸々・・・もう少しってところでした。
何といってもイタリアのメーカーのピアノの音色がなんだか変わっていました。
そのホールにはスタンウェイがあるにも関わらずこのピアノでといって持ち込んできたらしいのですがたぶんスポンサーなんでしょうね。高音が特に不思議でチェンバロみたいなの。
まぁ、ピアノも弦があるけどさ。

ショパン、シューマン・・・・

久しぶりにクラシックを味わいましたがブーニンが使用したピアノがね。。。。特に高音が不思議なんですよ・・・一つ一つの音の重なりも少し気になりました。
ピアノにも若さってあるのでしょうか?ギターやヴァイオリンなんかはありますよねぇ。

まぁ、ブーニンもこんな田舎に連れてこられてクラシックのクの字も分からないようなNagieに聞かせるんじゃそりゃ、やる気ってものもサントリーホールとじゃぁ違うでしょうなぁ。

とにかく5000円でブーニンですから。

Nagieはやはりオケ好きですかなぁ。ロリン・マゼール・・・もうお歳だから日本には来ないかなぁ。
サントリーホールとかオペラシティに行きたくなってきちゃったな。
久しく聴きに行ってないもんなぁ。チケット取れないしね。

帰りには町内の中華・ヤマトへ。壬生は医大がありお医者様の在住が多いせいでしょうか?以外に美味しいものがあるんですよねぇ。

こちらも田舎にしちゃぁ、薄味で美味しかった。

麻婆豆腐はもう少しパンチが欲しい所でしたがあまり刺激があるとまたアレルギー発作が怖いからこのくらいでよしとした方が無難です。
とはいえこの日はお抱えドクターと一緒だから。

早速いろんなお薬頼んじゃった。身内に医者は最高ですねぇ。




a0070133_8213871.jpg


a0070133_8215471.jpg


a0070133_8221174.jpg


a0070133_8222936.jpg




[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-16 08:22
<< おけいこ@京都 タイシルクオーダー会 >>