Artesano de Circulos Concentricos

弾む会話に。。。至福の一時

お食事友になりつつある丸の内の患者さんF氏とお食事。
人生の先輩でもあり、起業して今ではたくさんの従業員を抱える会社のTOPでもある彼はわたしの良きアドバイザーかも知れません。
兎に角話が尽きない、時間が足りないほどに吸収したいことがたくさん。

久しぶりにお会いし、とはいえ2か月ぶりか。。。。
これまた丸の内の患者さんに連れてきていただいてすっかりお気に入りになった新宿3丁目にあるブリッコラへ。
まだ数度しか伺っていないのに持前のずぅずぅしさでもう常連のようです。まぁこのお店も不思議な御縁でNagieの食べ仲間が色々繋がっているという。

混んでましたねぇ。この不景気に驚きですが真っ当な料理を真っ当な値段とサービスで提供するからこそ、起業努力がそこにあるからこその混雑でしょう。

いつもの通りメニューを見ることもなくお腹の具合と好みだけを伝えてお任せ状態。
まずはお野菜たっぷりのサラダ、鯖の燻製が入ってきました。鯖嫌いNagieですがこうすれば抵抗なく食べられるんだということを知りました。燻製にすると青魚独特の臭みと脂っぽさが抜けるみたい。Nagieにとって魚に酢の味は天敵のようでしたが問題なく美味しくいただけました。
a0070133_23115258.jpg


そしてこちらのお店のスペシャリテであるトローテ イン ブルー アルトアディジェ地方の伝統ヤマメ料理
白ワインとバターのソースが素敵です。ちょっとロシア料理っぽい。
これも最初見た時魚の皮の模様が全般グロテスクで苦手なNagieにとってはぎょぎょっっとしましたが食べてみるととても美味しいのでそこは頑張って見ぬふり(まぁ見えてしまうんだけど)です。3回も食べるとちょっと慣れてきました。
a0070133_2318027.jpg


そして野菜が食べたいという私たちの希望にそって川田農園(だったと思う)の野菜たちをグリルしただけ。美味しです。F氏も野菜が美味いとご満悦でした。よかった、ほっ。
美味しいところがあるよーとお誘いした手前ガッカリだけはさせたくないものね。
a0070133_23215576.jpg


ラスト〆のパスタはイノシシと牛蒡のパスタ。これは絶品のうまさで二人してにこにこ。
a0070133_23225593.jpg


今回も本当に楽しかった。映画の話、本の話、そして仕事の話(当院HPについてプロの目からアドバイス)。
凄くNagieの心の琴線に触れたのは九鬼周三という方の粋というものの考え方の話には引き込まれた。

Nagieはふとこの人は一体大学は何学部だったのかと思い、伺ってみた。
会社のテイストからすると理系って思いがちなのですが話せば話すほどに文学の薫りを感じてしまう。

彼の一言で今だNagieの胸に残っているのは『人生は放物線のように生きるのが楽しい、そしてその放物線は奇麗じゃなきゃだめなんだなぁ』と言ったこの言葉は、なんて美しいのだと感動しましたよ。
本人は忘れていることでしょうね(笑)

楽しい時間はあーっという間に過ぎてしまうんですね。

帰りにはこの愉しかった時間の余韻を楽しみたくて渋谷で途中下車。またまた一人のんびりsnootyfoxへ。
シェリートニック。
a0070133_23365075.jpg


そしてモルト。ボウモア
a0070133_2337213.jpg


美味しかったなぁ。そして相変わらず夜中に家までとぼとぼお散歩しながら帰ってきました。
代官山を抜ける時、閉まってしまったお店のウィンドウをじろーっと眺めるのが楽しいんですよ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-21 23:39
<< なにこれぇー。 並木橋なかむら >>