Artesano de Circulos Concentricos

【映】マイコォーr、MJ

『THIS IS IT』先週末から第2弾追加上映。
前回逃したNagieは何が何でも行くぞと朝9時の回へはえぇぇぇぇ。
昨日の今日だから眠いのなんの。
今日は東京のお料理仲間のおばちゃまにお誘いいただき京都の老舗料理店の方のプロ向けの講習会に行って参りました。だから朝9時。眠かった。

しかし素晴らしいねぇ。Nagieは正直それほどMJは好きではない。でもね、この映画を観る限り、彼の完全主義的な純粋さや謙虚さ、そしてその場その場で作り上げていき一つのものをすぐにさらに高めた作品にしてしまう才能は本当に、あのスキャンダラスなマスコミの報道とは程遠い。

勿論コンサートのリハーサル風景を中心に放映されているのですが映画としてのストーリー性も素晴らしいし映像も楽しめるものに仕上がっていた。

途中出てくるギタリストの女の子は今話題になっていますよね。凄いテクニックでしたよ。ギター好きのNagieはため息つきながらその惚れ惚れする指使いを眺めておりましたよ。

本当に凄いと思ったのは、このコンサートに関わる様々な人たちが皆、一様に彼と仕事をすることは人生の頂点だと思っているし兎に角輝いている。インタビューでも思わず声を詰まらせ涙ぐむ人まで。

どうなんだろうか。。。この経験がさらなるステップアップの起爆剤となる人もいるだろうし逆に燃え尽き症候群的なものにはまり込んでいく人もいるんじゃないのかしらと不安な気持ちが心を過る。

この不景気な時代、一つのものを作り上げていく愚直なまでに追及する真の姿、見習うべきことはたくさん。

これほどまでに建設的で夢や希望に満ち溢れた映画があるでしょうか?

今若者は何にも興味を示さず、不景気の影響で将来の年金のことを口にしたり終身雇用に憧れたり。。。
そんな若者に是非見てもらいたい。
夢を持つことの素晴らしさ、そしてそれに向かって頑張る姿。。。なんて素敵なことなんでしょうか。
どうか影響を受けてほしい。

しかし日本人は静かだよねぇ。
どうだろうか。。。ここはひとつ、スタンディングシネマなるイベントにしちゃえば椅子は全部開かないように留めてしまってみんな立って観るの。会場の中のいくつかの場所に盛り上げ係を数人配備してあたかもコンサート会場にいるようにみんなで盛り上がる。

そんな雰囲気がMJに対する追悼になりはしないか。

いつまで上映なんだろう。また観に行くとしよう。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-12-24 00:15
<< ほんとに。。。 今年最後の。。。 >>