Artesano de Circulos Concentricos

あったまりますなぁ

昨日の京都はとても春らしい陽気でしたが本来厳寒の候。。。。

そんな季節にはやはりこちらですねぇ。この時期一度はいただきたいです。
a0070133_1635023.jpg


吉野餡がここまでたっぷりかかったかぶら蒸しはみたことないかも。中にはこの季節ならではのぐじ(甘鯛)が入っています。
これをおみおつけをかき混ぜるように蕪もぐじも崩してかき混ぜて口に運ぶ。もう身も心も癒される。


お料理って美味しいって思わせるだけじゃないんですよねぇ。

人の心を癒したり、ある瞬間瞑想させたり。。。

目を閉じてその瞬間を味わったり、一口含んだ瞬間思わずため息をもらし目を閉じることってありますよね?
Nagieはね、これも一種の瞑想だと思っているんです。その瞬間色んなものから心が解放されているんです。料理ってそんな働きもあったりしちゃうと思うんです。
本当に大好きです。

a0070133_16411374.jpg

蓮根煎餅・・・今風にいえば蓮根チップスかな。芳ばしくて美味しい。よく慈姑でもありますね。簡単だけど修行のような料理でした。じっくり構えて。。。。殿様向きのお料理かも(笑)
もう一つは白焼あられを細かく砕いたものを衣にした牡蠣。牡蠣が大好きなのにアレルギーで食べられなくなったNagieには酷なメニューです。もちろんこれはままさんの胃袋に収まります。ぐすん。

お教室が終わると錦で食材を色々買いそろえ、時間があると必ず向かう喫茶店、フランソワ。。。。それはそれはレトロですから。秋葉原なんて目じゃないほどのメイド喫茶です。
可愛らしいお嬢様方はお姫様カットですから。それにブルーのワンピースにスカラカットの真っ白なエプロンです。
昔、胸元にシャーリングをきかせたスカラカットのワンピースって定番でしたよね。これにレースのフリルのついた刺繍の三つ折りソックスにエナメルのパッチン靴。これに籐で編んだ籠バックですよ。
これが嫌で嫌でたまりませんでしたよ。田舎だから目立ったのなんのって。
先日実家の患者さんで小さい頃から私を知っていた(らしい)おばちゃまが仰っておりましたよ。
こんな田舎にこんな恰好をしている子供がいるのかとびっくりしたと。

そしてこんな喫茶店ではやはりこれです。
a0070133_16515293.jpg

この写真だとわかりにくいのですが切り口がね、まっすぐなんです。乱れなくまっすぐ。。。なんだか怖いくらい鋭利なんです。懐かしの味ですよ。

a0070133_1653431.jpg

アイスカフェオレには生クリームとエヴァミルクを泡立てたクリームがのっています。ぎょーーーDEBUだ。

本日、ここのところなんだかやばしと思って体重を測ってみたらNagieの中での境界線である〇〇Kgを超えていました。
1kgオーバーまだなんとかなる。。。今日からプチダイエットです。

これが2kgになると俄然きつくなりますよねぇ。Nagieはできるだけ1~1.5kgオーバーの内に2~3日で戻すように心掛けています。
痩せることは難しいけど維持することはどうにかできます。痩せるのは本当にかなり努力しないと難しい。
維持はほんのちょっと食事を抜けばすぐですからね。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-01-28 16:58
<< 手仕事の楽しさ 考えさせられるなぁ >>