Artesano de Circulos Concentricos

【映】オーシャンズ

ザッツ!素晴らしい〜!以外に何かあるかしら?

アンチデジタルな私ですがこの映像をみたらそんな言葉が陳腐に聞こえる。

軍事用に使う高性能システムのカメラ&設備で超スピードで泳ぐ魚たちをブレなく撮影した映像はその一つ一つを静止画像にし切り抜いても素晴らしいアート作品になる。
出来るだけ魚さんたちを自然に近い形で撮影するために海の外から当てたという照明も魚たち、海の中の美しさを表現するのに素晴らしい効果を発揮していました。
ほんとっ、生き物に寄り添うように撮影されているんです。

ここ数年環境問題をテーマにした映画が沢山上映されていますが正直Nagieは鼻白むものがありました。

こんなことを言ったら、あんたっ!何言ってるのさってお思いでしょうが環境問題の原点はもっと小さな所にあるんじゃないの?Co2がどうの水がどうのというデータじゃなくてもっと身近な精神性の問題。

一人一人が分わきまえた生き方をしたなら…と思う。
身の程を知り必要な物を必要な分だけ。

この映画を観ていると更に思います。魚たちは必要な分しか食べない。

最近なんだか矢鱈にこの思考だなぁ。

凄い面白いなと思ったのは大きな魚が口を大きく開けているその中に小さい魚が入ってパクパク…そう寄生虫を餌にしてるんです。
凄くないですか!?だって食べちゃうことないんですよ。普段小さな魚を餌にしているのに…
共存共栄ですなぁ。

それにしても素敵な映画だ。
どアップに写しだされるイグアナや海亀、アザラシなどの表情がとても豊かでそれぞれが女優であり俳優でありました。
そして何かセリフを話しているようなんです。

そう、これぞ正しくメッセージってことなんでしょうねぇ。


宮沢りえちゃんのナレーションがまた素敵だぁ、なんつっても私…りえちゃんファンなので何でもOKです。
美しいですよねぇ。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-01 12:41
<< 手作業その2 手仕事の楽しさ >>