Artesano de Circulos Concentricos

<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


永遠不滅のソース味。。。。

さてさて昨日はみんなでTOKIAにある評判のお好み焼きやさん、きじへ。
Nagieの昨日の食は夜!!それにあわせて昼はお野菜中心のピザのあるパパスカフェへ。
ベリュデゥーラ。。。。直径20cm強のナポリ風もちもち生地にたっぷりのサラダが乗っている。
このサラダを生地にフォークを使って手繰り寄せ、海苔巻き状態のロールにしてパク。
サラダは全部食べ、生地は8カットのうち、3枚で止めておきました。夜に備えて。
そして素敵な偶然の再会に胸躍らせたNagieはみんなの待つTOKIAへ急いだ。ひゃー、並んでるねぇ。予約不可だから覚悟していました。待つこと1時間強。みんなお腹空き過ぎです。待ってましたよー。お店に入るともう人で一杯ですよ。まずはスジポン酢を頼んでお好み焼きが出来上がるまでの時間、空腹を紛らす。
a0070133_22452055.jpg

a0070133_2246968.jpga0070133_2246259.jpg









お店に入る前に注文済み状態だからあまり待たずにモダン焼き、ごちゃ焼き、豚しめじ、とり玉が順番でやってきた。4人で行ったからこれでひとり1枚食べた計算。結構お腹一杯になりますなぁ。ただ粉が少ないからお腹に溜まる感じはないから意外に苦しくない。
美味しい。ソース味って永遠ですよねぇ。嫌いな人っているのかしら?あのお好み焼きのてっぺんから垂れ流れて鉄板の上でジューッ。。。ウッキー堪らない香りですよ。
私自身、お好み焼きデビューは大阪旅行以外ではごく最近。もうはまっています。きじも美味しかったけど、Nagie行きつけの代々木上原のお好み焼きやさんも絶品で、あまり気にしていなかったけど、きじのお好み焼きを食べて改めてレベル高いことを実感。築地の中卸業者が経営している関係で魚介の焼き物も安くて美味しいのです。あー、そちらも行きたくなってきた。
萬さまを誘って行っちゃおーっと。
そしてきじにはサラダなどの野菜メニューがないのですよー・・・かなり残念。本当は口の中をさっぱりさせて次に行きたいですよねぇ。あー、でも美味しかったなぁ。またいっきゃなきゃー。今度はわざと遅めに行こう。並ぶにしても早そうだ。
a0070133_22554895.jpga0070133_2256882.jpg










a0070133_22562162.jpga0070133_22563437.jpg

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-28 23:02

ハグって不思議。。。。

今日は、職場のmayumiさんとはぴさん、そしてはぴさんのお友達とお食事会。
わぁい。。。こんなおばちゃんが若者に混じってお食事だぞー。嬉しいですぅ。TOKIAへGo!!
で、仕事が終わってまだ時間があったので、近くの眼鏡屋さん、alain mikliで先日買った眼鏡が出来上がってきたので取りに行ってきました。モザイクシリーズ。
紫や茶色の小さなブロックを幾重にも重ね連ねたとてもモダンな眼鏡。
今まで使っていたmikliのサングラスが遂に壊れ、そろそろ新しいのも欲しかったしと決めました。しかしmikliの眼鏡、お高いですよねぇ。殆どのパーツがハンドメイドそして直輸入・・・だからか?
色々な眼鏡屋さんを見て回るのですが最終的にはいつもmikliに落ち着くというパターンが多い。あとは9,999(フォーナイン)やLAFORT(っていったかな?)も好きです。
9999は私が買い求めていた頃は成城の拘り眼鏡屋さんで扱っていたくらいですが今では、渋谷、銀座にSHOPを構えるほどになりましたねぇ。a0070133_2238263.jpga0070133_22382796.jpg









出来上がった眼鏡を受け取って、さぁてというところではぴさんからTOKIA集結メールが入り、ラジャって感じで急いだ。
ぬぬっ・・・前から歩いて来るのはもしや友人ではないか・・・じーっと顔を確認し、よしっ、やっぱりそうだ。通り過ぎざまに腕をがしっと掴み、Wongさん!!って声をかけた。
『わぉ、Nagieーー久しぶり、元気でしたか?どうしてここにいますか?』(外人風アクセントで)
『Nagieの職場のビル、ここなのよー、Wongさんのビルも近くでしょー?結構会社の人たちが患者さんで来てるからこっちに来てること知ってたのよー。いつか会えると思ってたの』と感激の涙にうるうる。。。
NagieもNagieママもなぜか彼の奥さんと友達のはずなのに、今では旦那様である彼のファンになってしまったのです。
近況を報告し合い、ランチの約束をし、携帯Noに変わりがないかお互い掛け合って確認しハグしてお別れ。。。。
ところでハグって不思議な行為ですよね。どちらかが嫌いであれば挨拶代わりの軽い行為でも疎ましいし、大好きな友人や恋人であれば相手のぬくもりやその瞬間の優しさを直に感じることが出来る素敵な行為。私たち友人は男女問わず、日本人であるにも拘らず、よくハグをする。
ハグって大好き・・・だって温かいじゃないですか・・・・
そして時に、帰国子女ですかって聞かれる。Nagieは自慢ではないですが、海外旅行はアジアにちょろっと行くぐらいしかしたことないし(今年こそ、行きたい・・・トルコ、チュニジア、チェコ行きたいところは山ほど)英語だってアレルギー・・・でもよく元帰国子女に間違われる。たぶん物怖じしない性格からそういう印象を与えるのでしょうね。
あー、なんだかいいことがありそうだ。Wongさんにコマーシャルしてもらわなきゃぁ。

さて急いでTOKIAに向かわねば・・・・

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-27 23:08

【告知】

高度経済成長眩い社会の裏で、それと同時に退廃的なエネルギーを放った1970年代。
君たちは何を見たか。
喜びと悲しみ、希望と絶望、栄光と挫折そして孤独・・・
鏡の向こうに見える自分の姿に僕たちは何を見たのか。
モラトリアム時代。

拓郎、こうせつ、ハッピーエンド・・・。70年代の懐かしいフォークソング。
今年、何かと話題の団塊世代。当時、音楽に明け暮れた彼らも音楽を忘れ就職して、高度経済成長を支え、いつしか家庭を持ち、真っ当な(?)生活を送ってきました。
でもそんな彼らも魂の声には逆らえなかった・・・。ここ数年、そんな世代の親父たちが再びギター片手に歌い始めています。
そこでこんな企画を立てました。
日時 3月24日(土) 19時半~
場所 神楽阪Akagi Cafe
新宿区赤城元町2-15 03-3266-7707
    東京メトロ東西線神楽阪下車(飯田橋寄り出口)徒歩2分
    http;//www.akagijinja.or.jp/
会費 ¥2500(ミュージックチャージのみ)
パフォーマー 守沢高さん(他予定)

守沢さんは元プロのミュージシャン・・・彼自身のオリジナル曲や若い仲間とのセッションなど盛りだくさんのライブにすると楽しそうに話されていました。Nagieも楽しみです。
自由に出入りできる環境ですので途中からふらっとというのもOKです。気軽にいらしてください。

750年の歴史を持つ神楽坂でも有数の神社、赤城神社。その神社本殿横に佇む赤城会館の2階にAkagi Cafeはあります。レトロ感漂う、癒しオーラ満載の空間でお酒を飲みながら懐かしいフォークに耳を傾け、そして素敵な会話・・・そんな時間をご一緒してみませんか。
20代の方には新鮮に、当時を知る方々には懐かしく響くのではないでしょうか。

是非ともお友達を誘っていらしてくださいねぇ。音楽を聴くことはもちろん、いつもの交流会という意味合いもありますのでコマーシャル等のある方は是非ともいらしてください。

そして我が友人が楽天にショップを開きました。興味がある方は是非ごらんになってみてくださいね。
http://www.rakuten.co.jp/de-luxe

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-26 08:51

【映】ドリームガールズ

すす、凄いです!!!ジェニファー・ハドソン。。。歌唱力。アカデミー賞助演女優賞ノミネートそして最有力候補。ちょっと疑問。主演女優賞じゃなくて?
歌手になることを夢見ている3人の女の子、バックコーラスから始まってスターダムを駆け上っていく。そしてもっと稼ぎたいと野望尽きぬマネージャーの裏切り。。。。栄光と挫折。
友情の破綻。んー、盛り込まれちゃってますねぇ。とにかく歌が凄い。
Nagie苦手のミュージカル色の強い映画でしたがまぁまぁでした。たぶん歌がよかったから。
ただ、よく分からないけど、あれはR&Bではないんじゃないだろうか・・・
まぁ、黒人社会で生まれた歌をもっと稼ぎたいという野望で白人にも受け入れられるダンスに合うノリのいい音楽に模様替えして売り出すっていうストーリーにあわせたのでしょうけど、上っ面をなぞっただけの音楽が途中飽きるんだなぁ。魂が少ない。
しかしビヨンセ、綺麗ですねぇ。印象的だったのは成功したマネージャーのカーティスとの二人の生活・・・そのリビングに飾られていた壁一面のポートレート、アフロへアーにびっしり付けられたまつげそして60年代風のメーキャップ、すっごく素敵です。ヘアースタイルは違うけれどツィギーのようです。Nagieはツィギーが大好き。髪型はわざと似させているくらい。
面白かったなぁ。。。

そして今日は恒例のカルトナージュのお稽古、本日の作品はレシピボックス。可愛いですねぇ。
同じ生地を選んでいても裏地やタッセルの組み合わせの仕方で微妙に雰囲気が変わってきます。面白いですね。来月はメモボード。どんなのが出来るんでしょうか。楽しみです。
a0070133_22532146.jpga0070133_2253347.jpg

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-25 22:55

見つけちゃったぁ。。。。

昨日は萬さまと一緒に代々木上原に矯正の治療に行って来ました。相変わらず治療はさっと終わらせてお食事ターイム。。。今日はどこに行くぅ?
ではではということでずーっと(去年から)行ってみたかった路地裏のイタリアン・カーサヴェッキアに行こうとルンルン気分で歩き出した。お店に到着してみたらなんともう終わっていた。まだ8時半くらいなのになんでぇ?ではどこに行こうかとちらっと彷徨い、入り口のメニューボードに書かれた野菜のおまかせコースというのに目が止まり、ここにしようよとそろーっとお店に入った。まぁ、なんともシンプルで素敵なお店ですよ。a0070133_22345442.jpga0070133_223535100.jpg









なかなかお野菜中心のコースって少ないし、あっても結局はお肉なんかが入ってるのですよねぇ。どんなもんじゃろかと半分期待し半分はまぁそんなにはねぇなんて気持ちで・・・
まず出てきたのはカリフラワーのクリームスープ。熱々で美味しい。冷え切った私たちの身体にぽっと火をつけてくれたようです。
そして次に出されてトマト丸ごとサラダは、中にマッシュルームのゼリー寄せサラダがつめてありました。熱々の次に冷たい甘酸っぱいサラダは私たちの舌を刺激しますね。凄く喜んでいます。
a0070133_2240844.jpga0070133_2240325.jpg







そしてコロコロ野菜のラビオリにたっぷりのトマトソース。ズッキーニにピーマン、マッシュルームを小さなさいころに刻みラビオリの中に納めてあります。トマトソースは、本当にシンプルに仕上げた物でレベルに違いはありますがNagieが作るシンプルな物に似ていました。
さてさてメインは・・・普通だったらここでお肉が出て、あーっ、やっぱりねぇって思うところなのですが、違いました。大根と米茄子のグリルされたものが白菜のクリームソースの上にそれはそれはお行儀よくのせられていました。美味ー。。。上に添えられた(巨大に見える)菜の花が全体的な甘さにほんのり春の苦味を添えてくれています。味が締まりますね。
a0070133_2250830.jpga0070133_225026100.jpg








仕上げのデザートはウバ茶のクレーム・ブリュレ(これってフランス菓子よね、まっ気にせず行こう)普通のブリュレよりも幾分オレンジ(茶味)がかった紅茶の香り一杯のブリュレも美味しかったなぁ。
a0070133_22534095.jpg


バターや生クリームをまた牛肉をベースにして取っただしを別にすれば食材はすべて野菜。凄く嬉しかった。
月曜日からこんなに食べて明日からまずいかもと思っていましたが、やはりクリームを使っているとはいえ、そこは野菜なのですねぇ。今日は特に問題なかったです。
結構、これで体調を崩し始めちゃうことが多い(というか殆ど)Nagieも一安心でした。
また矯正の帰りに立ち寄ってみよう。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-20 22:59

御歳64歳!!!鬼(奇)才!?

山下洋輔ジャズピアノ6連弾。昨日サントリーホールで開催され、友人と楽しんできました。国府弘子、島健、小原孝、塩谷哲、佐山雅弘・・・・それぞれに活躍されている一流のプレイヤーらしいです。私はこの中では国府さんしか知らなかった。あっ、勿論山下洋輔さんは知っています。それで行こうと思ったわけですから。結果、凄かったです。
山下さんてエネルギー凄いですねぇ。60歳を過ぎているとは思えないほどの力強さで、国府さんとのデュオでは国府さん自分の音を出していくのに大変そうでした。
私の好きな曲でもあるスペイン・・・本当にアレンジ一つで全く別物になってしまうんですねぇ。
一度に6人のピアノを聴いてみると、Nagieのような雑耳の持ち主にでもそれぞれの個性って分かるものですねぇ。
あーこの人は几帳面に弾くのねぇとか、クラシックのテクニックだとか荒々しいとか。
全部で6曲なのですがそれぞれの弾き手がアレンジし中心になって弾いていくのですが、デュオありトリオあり、全員でのセッション。中味の濃いコンサートでした。
一曲一曲、只単純に弾いていくのではなく間にはいろんなアレンジや寄り道が入る。長い長い。
勿論スペインは言うことなしに素敵でしたが、中でも心揺さぶられたのは、ラヴェルのボレロです。あの単調な音楽を延々飽きさせずに観客を惹きつけた。Nagie自身この曲が大好きだからプログラムを見た瞬間からとても楽しみにしていました。これをアレンジし率いたのは塩谷さんという方で、プロフィールを見るとどうやらオルケスタデラルスでピアノを担当していらしたようです。Nagie個人の(あくまでも音楽無知識ということ)考えですが、ボレロってとにかく最後の終わり方が大切。クライマックスを迎え、どんな風に終わるんだろうとドキドキワクワクさせながら、聴き入ってしまいました。いつの間にか前の席にまで伸びだすほど前傾姿勢。でも大丈夫です、周りを見渡せば、Nagie程ではないものの皆軽~く前傾ですから。。。。
ジャージャジャジャージャジャ。。。ブチッバツッ!よかったですよー。塩谷さんさいこーーーー。今度小さなライブを探して行こう。そしてジョルジュ・ドンの愛と哀しみのボレロをツタヤに借りに行かなくちゃぁ。

今日は映画ドリームガールを観に行く予定でお出かけしたものの時間を間違えたぁ。昨晩、チェックした時にバブルへGO!とどっちにしようかと悩んでいたのがいけなかった。バブル~の時間と間違えちゃったぁ。くすん・・・・映画って上映時間がちょっと違っただけでもタイミングが合わなくなっちゃいますよねぇ。六本木は混んでるので違うの観るのにも既に満席だし。しょうがないので麻布十番のくろさわでカレーうどんを食べ、大好きなパン屋さん、ポアンタージュでパンドゥミー、フォカッチャ、ハードタイプのゴルゴンゾーラ蜂蜜かけなどなどを買い込んで悲しく帰宅。

こんなことがあってもあまり落ち込まない自分てなんだろか・・・・?
[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-18 18:24

うまうまぁ。。。。

新橋の焼き鳥。。。Nagie唯一の行き着け焼き鳥店。去年、マイミクさんに連れて行ってもらって以来リピーターです。昨日久しぶりに行って来ました。メンバーは仲良しkr(今では友達の一人といっても過言ではありませんね)よねさま。そして彫金スタッフNagieが尊敬するフィリップさん。
よねさまはレーダーと言われるくらいいろんなところを食べ歩きかなりの食通。そしてフィリップさんはお肉の中で鶏肉が一番好きと宣言する。。。。そんな二人でもNagieにはかなりの自信がありました。
だってこの鶏肉を(っていうかお肉全般)滅多に食べないNagieがリピーターになるくらいなんだから。やはりでした。二人ともすっかりお気に入り登録状態です。
Nagieがこのお店の好きな理由は、とにかく下処理が丁寧であるということ。少しですけど、お料理をする(習っている)私、鶏肉があまり好きじゃない私・・・だからこそ食べたらどの程度の仕事がなされているか感じることが出来るのです。
Nagieがお料理で鶏肉を使う時にも結構時間をかけて下処理しています。それでも口の中に脂や独特の臭いを感じてしまう。ブロイラーだから余計です。
この焼き鳥屋さんはブロイラーなのに全く感じさせないわけで・・・地鶏じゃない。地鶏の意味を疑問に思い始めたNagie・・・・って感じです。

今朝は早起きして自由が丘に行って来ました。マンションの契約の為に。約1時間で済ませた。
折角の半休、映画を観ようかランチに行こうか・・・結局気になっていたケーキ屋さんでケーキを食べ、職場のみんなや実家の甘党叔母に焼き菓子をたっぷりと買い込み一旦家に戻ってきました。んー、久しぶりに美味しいパリジャン(シュークリーム)を食べたよー。
a0070133_11531088.jpg
a0070133_11533531.jpg


ナイフとフォークでさっと半分に切った瞬間、たっぷりのクリームがこんにちはぁと登場し、そしてバニラの贅沢な香りがNagieの鼻腔をくすぐる。。。
そしてもう一つ、名前を忘れた・・・マリー・ギャラン・・・だったかなぁ?
ババロワをサブレで挟み込みフルーツをあしらった見た目よりも軽い仕上がりでした。
これも美味しかったなぁ。でもやっぱりパリジャン。焼きたてパンも美味しそうだったからまた早起きして買いに行っちゃおーっと。
a0070133_1154534.jpga0070133_11542546.jpg








味もさることながらNagieがとても気に入ったのは店内に流れるラジオ放送・・・あれはなんだろうか?フランスのもの・・・・シャンソンが流れる・・・まるでパリのCafeでのんびりしているような気分。
今気が付いた、紅茶を飲むんじゃなかった。カフェオレにすればよかった。くぅぅぅぅ、残念。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-16 12:04

畏れ多くも賢くも。。。

ははぁ・・・控えおろー、この桐箱が目に入らぬかぁ。a0070133_2239553.jpga0070133_22402089.jpg












こちらにおわします御菓子は特撰五三加寿天羅であらせられるぞー。
今年の初めに頂き物で食べた福砂屋の五三加寿天羅。普段食べるカステラよりも黄色の色が濃く肌理も細かい。味も濃厚で美味しかった。先日母と一緒に銀座松屋に行った時に文明堂にも五三加寿天羅があることを知り早速買い求めました。(母が・・・)母は、てっきり福砂屋のものだとばかり思っていたそうです。んー、お店の前でNagieは『へぇ、文明堂でも同じ物があるんだねぇ、ままさん』って言った筈、しかもままさん、『本当だわねぇ』って仰ったではござらぬか・・・あれは何だったのか?
一箱確か3600円ぐらいだったかな。たっかーい。べぇりーえくすぺんすぃぶでございますぅ。。。。。
さてさてお味のほうは、うんまぁまぁ美味しい。Nagieの中では福砂屋に一本かな。
でもほのかに香る蜂蜜の香りがよいです。説明書きを読んでみたら英国産最高級コッツウォルド・ハニーってやつをご使用らしい。上品です。底焼き目の部分の粗目がもう少したっぷりあるといいんだけどねぇ。でも美味しいですよ。ご丁寧に食べ終わった後の桐箱の使い道まで指南してくださっています。ありがたや。。。。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-13 22:56

【映】マリーアントワネット

んー、まぁまぁですかね。フツーに面白い。
でもです、衣装が豪華で素敵です。画面全体に散らばるパステル調の黄色やブルー、それとは対照的なお菓子(ケーキ)のピンク。いかにも女性監督の作り出すカラーといった感じです。
靴がとにかく素敵で最後のスタッフや協賛のテロップ時には食い入るように画面を見てしまいました。日本語じゃないから遅いから見失う確率が高いですからね。マノロ・ブラニクでした。
やっぱりね・・・フェラガモカと思ったけど、それにしてはデザインや生地が洗練されてるなぁなんて思っていたのです。(生意気ですみません)
14歳という若さでオーストリアからフランスに嫁ぎ、19歳で王妃に。
どこでも一緒ですね。お世継ぎ問題・・・妃に興味を抱かない王太子。子供が出来るはずもありません。またしきたりへの不満。その寂しさや不安をギャンブルやパーティなどそして高価なショッピングで紛らす。
待望の赤ちゃん誕生そして歴史に翻弄された人生、どこの国でも、いつの時代も大変ですね。
それにしても音楽が面白かった。かなりポップです。んー、アントワネットの規律に逆らうアバンギャルド的内面を表したのでしょうね、きっと。
女性好みの軽ぅく観られる娯楽映画ですね。でもソフィア・コッポラが作る大作物ってことで期待していたNagieにとってはもうひと踏ん張りひねりが欲しかった。
次何観ようかなぁ。。。。バブルへgo!!は是非観てみたい。懐かしく思うんだろうなぁ。
もうすぐドリームガールも封切。私の好きなベン・ステイラー主演のナイトミュージアム・・・これは微妙です。コメディーでなくファンタジーでした。ファンタジーは好きじゃない、私にとってベンちゃんは抱腹絶倒コメディがいいんだけどなぁ。
ついにNagie、六本木ヴァージンシネマ・シネマイレージカードを作りました。6本観たら1本無料。マイレージポイントで特典がつく。くやしぃーーー。今までの分加算して欲しい。既に2本は無料勝ち取りですよ。

銀座天龍の名物餃子。一つの大きさが大体10cm強。昔、大学の頃は1人前・8個(だったのかなぁ?6個?)をぺろっと(いうほどでもないが)食べきった。このお店のその頃の私の印象は、お昼に行くと、座るなりサラリーマンの人たちが人差し指を立ててご飯という。そうすると餃子1人前にどんぶり飯・スープに漬物が出てくる。今では、半分の4個がいいところですね。宇都宮餃子なら3人前弱食べるNagieもここのしっかりラードの効いたお肉中心の餃子は今となっては・・・・ちょっと苦手です。なのに天龍に来ると必ず食べちゃう。そして辛いそば(そのままずばりです。)は色ほどには辛くなく美味しかった。お酢をかけながら食べると美味しいですよーってお店の方が教えてくださいました。でもこれって微妙とも思った。昔、料理人の方に伺ったことがある。中華料理屋さんでお酢をかけたくなるのは油が酸化しているとしたくなると・・・・

a0070133_180349.jpga0070133_1805123.jpg







あー、Nagieの大好きなアキバのちゃんぽんやの餃子が食べたい。東京では1番好き。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-12 18:08

【劇】殿のちょんまげを切る女

中村勘三郎、藤山直美の名コンビが送る、笑いあり涙ありの人情喜劇。
a0070133_20473790.jpg

話の筋は狙ったのじゃないかと思うほどですよ。時代は幕末。九州薩摩の西郷どんや長州・坂本竜馬(もどき)が登場する。所は日向・・・今でいう宮崎。
主人公の殿、祐相(勘三郎)と千代梅(藤山)は仲のよい夫婦。でも大切なぁ、お世継ぎが出来ない。姑になじられると、ざっくり「私は産む機械じゃありません」と切り返す。なんとタイムリーな台詞っていうか、後から入れたのでしょうが面白い。会場が笑いの渦。
そして後半は、藩が県に変わり、藩主が知事になり、知事選のお話。うそでしょって言うほどタイムリー。そのまんま東がチラ出したっていう噂がありましたが・・・
勘三郎、藤山直美は恒例のコンビ、ただいつも出演陣に名を連ねる柄本明や笹野隆史(って言ったよね?)が出ていなかったのは残念だなぁ。
そして演出がラサール石井、面白くないはずがない。母は藤山寛美のファンでありました。
だから喜劇大好き人間。
そして今回はとても若いお嬢さんの姿も多かった。それもそのはず、七之助が出てるんだもの。
袴姿の他に、なんと真っ白のスーツ姿。いやぁ。。。気障っちくてこっちがはずかしぃぃぃぃ。
しかも腰振っちゃってダンシン・・・グ・・・・・
かえりには楽屋口で出待ちをする姿がー、思わず私もぉなんて思ってしまいましたが、そんなに好きじゃないことに気がついて止めました。
着物の着付けはやっぱり歌舞伎風ですなぁ。しかし勘三郎、踊りが上手い。柔らかいというかしなやか。見惚れちゃいました。
バレエも観たいけど、あー、歌舞伎に行きたい。綺麗ですよねぇ。只、最近中々好きな役者さん揃いの舞台がないのですよねぇ。

昨日、彫金教室に行くために表参道に出た。凄い可愛いわんちゃんたちに出会いました。
道行く人たちも思わず立ち止まり、携帯やデジカメでぱちり。私ももちろんぱちり。
そしてまた歩いていたら、今度はお猿さんに出会った。犬猿・・・・の仲・・・・
a0070133_20504969.jpg
a0070133_20555277.jpg
×





表参道動物園へようこそ!!

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-11 21:02