Artesano de Circulos Concentricos

<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


【映】ホリディ

おーっと、行ってみてわかった。上映が今日までだったのですね。よかったー。
恋に恵まれない4人が織り成すラブストーリー。中々よかった。可愛らしかったですねぇ。
キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウはまぁ役柄通りでした。ジャック・ブラックは、Nagieにとってはコメディーでの登場が定番。どんな風なんだろうと思っていました。
ハリウッド映画の作曲家という格好いい役柄、慣れないせいか、Nagieの心にしっくりこない。
あっ、でも悪いわけではないですよ。凄くよかったですから。
しかしジュード・ロウは自身の生活とかぶる所があるのではないでしょうかね。彼も確か、離婚して子供を3人引き取って育てているのですよね。
久しぶりに癖のない素直な恋愛映画を観た感じでしたね。

昨日、プルートで朝食をという映画(DVD)を観ました。見逃してしまっていてすっかり忘れていました。TSUTAYAに行って、あーそうだそうだとすぐさま籠に入れました。
イギリスの田舎に住むゲイのパトリシア。子供の頃に親に捨てられ養子に入って育てられたのですが、女の子に夢見ていたので嫌われちゃっていたのですね。どこかにいるママ。僕をきっと助けてくれるはず。遂にロンドンに捜しに行くことに。
この映画でNagieが凄く気に入ったのはストーリー以上にファッション。小物や色合わせがとてもお洒落で、中には真似出来そうなものもあり、シンプルなセーターを買ってきて早速トライしてみようかと思っています。

お休みが続くと外でも家でものんびり映画に耽る。Nagieにとって最高の時間です。
そして夜は夕飯がてらお散歩へ。

今日は映画の後、母と待ち合わせをして、麻布十番のイタリアンレストラン(どこが?)ガンチャへ行って、ピザと和風ハンバーグ、海老グラタン、野菜サラダ・・・・凄い高カロリーですよねぇ。恐ろしいです。
a0070133_2131074.jpga0070133_2132992.jpg








a0070133_2135541.jpg
このお店はいつ行ってものんびりムード。お客さんも家族連れや本当に近所でジャージを着てきました系のカップルばかりでお洒落とは程遠い。
でも味は昔懐かしいシンプルな味で美味しいです。手作りケーキも美味しいのですよ。
ただ夜だと売り切れていることが多いですね。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-30 21:08

【映】輝ける女たち

カトリーヌ・ドヌーブ×エマニュエル・ベアール。カトリーヌ・ドヌーブは知らない人はいないでしょうっていうくらい有名ですよね。Nagieはとても大好きで、自分の人形にカトリーヌと名前をつけているくらい。そしてエマニュエル・ベアール、こちらはあまりご存じないかもしれませんが、ここ最近ではフランスを代表する演技派女優です。8人の女たちが有名でしょうか。最近では、彼女のその妖艶な容姿からかわりと艶っぽい悪女を演じることが多いです。つい最近の映画、恋は足手まとい(ラブコメディ)ではしたたかに愛に生きる女性をコミカルに演じてもいます。

ニースにある有名なキャバレーを舞台に繰り広げられる物語。オーナーのガブリエルが突然亡くなってしまうことで離れていた家族が集まる。
それぞれの人生、そしてちょっとした誤解から生まれるすれ違いを紆余曲折しながらも埋め合わせていく。
んー、映画としては・・・・この二人が出演するにしては・・・難しいところです。
ストーリーからすると登場人物が多すぎたかもしれません。多すぎるゆえに、それぞれの人生の描き方が希薄になってしまって、人物構成、つながりが分かりにくくなってしまっているようなきがしたな。
現に終わって出てきたとき、フロアではどの人とどの人が親子でぇ・・・と説明している姿をあちこちで見かけました。
贅沢すぎるキャスティングに制作サイドでは満遍なく登場させなきゃーなんていう思いもあるのかしら?まさかね。
まっ、映画はいいとしてカトリーヌ・ドヌーブはやっぱり綺麗ですねぇ。60過ぎですよー。脚が綺麗ですよー。シェルブールの雨傘での彼女はとても可愛らしく衣装も可愛らしかったですよね。彼女の衣装は(プライベートでもと思いますが)イブサンローランっていうのは有名ですね。そしてなんといっても元旦那があの名俳優マルチェロ・マストロヤンニ。彼もNagieは大好き。ソフィア・ローレンとのひまわりは傑作中の傑作です。観ていない方、是非ともTSUTAYAへ。

先日お散歩をしていて見つけた手打ちのお蕎麦屋さん。早速、母と行ってみました。
出し巻きたまごに長芋のてんぷらを注文。長芋のてんぷらはあつあつほくほくをシンプルに塩で食べる。旨ーい。出し巻きたまごは、まぁまぁですぅ。なるほどって思ったことは、出し巻きって味を決める時、色を薄く仕上げたいならかつお出汁をたっぷり使った方が美味しいと思う、焼くのが難しいけど卵豆腐みたいにふるふるした感じで美味しいですよね。それかそばつゆを使って江戸風に味濃く仕上げるか・・・こちらのは色はたまご本来の色を残すように仕上げてあって綺麗なのですが出汁が少ないから味が決まってない。残念です。
お蕎麦は玄そば。黒々とした色が美味しそうでした。初め母は鳥南蕎麦を頼もうとしていましたが隣の方が召し上がっていたせいろをみて変更したのです。
蕎麦の香りはちょっと薄かったですが、腰があって美味しかった。
a0070133_22111517.jpg
a0070133_22174996.jpg




ところで何て読むんでしょうかね・・・・

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-29 22:20

旨かったっす。。。

昨日は職場のmayumiさんとその仲間・・・そして元同僚のdaisukeさんとその仲間で飯田橋にある手打ちうどんのお店に行ってきました。去年の暮れ、daisukeさんが所属しているhi-fiのDJイベントにみんなで行ってきました。その時私は一足お先にと失礼したのですが、その時Nagieはしっかりとdaisukeさんに『我が小娘たちを頼むぞ』と言い残して帰ったにもかかわらず、彼は相変わらず泥酔してしまったのです。そして昨日は、その時の失礼を詫びる会。
お店は元の東京パリ食堂(だと思う)の跡地。うどんの中のうどん雅楽。おつまみやお酒が充実していてうどんだけでなく、飲み中心そして仕上げにうどんで〆るという使い方も出来る店でした。おうどんは勿論美味しかったです。タイプ分けするなら讃岐うどんでしょう。ただ本場讃岐うどんのものよりも多少柔らかめです。でも十分なコシを有していますので食べたぁ感は十分に味わえます。(残念ながら肝心の写真を忘れました)
スタートがほぼ9時近く。この時間に、Nagieが思ったのは、歳を取るって仕事の終わりが遅いってことなのかぁと。daisukeさんは成田、TU-JI氏は藤沢、FUJITA氏は埼玉、そしてNagieは栃木からとなると早くてもこの時間の集合になってしまうんですねぇ。mayumiさんたちは、さぞや時間潰しがたいへんだったでしょう。そして空腹と・・・・
お店を出たのは11時過ぎでしたがまだまだ混雑していました。いったい何時まで営業なのかしら。
しかし初めての面子とは思えないほど楽しい会話となったのはとてもよかった。
そして帰りには、目黒で寄り道。先日の赤坂ライブをきっかけにすこぶる元気を取り戻したNagie、たまには美味しいモルトが飲みたいと・・・・
Nagieの場合、大勢で楽しんだ後は、自分のテンションをクールダウンというかリセットしたくなる。だからよくみんなで飲んだ後にひとりでお気に入りのバーに行くことが多い。目黒酣へ。
『こんばんはぁ、ご無沙汰してます』カウンター席に座ろうとしたら、目の端に手を振る男性の影を捕らえた。ん?。。。誰だ。『こっちこっちぃ』と手を振るじゃないか。おー、わんやさんじゃないか。(日本唯一?の能狂言専門出版社の社長さん)えー、うっそー、今朝メールしたばかりじゃないですか。その時になんの打ち合わせもしていなかったのに凄い。普段彼は吉祥寺か三鷹のバーで飲んでいて目黒に来ることは滅多にない。凄い偶然。というわけでさくさくって帰るはずが3時になってしまった。結局クールダウンできずでした。
自分に・・・お疲れ様でした。

5月12日5時からHI-FIのDJイベントが渋谷のCafe、(CAFE&DINERスタジオ)で開催されるのだそうです。この時間からのスタートは珍しい。どうやらCafeで、そしてみんなが来やすい時間からやってみたいということらしいです。お時間のあるかたは是非お顔を出してくださいね。

スーパーでこんな物を発見。懐かしくないですか?パッケージ復刻版だそうです
a0070133_22443062.jpg

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-28 22:48

すっすっ凄すぎる!!

ジャズギタリスト・小沼ようすけと横田明紀男(フライドプライドのギターの方)の新ユニット、ミッキーズ(ゲスト・Shihoさん)のライブに行ってきました。場所は赤坂、どうやら阿木ようこ(字がわからん)さんのお店らしいです。
小沼&フラプラはNagieの大好きなミュージシャン。私にとってはこんなにお得なライブはないのです。だって、だって一度に聴けるんですからね!アコースティックから始まり、途中ようすけさんがギターを持ちかえアップテンポなナンバー、でも一番よかったのは、〆のスペイン。この曲は私の大好きな曲でわざわざジャンル違いのいろんなミュージシャンのものを集めてMPに入れているぐらい。
そしてShihoさんの歌には激感動でした。お店の中を見渡せばかなり巨漢の男性が、スティービーのナンバーを歌い終わった時に涙ぐんでいました。わかります、わかります。Nagieも鳥肌たちましたし震えましたからねぇ。でも音楽って凄い力を持っているんだとつくづく感じました。今年に入って慌ただしかったことに加え、春先は鼻炎などで疲れやすく、気持ちも滅入り気味でしたが昨晩ほどすっきりさっぱり、気分は最高って日はなかった。音楽最高!!
帰りには、友人達と赤坂のバーを巡って、久しぶりに深夜帰宅。
ライブの余韻で、睡眠不足もなんのその、今日も元気です。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-26 11:30

昭和の日を語る

年から4月29日のみどりの日が昭和の日と呼び名が変わったんだとか、知らなかった。目の前にあるカレンダーを見てみたらなるほど昭和の日となっていた。今日の産経新聞第一面から二面にかけて中曽根元首相が昭和天皇の思い出を、綴ったコラムが掲載されている。なかなか素敵な内容です。昭和天皇は歴代の天皇の中でも品格、人格ともに素晴らしいと言われていますよね。かのマッカーサー元帥も昭和天皇には畏敬の念を抱き、敗戦国日本の今、日本人にとって天皇はなくてはならないと…
敗戦当時、お幾つであられたのかは存じませんがまだまだ若い身で、敗戦の報を伝える玉音放送、それはそれは身を引き契られる思いだったでしょう。これ以上の被害を拡げないためにはとの極限の決断。
そりゃあ、人格だって素晴らしいものになるでしょう。
以前、新幹線から降りていらした、天皇陛下さんを拝顔させていただく機会がありましたが思わず私は背筋を伸ばしてお辞儀をしていました。隣にいた、ちょっとやばそうなソフトモヒカンの若者でさえ、直立不動で手を合わせていました。それくらいの品というかオーラでした。
わたしの知人は仕事の関係で同席したことがあり、なんとも言い難い高貴な姿に圧倒され、言葉も出なかったそうです。
そういえば、昨日の新聞に身内がでていました。学力テストについて語っていました。掲載写真をみて、しみじみおじいちゃんになったなぁと…遊びに行くと私の大好きなチョコをたくさん用意して待っていてくれる優しいおじちゃまざんす。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-24 16:51

朝早くからご苦労様でした

今朝は前回の引越しで入らなかった家具の搬入の日です。普通だったら通行止めの許可を取らなければならないのですが私のMS周辺の道は狭いのでたぶん下りないでしょうということで交通量の少ない時間でという事になりました。で、8時・・・・
とにかくさーっとシャワーを浴びて迷惑にならない程度に着替えて待機。7時45分頃には到着していました。窓から下を見下ろせば既に準備中でした。この時間に到着しているということはこの作業に携わっている彼らは一体何時に出社しているのだろうと同情するばかり・・・・
下に降りて挨拶を交わし、お仕事を眺める。さすがに凄いですねぇ。風が相当強かったけれども上手にクレーンの脚を(象の鼻みたいです)操り、電線を避けてスーッと持ち上げていく。
a0070133_2165272.jpga0070133_2173390.jpg








クレーンを操作する人、指示する人、上で待機する人、総勢5人。サイドボード一つにこんなにたくさんの人たちが携わっている。それなのに・・・Nagieったら、最初の契約と違うし見積もり不備とごねて半額に値切った。すみませんねぇ。。。。でもそれとこれとは別でして。
お仕事終了時には作業員の方々全員にビール券をお渡しし気分よくご帰還いただいた(つもり)
そしてずーっとリビングに山積みになっていたダンボールを片付けることができました。ストレスの一つが解消されました。ほーっ。
a0070133_2183189.jpg


夕方は久しぶりに母とお散歩に出かけた。途中お蕎麦を食べ、川沿いを歩いてみようなんていいながら、心は見つけたソフトクリームやさんに目は釘付け・・・・いいい今お蕎麦食べたばかりなのに早速ソフトクリームを注文し道端で二人並んで食べ、お腹も苦しくなりまたまた歩く。
素敵な盆栽風和花やさんやヴィンテージのリサイクルショップでシルクの出物のブラウスを物色し、美味しそうな手打ちお蕎麦屋さん、スリランカ料理、いろいろいろいろ・・・帰りにはまたもや見つけた餃子やさんで餃子を買って今度は祐天寺方面に散歩に行こうねと話してのんびりと帰ってきました。今日は長い一日でした。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-22 21:29

やはり魂の輝きか・・・・

木曜日の夜、いつものように実家に帰る為に東京駅に向かった。電車の時間までまだ少しあったので大丸で春夏のお洋服をチェックしていました。するとーーー目の前に見たことのある薄紫のショートヘアの女性が、数人の女性に囲まれていました。なんと、佐伯チズさんでした。
TVや雑誌で見るよりもずっと肌が綺麗で若々しかったです。夜の8時。Nagieは疲れ果てて髪もぼさぼさだしお肌もどんより状態。それに引き換えチズ様はピカピカのお肌だし元気だった。
やられたなぁ・・・ちょっとブルーになりました。しかしたぶん御歳は60歳を越えたぐらいじゃないかと思うのですがなぜあのように綺麗な肌でいられるのか・・・・
ここでNagieは気づきました。
先日、我がクリニックにメジャーデビュー前(どうやら来月らしい)のラッパー君が矯正の治療に
来てくれているのですが、その時こんな話をしました。
Na『私ね、引越しやら仕事の疲れでプチ鬱状態なの。昨日新聞で松田聖子さんをみたんだけどNagieより年上なのになんだろうね・・・それに引き換え私ったらさ・・・・』
ラッ『せんせーどうしちゃったんですかー十分大丈夫ですよー』Na『全然だめだよーーー』
ラッ『見てくれの綺麗さ、肉体なんてせいぜい100年でしょ、それに引き換え魂は永久ですよ』
Na『魂だってどうだかねぇ』ラッ『いやっ、魂は目を見たらわかりますよ』Na『えっ?』
ラッ『先生の魂は輝いてますよ、だって目がキラキラしてるでしょ』・・・・
こんな会話が繰り広げられなるほどと思ったのです。26歳の若者に救われました。
さすが言葉を仕事にしているだけあるなぁと感心したのです。
そして佐伯チズさんを見たときにこの話とlinkしました。チズさんは本当に気さくに周りの人たち(お付の人ではなく、たまたま居合わせた女性たち)とお話し、お肌を触らせ楽しそうでした。
お肌をお手入れする事も勿論大切なことですが、それ以上にこのマインドがいかに大切なことかと思い知らされました。毎日を楽しく、ポジティブに生きる。これですね。

先週から復活した岩盤浴。昨日もたっぷり汗を掻きましたが、今日も東京に戻り、久しぶりに目黒の行きつけ、岩盤浴+タイ古式マッサージサロンへ。体がコチコチになってしまったので行くことにしました。ちょっとお高めですがサービス満点とロケーションが気に入っているので東京では殆どここに行きます。ここにはゆかさん(タイ人なのに何故?)というマッサージの達人がいます。指を使ってするだけではなく、腕の部分をつかって体中をローミングアップしていくのです。
これがとにかく堪らなく気持ちいい。ハワイのロミロミもこんな感じでしょうか。
またゆかさんは体重80kg(推定)という大きな体の持ち主でそれ故腕も心地いいお肉でたっぷりしているからそれも手伝って最高になっているのですよね。
で、受付で『お久しぶりですぅ、アロマ90分お願いします、ゆかさんいますか?』というと、なんと
ゆかさんは辞めましたぁだって、まだそんなにたってないのにぃ?このサロンてすぐ辞めちゃうんですよねぇ。しかもうまいなぁ、感じよい人だなぁっと思った人が。よっぽど待遇が悪いんでしょうかねぇ。がっかりです。当分岩盤浴と短時間の足マッサージで我慢するとしよう。
そろそろ暖かくなってブーツで隠せなくなってきたから足マッサージをまめに行かなくちゃならないし。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-21 23:30

やったーゴーーールデン。。。ウィーーーク。。。

後もう少しで長いお休みだ。普段、祝日と日曜のみのお休みでお仕事に勤しんでいるNagieにとってちょっと長いお休みは息抜きと共に身体を休める時期。この時期と夏休みと冬休みの1週間くらい前になると必ず心の中で叫んでいる言葉がある。それは・・・『後ひと踏ん張り、頑張って!!!』いつも元気にアグレッシブに動いているNagieですが本来はどちらかというとのんびり屋でインドア派。だから今の生活は、自分の活発な部分をフルに使っているのですね。余力を残してって感じではないわけです。

お休みの殆どを映画(外でも家でも)に費やしているのですが今年はどうやら渋谷のユーロスペース一色になりそうです。韓国映画で好きな映画監督、パク・チュヌク(オールド・ボーイ、親切なクムジャさんなど)とキム・ギドク。他にもいますがとにかく代表してあげるとしたらこの二人。そしてその一人であるキム・ギドクの作品が4月28日からキム・ギドクレトロスペクティブ『スーパー・ギドク・MANDARA』として放映されるからです。
日本未公開の作品を含めて10作品ほど上映される。『悪い男』以降の上映作品は殆ど観ているのですがそれ以前の、日本未公開の作品もいくつか上映される。これを見逃すってなことがあってはいけないのです。
キム・ギドクはベルリンやヴェネツィアで監督賞などを受賞しているにも拘らず、その鬼才(異常とまで表現されている)ぶりに、韓国では酷評されてしまっている。でもなぜか自国で酷評されるほど海外での人気は上がる一方なのです。
今流行の韓国映画とは大分違った作品ですが人間の愛の光の当たらない部分に光を当てて描き出した作品が多く、それ故に綺麗で素直な愛ではない。んー、歪んだ愛の表現。でも誰でも形(表現)こそ違えども、こんな部分を持っているのかもしれないと思うNagie。

他にも観たい映画がたくさんある。はしごするっきゃないかな。引越しの整理も概ね済み、少し余裕が出てきたからそろそろ映画三昧の週末に戻れるかな。このお休みをきっかけにそんな生活を取り戻したい。

しかしこの週末、搬入不可となっていたビッグサイズのキャビネットをクレーンで運び込むことになっている。そしたらまた少し片付けの日々ですな。お休み前には絶対終わらせたい。
そしてネットで注文した自転車が届けばもう最高のお休みになりそうだ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-18 22:56

ぐわっし。。。うまうまっ。

さっきまで代々木上原、お気に入りのお好み焼きやさんで職場のみんなではふはふうまうま状態でした。璃○のお好み焼きはNagieの中では1番。丸の内TOKIAのきじも美味しいけどやはりこちらに軍配が上がるかなぁ。。。。お好み焼き以外のサラダや魚介の焼き物なんかも充実していてちょっと大人のでもご近所さん風のお好み焼やさんです。
ちょっと遅れて到着してかんぱ-いして絶対注文するのはチョレギサラダ。今日も先陣が注文していてくれていたぁ。うれすぃー。
a0070133_224428.jpg
そしてそして山芋とおくらのフワフワ焼き。これは山芋に刻んだオクラが入っていてこれを鉄板で程よく焼き、海苔で挟んで出汁に浸けて食べる。はじめぺったんこっただった山芋生地が焼きあがるほどにふっくらして、それを頬張ると本当にフワフワ熱々で美味しい。何個でも食べられます。a0070133_22461198.jpga0070133_2246271.jpg








そして普段では中々注文しないメニュー。やはり若者と来るってよいですねぇ、いろいろ食べられて。蒸かしたジャガイモにチーズと明太子。チーズが溶けて鉄板の上でふつふつと焼けて薄いところがお煎餅状態になって、んー、たまらん。
a0070133_2249669.jpga0070133_22492313.jpg








つぎはぁ、イタリアンもんじゃ。これもまた若者セレクト。なるほどねぇ。魚介にチーズにトマト。
トマトが思いのほかたっぷり入っていてチーズを使っているわりにさっぱり感がある。一味唐辛子をふって食べたらさらに美味しい。タバスコの方がより美味しいかも。どうだろうか?
しかしお店のおねえさん(keikoさんと仰るそうで、何度も通っているのに初めて知りました。これからはKEIKOねーさんと呼ぶことにしました。ちなみにNagieよりずーーっと年下ですが)の手さばきが最高です。写真に幾分スピード感が出ていると思うのですが如何でしょうか?a0070133_22542160.jpga0070133_22543537.jpg








仕上げはやはりお好み焼、璃○スペシャル。具が一杯です。ここのお好み焼は生地の殆どが具(たっぷりの野菜と魚介やお肉など)と山芋・・・薄力粉はかなり少なめだそうです。
だから食べた後もお腹一杯にはなるけどもたれ感が少ない。ぺろっと食べられちゃいます。
a0070133_22572552.jpg


あー、久しぶりに食べたなぁ。やっぱりNagieにとってのお好み焼の横綱ですなぁ。。。。
そうそう璃○ではアルバイトを募集しているんだって。時間が許すならやってみたいと真剣に思う。歯医者もいいけど全く違うジャンルの仕事も、というか飲食限定なのですがしてみたいと常々思うNagieです。あー、神様、チャンスをお与えくださいませ。歯科の仕事をもう少し減らせないものかしらぁ。
帰りは友人萬さまのアドバイスとおり、TAXIで帰ってみた。本当に10分かからなかった。しかもちょっとのんびり屋の運転手さんであったにもかかわらずです。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-16 23:06

やっぱり嬉しそうですねぇ。。。。

今日は叔父夫婦が、引っ越したお部屋を見に遊びに来ましたぁ。母も久しぶりに弟に会えるから楽しそうです。
私たちはそれぞれに叔父夫婦に持って帰ってもらいたいお土産をせっせと買いに行きました。
母は弟の為に叔父の好きな鰆の西京漬けや福砂屋の五三カステラ(これはちょーーー美味なカステラ。お奨めですよ)
私は叔母の為に、前から目を付けていた学芸大学にある小さな小さなパン屋さんで天然酵母のハードタイプのパンを朝食用に3種。
a0070133_2056216.jpg

そしてNagieの大好物の饅頭専門店の、キャベツをたっぷり使った肉まん。黒糖のマーラーカオを小腹空いた時に食べたらよいなぁと思って買いました。
しかし吃驚ですよ。この饅頭やさん、朝10時半オープンでNagieが行ったのは11時半、目当てにしていたのは殆ど品切れでした。キャベツ肉まんも本当は10個買いたかったのに8個しかなかったし、花巻は売り切れ・・・・また午後の分を仕込むのでしょうが夕方18時迄残っている商品はあるのでしょうか?残念がっていたら今度お電話ください、よけておきますからと言って下さった。そうですね、これがベストでしょうね。
a0070133_2112452.jpga0070133_2121327.jpg








母たち兄弟は母親を早くに(私の母が30歳くらいだったそう)なくしているせいか、長女である母が親代わり。。。叔父も姉に会うということに加え母親に会う様な気分でもあるのでしょう。
また母も弟のような息子のような・・・本当に仲がよい。叔母にとって母は姑のような存在であるにも拘らず、遠慮なく話すから笑いが絶えない。しかも疲れたといって母に布団を敷いてもらって昼寝までしていた。本当に楽しそう。
そして夕方みんなでウェスティンにある龍天門にお食事に行きました。やはり恐るべし食欲の一族ですよ。叔母は血のつながりはないからと言い張りますがその食欲では説得力がないよとNagie。あははは。
前菜にクラゲ、白菜などの野菜の酢漬け、そして春巻き、野菜の蒸し餃子、透明のもちもちとした皮の中にたっぷりの野菜が入っていて美味しい。
青菜の蟹餡かけ、芝海老のチリソース。a0070133_21115526.jpga0070133_21121142.jpg








龍天門では旬の野菜や魚介を10種類くらいある味付けの中から好きな味で炒めてくれる。オイスターソース、塩味炒め、ピータンソースで・・・本日は前述のとおり蟹餡炒めとチリソース仕立で。美味しかったなぁ。仕上げに麺とチャーハンを食べて大満足。叔父夫婦も大満足で電車に揺られて栃木まで帰って行きました。
母は何度もまたおいでと二人に言っていました。よほど嬉しかったのでしょうね。
よかったわぁ。幸せな光景って本当にのんびりしますよねぇ。Nagieも嬉しかったなぁ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-04-15 21:28