Artesano de Circulos Concentricos

<   2007年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


今年も食べたぁ。。。

冬の京都はやっぱり寒かった。昨日は雪もちらほら。。。。でも底冷えするような京都の寒さもお寺の床の冷たさも大好き。木の冷たさを足の裏にじんじん感じながら枯山水のお庭を眺めていると身が引き締まる思い。そして新たな決意も湧いてくる。
東山にある皇室と縁のある御寺、泉涌寺・・・秋のお庭が有名でしょうかね。こちらのお寺、どちらかというと観光化されていないので暮れのこの時期でも人がいずとても静か。そしてお庭もさることながら山門から眺める本殿の向こうに聳える山並みがさらにこちらのお寺の魅力を引き出しています。
a0070133_237279.jpga0070133_2372379.jpga0070133_2373979.jpg







そしてこれが本当に本当の食べ納め。選んだのは・・・普段あまり口にすることのない、お肉。
京都の老舗中の老舗、三嶋亭のすき焼きです。
a0070133_23101366.jpga0070133_23102971.jpg










創業明治6年のこちらの建物はそれはそれは見事な風情を残しています。まぁ、関東で言えば今半人形町本店(こちらは明治28年だそう)というところでしょうか。熱く熱せられた南部鉄の鍋にうっすらと満遍なくお砂糖が振られその上に国産黒毛和牛のお肉をのせる。お砂糖が溶けて、ほんの少し焦げたような匂いにお肉の脂が溶け出すそこに割り下をさーっとかける。もう堪らない匂いが鼻腔を擽る。うっすら赤みが残る程度に焼かれたお肉をまずは頬張る。もう、柔らかいの何の。。。口の中で溶けるってこのことねって感じです。お砂糖の甘さなんて全然気になりません。関東に比べてとても柔らかい味の仕上がりで、もう堪りません。そして次にお野菜とお肉・・・・また最初に口にしたお味と全然違ってきます。お野菜が入ってくるせいか、お砂糖の振り方も割り下の入れ方や量も変えているのですねぇ。仲居さんがとても丁寧に準備してくださるので私たちは、餌を待つ小鳥や鯉のように口をパクパクさせて待つばかり。。。ご用意してくださる途中で、偽装問題の話で盛り上がる。赤福にしても吉兆にしても食の関西という場から出てきたことは少なからずもショックであり、また憤懣やるかたないと。
そしてこちらの三嶋亭さんではお肉のブランドには拘らず、その都度よいものを仕入れ、独自に熟成させているんだとか。こちらの現在の社長さんはまだ42歳だそうです。社長になってもみんなと一緒にお掃除もすれば、下足番もするし、お肉を切ったりということも率先してしてくださるんだとか・・・だからこそ、みんなも頑張って社長を支えようと思うと、多分社長さんのお母さんといってもおかしくない年齢の仲居さんが気合十分にお話されていました。Nagieはその手の話に弱いので思わずうるっとしてしまいました。
京都の老舗のお店に行くとつくづく感じることはホスピタリティ豊かであるということ。気さくでありながらも、一線を越えない頭の低さ、そして気遣いの細やかさに感動すら覚えます。もちろん東京のお店にもあるのですが、何か違うんですよねぇ。やはり長く勤めている年配の方が多く、またその方々がお店を愛しているということとよい意味でプライドを持って仕事に臨んでいるってことでしょうか。本当に心からリラックスできます。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-31 23:39

体が潤う。。。

a0070133_15273628.jpg

宇都宮に今年オープンしたばかりの新進のレストラン。こちらのシェフ、軽井沢にあるお野菜の美味しい有名店、エルミタージュ・タムラにて修行をされたシェフが切り盛りする。それ故にお野菜を中心とした軽いタッチのフレンチ。
a0070133_15301237.jpga0070133_15302730.jpga0070133_15304392.jpg






スタートは京都の赤蕪をスープ仕立てに・・・皮の部分の薄ピンク色のソースと葉の部分の緑色のソースがとても綺麗。そしてサーとかけられたサルデーニャ産のオリーブオイルはとてもフレッシュ感漂うお味。蕪の甘さとソースの塩気とそしてオリーブの青い味がとてもマッチしていました。これからの料理がとても楽しいものになると予感させるような素敵なスタートです。
次が大根とカワハギのカルパッチョ仕立てこれまたお野菜の甘さが際立った一品。そしてズワイガニと帆立のムースのミルフィーユ仕立て。
a0070133_1536328.jpga0070133_15383829.jpgフランス産の地鶏を軽く霜降り状態にし、たっぷりの野菜を添えたサラダ。そしてNagieが感激した下仁田ネギのグリル、甘くて滋味深い味は私の体を優しい世界に導いてくれる。お魚は的鯛のポワレ、そしてお肉は仔牛のロティ、生ハムとローズマリーが巻き込まれていました。これまた数種のお野菜が添えられていて大満足。
a0070133_15423125.jpga0070133_1542454.jpgデザートは焼きプリンと洋梨のコンポート。どれもこれもたくさんのお野菜が添えられ、ソースも抑えこまれた軽いタッチのコースの流れになっていてボリュームの割りにはすんなり胃に納まっていく。





まだまだ若いシェフ、どうか宇都宮に埋もれず、アグレッシブにいて欲しい。どうしても地域に馴染んでしまってレベル低下を感じざるおえないお店あるだけに・・・
これからの益々の活躍を期待したいわぁ。音羽さんを越えてください。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-29 15:48

食べ納め@東京では・・・

代々木上原エンボカでした。こちらはNagieにとって最もリピート率の高かったピザやさん。軽井沢まで行っちゃいましたからねぇ。矯正治療仲間と先生とで忘年会。
大食い4人で行くとやはり堪能できますねぇ。ここのチョリソーは最高に美味しい。もう1種類も美味しいのですが名前がわからない。そしてピザはハーフ&ハーフでルッコラとふきのとう。
蕗の薹の苦味&えぐみがアンチョビにマッチしてそれはそれはえもいわれぬ美味しさですよ。
そしてデザートピザはイチゴとラ・フランス・・・ラ・フランスは初めて食べます。口に頬張った瞬間からもくぅーーー悶絶。失神寸前でした。デザートピザもこちらでいただいて以降大ファンですよ、こちらのに限ってですが。
今日の絶品は自然薯のピザ釜焼きですかねぇ。皮も食べられる状態にぱりぱりほくほく焼きあげた自然薯を無造作に折り、少し辛味のある味噌や塩をつけて口に頬張れば、自然の恵みが口いっぱいに広がる。さすがに自然薯です。ホクホクの中にも噛むほどに特有の粘りがじわり、口の中に押し寄せてくる。そして鼻をかすかにえぐみが通る。あー、大地を体全体で感じるこの瞬間、神様ありがとーーーー。
親子ほどの年齢の離れた私たち、なのにそんなこと全く関係ないほどの大笑い。みんな涙を流してるんですよ。仕事の繋がりで集まった関係なのにそんな話ちっとも出ない、それがリラックスできて本当に楽しい。
来年は先生のお宅にお邪魔しててんぷら、串揚げパーティーだそうです。それもとても楽しみであります。
a0070133_0312985.jpga0070133_031597.jpga0070133_0323192.jpg








a0070133_0325811.jpga0070133_0345546.jpga0070133_0332915.jpg







今年もよく食べました。しかしNagieの食の探訪はまだまだ続くのでした。ぎりぎりまで食べますよ。今年は・・・・あー、肥満肥満肥満肥満肥満。。。。。。。。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-27 00:40

阿佐ヶ谷 海晴亭

a0070133_23224656.jpgこちらなんとも不思議なお店。でも知る人ぞ知るお店です。それはとてもミスマッチな組み合わせです。たこ焼き&ベルギービール。阿佐ヶ谷の駅から徒歩1分のビル内の 仲見世通りにある。壁一面にビールのビンが飾られていてそれは圧巻です。




a0070133_23242932.jpga0070133_23245154.jpgさてさてやはりたこ焼きを・・・普通のたこ焼きと葱たこ焼き。ふぅふぅはふはふ・・・うんうん美味しい。外はわりとしっかり焼けていて中は柔らかい。ただもう少し中がとろとろの方がNagie好みですがボリュームも満点。
これにベルギー風のフライドポテト(これはよく分かりません・・・ただのフライドポテトに嘘くさいタルタルソースがついているだけ)にその他諸々。
くだらない話で盛り上がる女二人。クリスマスにここに来るお客はやはり一風変わった方々多いと感じたのはNagieだけじゃないはず・・・ねぇ、yosiyosiさん。。。。

ビールはあまり飲めないから淋しいですがまずはヒューガルテンの樽生を。これが泡がきめ細かくて苦味も少なく美味しいの何のって飲めちゃいましたよ。嘘みたい・・・こんなに飲んだ事ないよ。でももう頭はふわふわです。そしてNagieの好きなビールをシェアして仕上げに飲んできました。このお店を教えてくれた方がくれぐれも飲み過ぎないように・・・びっくりするし払いになるからと言われていましたが、案の定私たちでは心配するほどではありませんでした。
ビールはさすがに立派な値付けになっていますから、そりゃー飲めば相当なもんになっちゃいますよ。銀座の普通のバーで飲むモルト並みですからね。でも大満足でしたよ。
a0070133_23361918.jpga0070133_23364920.jpg








駅へ向かう途中、私たち好みの路地に遭遇。こんな素敵なレトロ感満載の洋食屋さんを発見し、元気なインド料理店のお兄さんに会い、次回来ることを約束して帰ってきました。
a0070133_23384194.jpga0070133_23385665.jpga0070133_23391095.jpg









[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-25 23:40

【映】眠れる美女

川端康成の傑作小説『眠れる美女』三島由紀夫が絶賛したという。
日本でも映画化され、フランスでも・・・そして今回映像化したのはドイツ人のヴァディム・グロウナ監督。舞台はベルリン・・・毎日を孤独に苛まれながら生きる事業家エドモンド・・・楽しいこともときめくことも何もない、ただただ日々が過ぎ去るだけ、絶望の淵で。そんな彼に友人のコーギーは不思議な館を紹介する。信用のおける年老いた顧客だけに開かれた館。まるで死んだように眠り続ける美しい娘と一夜を共にすることができる。そして足繁く通うようになるエド・・・・若き女性のふくよかな体はまるで甘美な香りを放つよう、胸の高鳴りを味わう。そしていつしか母への思慕、初恋・・・事故で亡くした妻子との思い出を問わず語りに徒然に話す。
エドはその女性たちがどうやって眠らされているのか、いつ目覚めるのか、どこから来るのか、そしてその館のマダムは一体何者なのかと様々な疑問が湧き始める。
そんなある日、物音に気づき窓下を静かに見下ろせば、運び出される怪しい荷物・・・果たしてそれは・・・。

孤独な老人が何も返事が返ってくることのない美しい妙齢の女性に語り聞かせる。そうすることで日々の孤独、老いに対する不安や悲しみの心を浄化する。カタルシス。
その姿はとてつもなく物悲しく、老いて弛んだ体も観るものの悲しみを誘う。結末シーンでは、ちょっと驚きですがその姿は何てことはない、エドの望んだ姿だったのかもしれない。
友人のコーギーはこういう結末であること知って、というかそうなるように依頼したのですね。

結局、館のマダムは死神だったのか・・・聖母マリアだったのか・・・・

好みの別れるところではある映画ですがNagieは好きですね。原本を読んでみたくなりました。
エドの語る独り言はまるで詩のようで、この監督(主演でもある)、ヴィム・ヴェンダースのベルリン天使の詩が好きなんじゃないか、というか年齢からすれば彼に影響を与えているんじゃないかな。紡ぎ出される言葉が似てるんだよなぁ。そうでなければドイツという風土がこの手の監督を生み出す地なのでしょうか?

この時期、観たい映画が目白押しでどうしたもんか・・・お正月には見逃した映画のDVDも観たいし、大体いつも長い休日はこれで忙しく終わる。なんだか変ですよね。でも映画が好きなの。
正直、美味しい物を食べに行くことより好きかもしれない。というよりも美味しい物も太らなければいいのです。無節操に食べると太るし体調崩すから、映画の時間の方が無難ってことです。
それ一人で過ごす時間が大好きだからかも・・・これも普段友人たちといい具合に濃く付き合っているから週末の一人が凄くリラックスして楽しいのかも知れませんね。

a0070133_2244245.jpga0070133_22444967.jpg本日いただいたX´masプレゼント・・・私にそっくりなんだそうだ。何か企んでそうな顔が・・・
前にも同じような顔の物を同じような理由でいただいたことがあることを思い出した。私はどうやらそれ系らしい。びみょーだ。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-24 22:24

丸の内イルミネーション。。。

a0070133_1850538.jpga0070133_18511121.jpg先週から丸の内界隈はイルミネーションのイベントが始まった。空間プロデューサーの新屋真和氏と照明デザイナー石井幹子氏によるものだそうです。丸の内のクリスマスといえばミレナリオでしたが東京駅の修複工事のため中止の運びになったのですね(真相は高額な費用らしいですが)
丸の内の石畳の一部に敷き詰められたパンジーに様々な光があたる。そして三角錐状の木にたくさんのLEDが取り付けられ、時間を経て様々な色に変化する。綺麗っちゃ綺麗、そうでもないっていっちゃそうでもない。。。難しいところです。色のついた花々に更に追い討ちをかけるように色のシャワー・・・・自然の草花の色には叶わない。これだったらいっそ、完全人工にした方が(そうミレナリオみたいに)違和感が少ないかもしれない。・・・・と・・・ふと思うNagieであった。

先週は唯一リピーターの秘密の焼き鳥屋さんでお食事。こちらの焼き鳥、ほんとにブロイラー?って聞きたくなるほど処理が綺麗。口に嫌な脂が全く残らないし、塩もきつくなく、たれもさらっとしていてさっぱり系です。だからお腹は一杯になりますがもたれることはないんです。
マスターが魅力的な方でそれも美味しい味にまたまた一入。
〆のそぼろご飯。体に合わせて・・・・普通茶碗の普通盛り、小盛り、そしてNagieのはプチだそう。本当に体の大きさにぴったりです。思わずにんまりしちゃいました。
a0070133_19141476.jpga0070133_19145999.jpga0070133_19151861.jpg



[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-24 19:18

【映】やわらかい手

午後のお食事の予定の前に映画を1本。
主演女優のマリアンヌ・フェイスフル・・・私は知らなかったのですが叔母1号の話によると有名女優さんなんですねぇ。ミック・ジャガーの彼女だったとか。スターだった彼女がドラッグ中毒、ホームレス・・・転落。そしてこの映画が久々の脚光だそうですよ。
平凡に暮らす、極々ふつーの地味な未亡人マギー。可愛い孫との時間が唯一の楽しみ。そんな彼女の楽しみである孫のオリーが難病にかかってしまう。それを治すにはオーストラリアまで行かなくてはいけない。その渡航費用、家族のホテル代などを稼ぐ為に飛び込んだ場所は、ソーホーの歓楽街。『接客係募集・高給優遇』訳もわからず飛び込んだ。仕事の内容は、マギーの想像を遥かに超えたものでした。それは壁越しに手で男をイカせる“ラッキーホール”っていうもの。ひぇー、どうするマギー、初めは慌てて逃げ出したもののオリーの為に意を決して再びお店に戻っていく。意外にも彼女の手はゴッド・ハンドだった。

毎日に楽しみのない、自分なんてと卑下しながら生きる彼女が、ラッキー・ホールという風俗店で自分という存在価値を見出していく意外性、そしてオーナーのミキとも、風俗の世界で働く人達特有のビジネス、お金だけの結びつきを拒否し、人間として関係を築こうとする、そのふつーの姿が心に沁みる。そんな姿に皆が惹かれていく。
淡々とした彼女の演技も素敵だし、風俗店オーナーのミキの戸惑いながらも自分をさらけ出していく時の表情は見事な演技だと感心。
物語の最後に彼女はあることを選択するのですが、それが彼女の選んだ生き方なのですね。

マリアンヌは60歳らしい太りっぷりなのですが入浴シーンで、伸ばした手を気だるげにシャワー蛇口に載せた絵は二の腕から指先に至るラインがとても綺麗でほーっと心の中で呟いた。
ひとつ気になったのが音楽。もちろんとてつもなく明るい映画ではないからいいといえばいいのですがまるで不吉な未来を感じさせてしまうような暗く重い、ミステリアスな音楽。最初から最後までこの音楽にはNagieの心が打ちのめされちゃいました。

今日は青山の糖朝でお食事。香港でのイメージを崩したくないと頑なに拒み続けていたお店。
豆腐花にマンゴープリン・・・・やっぱりねぇ。こんなもんですよねぇ。
恐れ多くも・・・Nagieママに持ち帰ったマンゴープリンを食べて開口一番『Nagieの作ったマンゴープリンの方が美味しい』って。ぎょっ・・・それは有り得ないから。
でもそれくらい普通の味ってことですよ。残念。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-23 21:19

祝!!ふんよう菜館

毎年春の恒例になっているダッチオーブン料理を喰らう会、公園パーティーで知り合ったデザイナー&イラストレーターご夫妻、餃子談義に花が咲いた。Nagieが栃木出身と言ったら『昔、幡ヶ谷に凄く美味しい餃子のお店があったのだけど、突然店を閉めて宇都宮に移転したのですよ』と。。。。激戦区宇都宮になんでまたと思いました。その日以来、食べてみたくてしょうがなかった。先月チャレンジしたものの宇都宮の夜は早かった・・・既に閉店。
晴れて本日、お店の中に入ることが出来た。噂通りでした・・・ききき汚い・・・ひぇー。
椅子を引こうとしたけど地面に油で引っ付いて離れなかった・・・凄いですねぇ。お店には数人の男性が既に豪快に食べていた。とりの唐揚げ、豚バラの煮込み、いかの唐揚げ・・・・凄いボリュームでびっくりですがどれも美味しそう。しかも笑っちゃうくらい安い。大体500円~600円くらい。4人で来ないと厳しそうな量ですよ。
Nagieたちはそんな豪快料理を目の端に置きながら、ちんまりと中華サラダ(320円)、餃子(230円)味噌タンメン(420円、ちなみにただのタンメンは400円)味噌タンメンは単純にタンメンに味噌を足して人参が入っているだけです。だから味噌と人参が20円という計算ですね。a0070133_040815.jpga0070133_0403719.jpga0070133_040554.jpg







餃子は噂で聞いていたよりもさっぱりしていました。野菜はどちらかというと粗めの刻みで口の中でしっかり残る形でしたね。もう少し細かい方が野菜の甘みが出るかもと思いつつも粗い分歯ごたえがあって甘みも十分に感じられました。皮もモチモチして美味しい。
そしてタンメン、これまたさっぱりで田舎にあっては塩分少なめでよいよい。かなり大満足。
私たちは6時半にお店に到着しましたが、なんと私たちが食べた2人前の餃子がラストだった。
その後に来たお客さんは、がっかりして帰る方もあり・・・他の物を食べて帰ろうという人ありでした。偶然かカウンターに並んだお客の半分は、東京、埼玉から・・・埼玉から来たお客さんは、ふんよう菜館大ファンの方に連れられてきて、カウンターでこのお店の餃子と宇都宮のトラフィック・トラブルについて熱弁を振るわれ、聞かされていました。ご苦労様です。
次回はなんとか人を集めて4人で来てあのいかの唐揚げととりの唐揚げを食べてみたい。
行きたい方、名乗りを上げてください。但し宇都宮集合です。
しかしこのお店のおばちゃん、やる気あんのかいな?殆どこの姿勢でじーっとTVに向かっています。でも可愛いですが。
a0070133_049593.jpg


蓮田のパーキングエリアにあるファミリーマートでこんな素敵なチロルチョコパンを発見!!
思わず買ってしまいました。えへっ。。。
a0070133_051591.jpga0070133_0521746.jpga0070133_0523464.jpg






[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-23 00:57

リベンジ・・・

本日、お久で彫金デー。その後、例のJAZZ喫茶へ。そう、先週末、初の満席体験をした・・・
なんだか静けさを味わわないと気がすまなかった、ってなわけで寄り道したわけさ。
今日はNagieの他に1組、どうやらTV制作に携わる音楽マニアらしい。会話が渋い。
彼らの会話を右耳で受け、左の耳で音楽を傍受する。こりゃまた不思議な音楽。どうやらドイツのものらしい。イッヒとか言ってる。モーリス・べシャールのバレエに使われそうな音楽。
ぴぃー、シャーン、イッヒ・・・・ぴぃー、シャーン、イッヒ・・・ガッシャーン、キンキンキン。。。。
こういうのジャンルでいうとなんていうんだろう?昔作曲家の三枝茂章が鉛筆の芯を折り続けたり・・・何かをこすってみたりして音楽を作った話をしていたような。
のんびり、アイス・マサラ・チャイとシフォンケーキ(シフォンケーキをケーキと認めないNagieもこちらのは好きです)で新聞を読み耽る。気持ちよかった。

さて先日、久しぶりに(?)美味しいお酒なんぞを飲みにバーへ。
a0070133_232646.jpg
a0070133_2344019.jpgグレンモーレンジー、白ワインの樽で熟成させたというだけあって、最初の一口で口中に広がる芳しい香りはまるでコニャックのよう・・・モルトの癖がなく、最初に飲むにはとてもよい。一緒に出してくださったのは・・・なんだったっけなぁ・・・モルトを作るときのなんたら・・・麦?忘れた。ノーマル、キャラメル、ローストの3種。確かに合います。




a0070133_237973.jpg2番手に出してくださったのはこちら。ボウモア、これまた華やかなフローラルな香り豊かな代物。美味。
口当たりもまろやかで女性好みかもしれません。これにはドライマンゴとチョコをほんの少し。
ドライマンゴを口に含み、奥歯でぎゅっと一度だけ噛み閉める。その時の甘みと香りを逃がさないうちにウィスキーを一口・・・ぐぅー、いいですよ。さらに香りがたって。とても洗練された大人の嗜みといった趣。





a0070133_23105033.jpg仕上げはこちら。仕上げだけあって前出の2種に比べてモルトらしい味。ピート臭が鼻を伝う。よいねよいね。今宵も大人の時間を楽しんだ。


あー、辞められない。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-18 23:16

大人買いした。。。

先日、欲しかったCDが貯まってしまったのでHMVまでお散歩。。。。目的の物の他にも数枚。
んー、銀座インズの中のHMVは品揃えがやはり少ないですねぇ。ちょっとマイナーな物だとないのですなぁ。渋谷ですかねぇ。タワーレコードもあるしね。
むむ、よいなって感じたものをピックアップしてみました。
a0070133_2134055.jpga0070133_21341595.jpga0070133_21343721.jpg









左のCDはダイアナ・クラールと一緒、カナダ・トロント出身の歌姫、エミリー・クレア・バーロウ。
この季節ならではのクリスマスソングのJAZZバージョン。
真ん中は、寺島靖国プレゼンツ・・・彼の選曲によるJAZZのコンピレーションアルバム。寺島靖国氏は吉祥寺の有名JAZZ喫茶のオーナーさんですね。これは思いっきりジャケ買いです。だってぇ、かっこよかったんだものぉーーー。
そして右は言うまでもないくらい有名ですよね。スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソン、キャロル・キングなど彼女の青春時代を彩ったヒットソングをカバーしたのですね。彼女の個性豊かな声で歌われるとぐぐっとくるね。

a0070133_21495580.jpga0070133_21501181.jpg左は1970年ロンドン、ロイヤル・アルバートホールで行われたジョニ・ミッチェルとジェイムズ・テイラーの競演ライブを収録したライブアルバム。ここ最近、かなりご贔屓のジョニ・ミッチェル・・・
こちらも迷うことなくゲット。右はアリシア・キーズの待望の新アルバム。彼女はグラミーをとってましたよね?あまりこの手のものは聴かないのですが彼女の声が好きで以前よく聴いていました。で、久しぶりに買ってみました。かなりよいです。

この他、渡辺香津美、小沼ようすけなどなど買いました。んー、大人になりました。一度にこんなに買えるなんて。でも以前六本木のTSUTAYAで志村けんさんを見かけましたが手に持ったDVDは半端ない本数でした。さすがお金持ちは違いますね。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-17 22:06