Artesano de Circulos Concentricos

<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


えーっ、いいのぉー

ここまで書いちゃって・・・028.gifGOETHE4月号ミシュラン東京版の13の疑惑第2弾。
食の評論家、山本益博氏をけちょんけちょんです。第2弾てことは3月号が第1弾、第2弾ですら少しはトーンダウンしているのでしょうが、いやぁ、厳しーって感じで、はてさて第1弾はどんなこと書いてあるのかとおばちゃん根性丸出しで思わずお取り寄せしちゃいました。

山本氏がそうだというわけじゃなくて、誰が見てもあのミシュランは、評論家の方々の息がかかっていることは一目瞭然だと思うなぁ。しかもどうみても外国の方々が好きそうなお店ばかりですよね。Nagieだってそのくらいわかるんだから。
どうでもいいよっていうスタンスで面白い読み物としてぜひご覧ください。笑っちゃいますよ。

今週は、先週からの体調不良007.gifで、予定をキャンセルして家でのんびり・・・今日もお食事の予定でしたが朝の状態が芳しくなかったので急遽キャンセル。
ここ数年で初めてじゃないかしら?3日連続、家でご飯を食べるのって。
月曜日・・・茶飯、お揚げと豆腐のお味噌汁、かぼちゃの煮物、叔母1号が作ってくれたポテトサラダに野菜を添えて、青ねぎと青柳のぬた(春ですねぇ)

火曜日・・・ご飯、味噌汁、帆立と鮪のお刺身、なまこ酢(自家製ポン酢で)茄子のしぎ焼き(卸し生姜)

水曜日・・・先日炊いておいたお揚げを使ってお稲荷さん、茹でたキャベツと白菜の和え物(自家製ポン酢をだしで割って柚子胡椒を少々)、卯の花、お味噌汁

なんて健康的なんでしょう。家での食事は本当にヘルシーです。人に言わせると、干からびそうだっていいます。とんでもないですよ。大豆の油脂分でお肌が意外につるつるになりますよ。
あー、今週はお料理したなぁ001.gif049.gif。しかしなんですなぁ、体調が悪い時しか料理しないってところがどうもねぇ。普通体調悪いとしたくないですよねぇ。Nagieの場合逆で、体調が悪いと、手作りを食べないとっていう危機感ゆえです。自分の体の声は自分が一番聞こえますよね。どんなものを食べたらいいかとか。

しかしこのメニュー、よくよく見れば手を加えた、料理と呼べる物が少ないですねぇ。まぁ、仕事から帰ってするのですからこんなもんですかね。母は私が調えてくれるので凄く喜んでいましたが・・・・


もうそろそろだなぁ。

a0070133_2153034.jpg



こちらはNagieの尊敬し大好きな彫金の先生です。よろぴこ。

a0070133_21305784.jpg
a0070133_21311783.jpg









[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-27 21:32

徒然・・・・

先週の強風での電車の遅れでホームで立ち往生、冷えちゃったんですねぇ・・・おかげで私、強烈な膀胱炎になってしまいました。薬を飲まない私もこればっかりは致し方なく、只今抗生物質漬けです。私の下半身は今鉛のごとく重いです。(それとも体重のせいか?)とほっ。

昨晩、TVで石破防衛大臣が清徳丸のご家族に送った手紙をみた・・・あー、こんな時なんだから手書きにしてほしかった。
ところであの防衛省事務次官の増田さん・・・あのお辞儀はやばくないか・・・私が家族だったら恥ずかしくて外に出られない。

アカデミー賞主演女優賞、エディット・ピアフの女優さんだったね。やっぱりね。いい演技だったもんなぁ。
外国語映画賞、潜水服は蝶の夢を見るが取ってほしかった、残念。まぁ、ヒトラーの贋札もよかったけどね。

今週末はdaisukeさんのイベントだねぇ。みんな行ってねぇ。
The Groucho Club
3月1日23時半スタート(遅いねぇ、なんだか大人だよね)
渋谷 青い部屋にて。
http://www.hi-fi-japan.com

あぁー、早く春にならないかなぁ。ウキウキしたお洋服が着たいなぁ。

来月は我が家で瀧嬢を呼びつけて(くぅー威張っちゃってるよ、ほんとは来ていただいてです)タイシルクオーダー会兼うだうだお茶会。楽しみだなぁ。今度はシルクオーガンジーでチュニックを作ろうかなぁなんて考え中。みんなは何作るんだろか・・・

カルトナージュの宿題全然やってない・・・やばし。

今、ラジオからキャロル・キングの歌が流れている。大好きなんだなぁ、キャロル・キング。

4月にある上原ひろみ&チック・コリアの武道館コンサート、michizoさん、チケット取れたかなぁ・・・無理かもねぇ。
私は去年暮れからずーっと振られっぱなし。頼むぞ、michizoー、頑張ってくれぇ(何を?)

[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-26 12:58

で、目的のものは・・・・

CDを数枚ゲットしました。その中から。。。
a0070133_2145279.jpg先日、HMVに行った時にLizz Wrightの新譜が飾ってありました。
私、この人の歌声大好きなんです。ジョーサンプルに見出され、彼のバンドで歌っていたというだけあってパワフル、そしてゴスペルで鍛えたその声は魂を震わすものだし、深く、そして憂いをも感じますよ。





a0070133_215433.jpgクラブジャズ系・・・・いわゆるよく耳にするようなスタンダードなナンバーも好きですがどちらかというとこういったスタイルの物の方が好きです。ソウル、ファンク、R&Bの要素がふんだんに盛り込まれ、小気味よい流れが大好き。そしてそこから派生したクラブダンスミュージックに特化したアシッドジャズも好き。Nagieの好きなタップダンサーの熊谷さんのパフォーマンスで流れる音楽は本当にいいですよ。スタンダードなものもいい感じでアレンジしてあったりして。


a0070133_217497.jpg選曲家・那須基作氏が選曲監修した1枚。こちらもファンキーな1枚。よいですよいです。こちら2枚、たまたまLizz Wrightの隣にあって、チラッと聴いてみようとどれどれ・・・うぉぉぉぉ、ひと耳惚れだよー。








a0070133_21385875.jpgこちらは3月22日(だったかな?)封切のウォン・カーウァイ監督、ジュード・ロウ、ジャズシンガーにして映画初主演となるノラ・ジョーンズのラブストーリー映画のサントラです。ノラ・ジョーンズ自身が選曲に携わり、彼女の未発表曲も入っている。ジャケットが綺麗ですねぇ。ウォン・カーウァイといえばNagie大絶賛の、そう、先日のラスト・コーションで主演を務めたトニー・レオンとレスリー・チャンの切ない同性愛をテーマにしたブエノスアイレスや、チャイナドレスが見事だったマギー・チャンとトニーレオンの花様年華。私はこれでチャイナにはまりました。今でも大好きです。チャイナって見かけによらず、ガッツリと食べられるんですよ。



で、真の目的、フライド・プライド(リーダー横ちゃん&ヴォーカルShihoさん)のCDを買うの忘れた・・・・信じられない。くぅぅぅ、くっっっすぉおおおお。あっ、ごめんあそばせ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-25 21:51

【映】潜水服は蝶の夢を見る

ELLE誌編集長として活躍し人生を謳歌していた一人の男が突然、脳梗塞に倒れ、一夜にして自由を奪われる。目覚めてみれば・・・・ロックトインシンドローム、自由に動くのは左目だけという。

言語療法士によって瞬きで言葉を伝える方法が編み出され20万回の瞬きで自伝を書き上げたという実話。

想像してみて欲しい、ファッション、車、地位と名声、そして可愛い子供たち、恋人・・・毎日が自由で華やかな生活、それが見事に奪われてしまうんですよ。苦しいなんて簡単に言えない。

主人公のジャン=ドミニク・ボビーはじぶんの体の異変に気づいた時、人生が終わったと絶望の淵に・・・そんな心情が、崖が激しく崩れ落ちていくシーンで表されている。
友人や家族の支えによって彼は落ち込むことに終止符を打つ。彼の台詞に自由になるものが左目以外にまだあった・・・記憶と想像力というのがあるのですがとても素敵です。
彼は潜水服を着せられた様な自由に動かない体を持ちながら蝶のようにどこにでも羽ばたいて、想像をするという楽しみを知る。

切ないことに自伝を書き上げた10日後に肺炎を併発して亡くなってしまうのですが正しく彼はこの偉業を成し遂げる為に、そしてこのことを通して何かを伝える為に生まれてきたのですねぇ。
悲しいけど必然的に起こった出来事としか思えない。

この映画、内容は勿論感動的なのですが、映像がとても綺麗ですよ。また映画の中で使われているポートレートのセンスのよさが光る。
どうやらこの映画の監督ジュリアン・シュナーベルは大学で絵画を専攻し個展なんかもしていたらしい。だからかぁ、本当に絵みたいに綺麗なんだなぁ。
それとさすがファッションの国、フランスだけありますね。病人とはいえ、ファッショナブルだし
衣装がやけにディテールが凝っていますよ。ニッチ的ではあるけれど一つの見方としてお勧めです。

あー、終わっちゃう前に観られてよかった。大満足。今年に入って映画にはずれがないなぁ。
嬉しい限りですな



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-24 16:28

代々木上原新登場。。。

いつも行くバーの系列店が新しく代々木上原に出来ました。代々木上原は、ヘビーローテーションで出没エリアだけにとても嬉しい。本日、萬さまと一緒に行ってきました。
駅から歩くこと3分という好立地。
a0070133_193685.jpg


今日は強風で電車の遅れが甚だしくて栃木から代々木上原までなんと4時間近くかかってしまった。お陰でお腹がすきすきだ。何かとにかく食べなきゃ。こちらのお店、中野にテイストが似ています。そしてウリは蟹ですって。蟹みそパンに手長海老のグリル、タプナードソース。
蟹みそパンは言うまでもなく美味しいし、手長海老はいい具合に半生で甘い。それをチューチュー吸いながらがつがつ食べちゃった。旨いねぇ。
a0070133_1115795.jpga0070133_1121913.jpg










a0070133_114261.jpg

メインの蟹、これは付けるソースが5種類から選べる。本日私たちのセレクトはゴルゴンゾーラとバルサミコ&醤油。どちらも美味しいけれど、やっぱりバルサミコ&醤油ですねぇ。

他にも諸々食べて、くだらない話を真剣に話し最高な夜。
夜のしじまに浮き立つ二人のおんな・・・・笑う角に福来る・・・あーお月様も笑ってる。

仕上げのお酒はこちらー、ピンボケで何がなんだか分かりませーん。
a0070133_119749.jpg




小川隆夫の音楽ゼミナール詳細。
今回のテーマは、「私的モダン・ジャズ黄金時代~1956年 part 2」。
前回かけきれなかった、また語りきれなかった、1956年の話を今回もたっぷりと。
今回も、モダンジャズの名曲と当時活躍したミュージシャンたちの話で、熱く盛り上がりましょう。
日時:2008年3月15日(土) 午後9時~11時
会場:京王井の頭線 駒場東大前
    Orchard Bar
    目黒区駒場1-12-22
    TEL:03-6410-8324
入場料:1,500円(1ドリンク付)
テーマ:「私的モダン・ジャズ黄金時代~1956年 part 2」


[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-24 01:28

【告知】小川隆夫さんの…

音楽ゼミナール
日時 3月15日(土)21時~23時
場所 駒場東大前 orchard bar
テーマ 未定
会費 1500円(1ドリンク付き)

http://blog.excite.co.jp/ogawatakao/

とても私的なのんびりした会です。しかもジャズ界での小川さんの知名度を知ればこれだけ近い距離でお話を聞けるのは貴重ですよ。私なんて・・・
コマーシャルお願いします。

3月1日はマイミク、daisukeさん企画のソウルナイトイベントが渋谷、青い部屋で23時半からスタート、もちろん朝までです。こちらもよろしく。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-22 00:11

駒込ディナー

素敵な、愉快な仲間たちと小さな小さな隠れ家フレンチ居酒屋でディナー。そうなんです、居酒屋なんです。ビストロじゃなくて。

ル・フーク・レール

ちょっとトラブっていて写真がアップできないのでこちらのブログで。

http://b-fc.blog.drecom.jp/archive/194

信じられないくらいの安さでしたよ、ラタトュイユ、鯵のマリネ、山羊のチーズのサラダ、鶉のファルシー、鴨のコンフィ、トリッパ、野菜のマリネ、鶏手羽先の燻製ぱりぱり焼き(これ絶品でしたよ)・・・・仕上げのデザートにお酒・・・飲めや歌えの状態で支払いの段になったらさらにそれが倍増。だって全部で一人、たったの3600円だったのですもん。

『プーチンプーチン、どこ行くの♪♪♪』?!?!???
『ちょっとそこまで○○しに行くの♪♪♪』○◎●★§☆#*???

これれっきとした歌です。作詞作曲、萬さま。(純粋にひた走る、日本語教師、エキサイトブログまるまる日記を見てくだされ語学を習いたい方はご一報を)
即興だそうです。見事な才能です。
○○の部分はご想像にお任せします。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-21 11:00

突然。

電車の中でおいなりさんな気分になった。そして今、お揚げさんを炊いています。

a0070133_21155957.jpg


部屋中にあまじょっぱい、美味しそうな香りで一杯。まさしくお母さんの匂い。
これが形になるのはいつのことやら・・・・



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-18 21:18

【映】エリザベスゴールデンエイジ

1998年に公開されたエリザベス、勿論主演はケイト・ブランシェット。豪華な衣装が見物でした。
25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世はことあるごとに圧力をかけてきた。さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も火種となっていた。彼女は自分こそが女王であるといい、女王の地位の奪還を図っていた。
国の情勢、そして自分の地位を狙い暗殺を試みる輩、ヨーロッパの国々の魔の手・・・常に心休まる日々はない。そんなエリザベスの前に現れた航海士?海賊?ローリー。最初は資金集めに近づいたローリーも彼女の聡明さにいつしか尊敬の念を抱き、魂と魂の触れ合う関係となった。国に身をささげると決めたエリザベスは心揺れる・・・切ないです。

そして攻め来るスペイン軍に、少数で負け戦と言われながらも、様々に策略し挑んでいく。そして勝利を手にする。

ストーリー全般は、可もなく不可もなくで、この手の映画には普通にありがちな感じですが、何といっても衣装の豪華さはやはり目を見張るものがありますよ。綺麗なのなんのって・・・
光を受けて、華美ではないけれども艶かしく光り輝く、シルクタフタのドレスは本当に生地のよさと仕立てのよさが分かります。そしてガウンなどに使われている、チュールレースや刺繍も素敵で、Nagieの大好きな感じです。この映画を観て、洋服のイメージが少し湧いてきました。
タイシルクオーダー稼業の瀧嬢にお願いする時にちょっとアイディアをプラス。
やっぱりハリウッド映画ですよねぇ。ハリウッドものの大作、ロードショーものがあまり得意じゃないNagieでもやっぱりこの手のものには惹かれますねぇ。満足でした。
そして展開がスリリングで飽きさせないかもしれませんねぇ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-17 22:30

フライドプライドライブ@阿佐ヶ谷とり成

盛り上がりましたねぇ、焼き鳥屋さんでのライブ。えっ?こんなところでみたいな・・・25人ぐらい定員でお客さんもフラプラもみんな一緒っていう一体感に包まれる。
いぇーとかヒューとか、横ちゃーん、Shihoさぁん、なんて声があちこちから飛び交うし、一緒になって体を揺らして足でリズムを刻みながら歌う。リーダー横ちゃんのギターテクは相変わらずの超絶ものだし、Shihoさんのヴォーカルも体が震えるほどよい。迫力+渋さ・・・
殆どが海外のJazzナンバーや70年代ものが多いけど、今回、陽水ナンバーのリバーサイドホテルをしっとりと、あの独特の、肌にいい感じでざらざらと纏わりつくような、シルキーヴィオスで歌う。正直、井上陽水さん自身が歌うのよりよかった。
そして山口百恵さん引退の時の最後の歌、さよならのむこう側は本当によかった。できることなら卒業写真も聴きたかった。いいんだなぁ、これが。ライブ後は、フラプラの二人も焼き鳥で一緒に飲む。ファンの集いみたいです。ずぅずぅしくもmichizo&Nagieはカメラ片手に写真をお願いしてみたら快く一緒にぱちり・・・こんなチャンスはそうないですからね。尻込みするmichizoさんをせき立てて。大満足な夜でした。
しかし、私たち二人、とり成に行って焼き鳥を食べてない・・・これって何?私たちは後半のライブで、到着した時には空腹で二人とも微妙に気持ち悪かった。そこにもってきて、焼き物はライブ終了後ですって。折角早めに行って食べようと思ったのに、で、我慢しきれず隣の隣の山小屋風のけったいな中華やさんで食べちゃった。a0070133_115609.jpga0070133_11562456.jpg












a0070133_11564322.jpgこのお店、侮れませんよ、旨いです。お店の名前も分かりませんが兎に角隣の隣、店長は折れそうなほど痩せていますがやたらに愛想がいい。






そしてライブ終了後は焼き鳥作りにてんぱったオーナー店長が焼き台の前で孤軍奮闘。注文したはいいけど全然でてこないのでキャンセルして、お店を後にしました。んー、残念だぁ。
でも私の印象は、私が唯一リピーターとしてる焼き鳥屋さんには負けるなってこと、michizoさんも同じ印象でした。


食のフラストレーションの溜まった私たちが向かったのは中野駅前のNAVEL。久しぶりだなぁ。
こちらのお店、鉄板焼きでお酒がコンセプト。メインはグラスワインですが、シェリーやウィスキーも充実です。
グリル野菜とシェリーでむふふ。そして仕上げはこちらのウィスキー。おいすぃかったでつ。
写真が暗すぎですみません。a0070133_12221516.jpga0070133_12222863.jpg












[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-17 12:26