Artesano de Circulos Concentricos

<   2008年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


【映】フィクサー

NY最大の法律事務所に所属しながら決して表舞台に立つことはない、フィクサー:もみ消し屋マイケル。華々しい人生から一転、人生の行き詰まりを感じ悲哀に満ちた背中に、微笑みには、斜陽を迎え始めた男独特の哀しみを湛える。
ジョージクルーニーっていつも人生の成功者、ノリがよくてお気楽に生きるみたいな役が良いのかと思っていた。(グッドラック・グッドナイトとか観てないからなぁ、イメージが湧きにくい)
訴訟国家アメリカの法律の矛盾・・・訴訟が頻発する反面、裏ではそれをうまい具合に無きものにしちゃおうとする矛盾、そんな法律の(?)盲点を突いた社会派サスペンス。

3000億円にものぼる薬害訴訟。その担当を引き受けていたアーサーはある日、製薬会社がひた隠す事実を知ってしまい、良心な呵責に苛まれ、事実を暴露し、原告団に有利なように動こうとし始めた。フィクサーであるマイケルはそれをどうにか抑えるように事務所から依頼され調査を始めた矢先、アーサーが突然の事故で亡くなってしまう。それに疑問を抱いたマイケルも独自に調査を始めた。そしていつしか黒い舞台にのみこまれていく。

映画のスタートの場面が最後の場面に結びつくように出来上がっていてそれが物語を上手に複雑にしている。最後にあーなるほどこういう展開ねと。

普段、この手の映画をあまり観ないNagieですが前回の大いなる陰謀と今回、連続技は珍しい。前回の作品は大いなる疑問という題名に代えてもいいのじゃないかと思ったくらい、拍子抜けしましたが今回は前作よりもかなり楽しめました。ただもう一歩、踏み込んで欲しいんですよねぇ。なにがってわけじゃないんだけど、んー、皮膚感覚以上にはならないっていうか・・・
映画は基本、娯楽ですからこれがいいのでしょうねぇ。

明日は武道館だぞ。初めて行きます。チック・コリア&上原ひろみ・・・楽しみです。
帰りには時間が合ったら飯田橋お気に入りうどん屋によって来たいなぁ。

あーーーーー、グラタン食べたい(なんで急に?)

[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-29 20:30

春恒例イベント

この時期定番のイベント、公園でダッチオーブン料理を喰らう会。やってきましたよー。
人数も制限され前回に比べて小規模(お誘いできなかった方許して)。
a0070133_2125273.jpg
a0070133_213122.jpg
a0070133_2133625.jpg


どうです、この肉三昧。普段の生活には滅多にないシチュエーション。1年分の(大げさだね)肉を食ったぁって感じでした。
お天気も清々しいばかり、Nagieの心も晴れ晴れ。最近負のエネルギーに満たされている我が心と体もこの空間にいれば楽しいばかりです。逃避もよいよねぇ。
a0070133_21144283.jpg



足立兄弟というプロのギタリストの方もいらして即興で演奏をしてくださり、緑の中で聴くギターもまたいい感じ。全然違うけど気分はラウンジ系です。
a0070133_2185743.jpg


次回は秋だ。楽しみだなぁ。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-27 21:10

難しい。。。人間の尊厳て

先日、衝撃的光景に出合った。時間は深夜12時過ぎタクシーを降りて大通りに出たところで信号で立ち止まった。何気なく横を見ると・・・・若い(30代半ば)警官が二人、何やら用紙に記入しながら尋問。そしてそしてそしてです。その足元には土下座をする個人タクシーの運転手さん。
許しを乞うていた。何とも言い難い光景。
その時初めて知りました。土下座ってお笑い番組ではよく見る光景で笑えるけれども実際目の当たりにしてみるとすごく屈辱的な光景なんだと。
どんな時でも土下座をするほどのことってそうない。彼はここで許してもらわなければ免停になるとか、生活がどうにも立ち行かなくなるほどだったのだろうか。
果たして彼は最後の手段としてプライドも何もかも捨ててその行為に及んだのだろうか?
それとも常日頃これで自分の間違った行動を赦して貰っていたほどに簡単な行いだったのか。

そしてその土下座に対して何もしない警官二人・・・・私だったら・・・・その人が、そりゃ何かいけないことをしたんでしょう、でもね、立ちなさいって言うとか自分が腰を落とすとかするのではないかしら。人生においては先輩なのであるから。

最寄りの警察署に投書をしようか迷いあぐねている。

ところでこの光景の中ですごく感じたものは、人間の尊厳、人格、存在・・・・ってこと。
Nagieから見ればこの光景、完全にそんなものが失われていたように思う。自分だったら土下座なんてどんな時でもできそうにない。それがすごく素敵なこと(例えば結婚とか・・・未来に夢のあること)であれば別にしてそうでない限りプライドが・・・という以前に、そこまでしていいよってなってしまう自分がいる。

果たして土下座ってどれほど気楽にできるものなんだろうか?


Nagieの大好きな本に、今は亡き人になってしまわれた吉村昭氏の破獄という実話を基にして書かれた小説がある。
どんなにがんじがらめにしても、手枷・足枷でぐるぐるにしても、誰一人脱獄した人がいないとまで云われるような監獄にいれようとも脱獄してしまう。
でも最後に彼は、刑期を全うして終わる。はて、今まで脱獄していた囚人がなぜ静かに刑期を過ごしたのか。
当時の看守になった人が、彼が脱獄する原因はもしかして人としての人格を今まで認めてやらなかったからじゃないかということに気づき、花を飾ってあげたり、縛り上げることをやめ対話を重ねる。そのうちに彼の心は動き始めたわけです。
刑期が終わって社会に出てからも彼はまじめに働いて晩年を過ごしたそう。
一読あれ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-25 14:28

Diane Schuur@blue note

ほんっと久しぶりに行きましたよー。よかったなぁ。
ダイアン・シューアってどんな人ってところの方、以下をどうぞ。Blue noteからの抜粋です。
a0070133_005725.jpg
Nagieが初めて聴いたCDです。
圧倒的な歌唱力とソウルフルなライヴ・パフォーマンス。グラミー賞2年連続受賞の快挙に輝くトップ・ヴォーカリスト&ピアニスト、ダイアン・シューアが待望の再登場を果たす。幼い頃からダイナ・ワシントンやデューク・エリントンのレコードに親しみ、11歳でステージ・デビュー。'79年にモンタレー・ジャズ祭に出演したところをサックス奏者スタン・ゲッツに認められ、'82年にはゲッツと共にホワイトハウスのジャズ・パーティに登場した。'84年にファースト・アルバム『ディードルズ』(ユニバーサル ミュージック)を発表、続いてカウント・ベイシー・オーケストラ、B.B.キング、スティーヴィー・ワンダー、ハービー・ハンコック、バリー・マニロウ等とコラボレーションを重ね、数多くの作品を全米ジャズ・アルバム・チャートの上位に送りこんでいるダイアン。久しぶりのスタンダード・ナンバー集にあたる最新作『サム・アザー・タイム』(ユニバーサル ミュージック)も大評判となっている。今回のステージでも、表現力豊かなヴォーカルと小粋なピアノ、そして明るく情熱的なキャラクターで、ジャズの魅力を満喫させてくれるに違いない。

うんうん、満喫もいいところ、最高でしたよ。10年ぶりに聴いた彼女の歌声はやはりぶれがなく素晴らしかった。帰りに『Thank you、wondaerful song and night!!!』と思わず、通り過ぎざまの彼女に向かって叫ぶ。有難う、むにゃむにゃ(英語だからいまひとつ・・・)って笑顔で返してくれました。
本当に盲目なのかって思ってしまうんです。そして彼女を支えるバックもまた素敵で、ギター、ベース、ドラム・・・自然に体が揺れるんです、楽しそう。彼女の即興的な部分にも十分対応出来る余裕と付き合い。
Nagieはこの10年間何してたんだ?彼女のライブを欠かさず行っていたのに、何故か情報が入らなくなった・・・というか自分から情報を求めなかったのかな・・・・

先週、ふと立ち寄ったHMVでDiane Schuurの文字を見つけ、何々・・・・仕事の疲れがたまっているのでどうしようかと迷ったけど昨日、急遽申し込んで行って来た。よかったぁ。
まだ聴いたことのないって仰る貴方、一度聴いてみて。
a0070133_014640.jpg
a0070133_02295.jpg


[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-23 23:54

君はポール・ボッツを…

知ってるか?

イギリス(たぶん)のTVで素人がスターを夢みてトライするというオーディション番組に出場した。
その冴えない出で立ちにルックス、審査員&オーディエンスは見向きもしなかった。
がしかし、歌いだしたら、そらびっくりでんがな、旦那さん!素晴らしい歌唱力でアリアを熱唱。辛口の審査員は最初、小バカにしたように斜に構え、ドリンクを飲んでいたが段々前に向き、飲む手が止まる。
歌い終わった瞬間、スタンディングオベーション。
そしてプロデビュー、一躍時の人となりスターダムを一気に駆け登る。今や世界に発信し、日本ツアーが…

でもNagieが一番気になったのは曲がりくねっていた前歯が見事に一直線に並んでいたこと。
やはり歯は大切だわねぇ。
明眸皓歯とはよくいったもですな。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-23 13:02

驚きのお店

先日、みんなで行った中目黒のフレンチ、ぺティアン。信じられない位リーズナブル。前菜とメインのセットでよく覚えてないけど2000円ちょいだった。飲物も入れて一人3000円だったのだけは覚えています。
だからって量が少ないとか安直なお料理ではありませんでしたよ。
Nagieは前菜にシェーブルチーズのサラダ、メインに鴨のコンフィをチョイス。

a0070133_21353861.jpga0070133_2136310.jpg










単品で頼んでも安いんですよ。サラダはしっかりした新鮮なお野菜がお皿一杯に盛り付けられて出てきましたがその量に驚いた。
単品での他のサラダではS~Lサイズまであった様に記憶しています。Nagieはサラダ好きなのでここでMサイズを頼んで他前菜1品でお腹が満足しそうです。許されるなら次回はそれでいこう。
そして鴨のコンフィが出てきてまたまたびっくり、大きいのよ。
ぱりぱりに焼かれた皮は芳ばしくて、思わずにんまり。。。。お肉もジューシーで大満足。
こんなにお腹が一杯になってこのお値段。みんな大喜び。他のみんなが頼んだものもどれも美味しそうで次回の注文も迷いそうです。
なんといってもサラダの充実振りに大満足。
まぁ、グラスで頼んだワインがいまひとつでも大目に見よう。しかし奥の席で上品な紳士お二方がワインのラベルを見ながらあれやこれやお話されたいたのが印象的で、きちんとワインリストから選べば美味しい物がいただけるのかもしれません。
これから普段使いになりそうなお店です。一人でも気軽に入れそうだし。

a0070133_21445088.jpga0070133_2145455.jpg




[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-22 21:47

恋焦がれて・・・そしてDavid Pain

残念ながら会期も残すところ明日一日となってしまいました。
銀座松屋デパートで開かれている【柳下季器(YANASHITA HIDEKI)展】

去年も欲しい食器があったのですがタイミングが合わず、Nagieの前をするっと通り過ぎていってしまいました。そして今年も行ってまいりました。偶然にも去年欲しかった物に近い形と色のものがあり今年こそはチャンスを逃すまいとその場で購入。待っておりました・・・私の胸に胸に貴方を抱きましょう・・・・
a0070133_227353.jpga0070133_2275238.jpg










信楽焼。器の中央にある3つの丸は、底を(器の外側を)上にして焼くので土を3箇所につけて台座にするのでその跡が残るって訳。これがよいとNagieは思う。横から見たフォルムも堪らない。

a0070133_22123555.jpgそしてなんといってもこの器の個性は、色にある。金属のような光を放つ薄紫がかった茶色。これは釜の中でも奥のほうで、ある一定の場所でしか出ない色。かなり高温なんじゃないかと思う。水分が抜けきった軽さと金属的な質感は決して低い温度で出るものではないとNagieは勝手に(ここが大切、あくまでも勝手にです)思う。この何かを塗ったわけではない、自然に出た光が心を揺さぶるんです。去年、この色を見て惚れたわけです。

もう一つ、欲しいお皿があったのですが残念ながら数が揃わなかった・・・悲しんでいると『焼きますよ・・・・同じ物が出来ることはないけど』と。いいんです、それで、味があって。楽しみに待つことにしよう。ケーキ皿として使う予定。
彼曰く、今の時代、器を5客組みで買う人は少ないんだとか。だからどうしてもばら売りになり半端な数が残るそう。へぇ、信じられないってNagieは思いました。器は大きな鉢じゃない限り5~6客で買うくせが付いているし、中途半端に買ってくるとママさんに怒られるから。でも、これって普通の感覚じゃないかな?

そしてまたまたつくばのDavid Painのパンをいただいた。今回はNagieママの大好きなパン・ドゥ・ミーその他諸々。美味しそうですねぇ。
a0070133_22275875.jpga0070133_22281519.jpg


















a0070133_22283563.jpgこのお腹の(頭の?背の?)われ具合が美味しさを物語っていますよね。いつも有難う、ao2006ちゃん。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-21 22:34

【映】大いなる陰謀

ロバート・レッドフォード監督そして俳優、メリル・ストリープスという名俳優、女優に臨むトム・クルーズ。
大統領への野望を抱く上院議員アーヴィング(トム・クルーズ)は、人気取りのためにジャーナリストであるロス(メリル・ストリープス)に対テロ対策の作戦をリークする。TVで良いように流してもらっちゃおうって魂胆。
そして彼の仕組んだ作戦にのり、命を落とす若き戦士がふたり・・・・
ロスだけに流されたこの話に共感でなく逆に何か黒いものを感じた彼女は真実を暴くことを決意する。
この映画、3つの場面から構成されています。この二人のインタビューシーン、この作戦でアフガニスタンに向かった二人の戦士のシーン、そして政治科学という分野の教授(ロバート・レッドフォード)と政治の表裏に辟易して学問に興味を失った大学生との面接シーン。

政治の裏と表、駆け引き、偽りと真実。どこの国でも垣間見ることが出来る政治の世界。TVの前で綺麗な、正義的な発言をしようともどうも本気になって聞くことはできない世界。

政治家の質ってアメリカも中国もイラクもどこでもそんなに変わらないんじゃないかしら。そして不思議なことに一国民、市井の人々は意外にも心豊かで清かったりする。

この映画、良かったのか悪かったのか・・・終わり方に疑問、Nagieはてっきりここから面白くなってくるぞって思っていたら、『えっ?終わり?クレジットが出てきたよ』って。この後は自分で考えろってことなんでしょうねぇ。
ロバート・レッドフォードはこの映画を通して言いたかった事は、イラク戦争の是非を問うことだったのでしょうか。

しかしなんですなぁ、ロバート・レッドフォード、年取りましたねぇ。なんだかやけに歯ばかりが目立っちゃって・・・ギャップありすぎ(職業病だね、この視点)
そしてあのトム・クルーズでさえ、メリル・ストリープスの存在感や演技の深さには全く歯が立たないってこと、惚れたわねぇ、メリル様。

帰りに彫金教室を見学してきました。来月から新天地。我が家の近くでのんびり、いやっ気合を入れて頑張らねば。それまでちょっと休憩。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-20 18:50

飽きない面々・・・そして本格的断酒解禁

先月に催した恒例のタイシルクオーダー会、今日がその納品会。
みんなそれぞれの物が出来上がり試着しそして次回のお洋服を物色する。
Nagieは白地に青赤の幾何学のドットのアメリカンスリーブの大胆なドレープ風のOPにこちらのチュニック。OPは袖口が少し大きかったのでお直しに入ってしまいましたがチュニックは理想どおりの出来栄えでした。シースルーにドットの刺繍が大胆でかつオリエンタル、凄く満足。
a0070133_1432493.jpga0070133_1434160.jpg








納品の後みんなでご近所の超リーズナブルビストロにてお食事。次回アップします。びっくりですから。お気に入り登録店になりました。

そして久しぶりに酣にのんびりと一人で行ってきました。大分体調も回復してきたNagie、本格的お酒解禁日になりました。元々お酒のみじゃないNagieは飲まなくても全然大丈夫ですがやはり楽しい、リラックスできるひと時ですねぇ。
a0070133_1472971.jpga0070133_1474412.jpga0070133_148115.jpg



左2本のモルトは先日のmoonshinerさんでいただいたモルトに比べてアクセントのある、より男性的なものでした。真ん中の物は少しオイリーな感じですがこくがあって美味。仕上げにはフルーツトマトとかりんのカクテル、フルーツトマトを丸々1個摩り下ろし、かりんリキュール、グレープフルーツ、トマトのお水、お塩・・・・トマトの甘さの中に独特の青臭さがよい。体にいい物を飲んでいる、罪悪感を消し去ってくれるようなカクテルでしたわぁ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-20 01:57

人の心に感動を呼び起こす・・・

そんな人になれたら・・・・自分の存在価値も上がるってもんです。それを思うとNagieは・・・・ちょっと落ち込む。

さて先週、1年ぶり、念願かなって酒豪を揃えて東中野のサル・キッチンへ。しもた屋風の建物は、ほんの少し「えっ?ここ?」って思ってしまう。しかし侮れませんぞ。
こちらお料理もさることながらワインがぞっこん旨い。この飲めない、興味がない(モルトに対する興味との落差にmichizoが吃驚するほど)Nagieがここのお店だけは自分から所望するほど。ただ本当に嗜む程度になってしまう、で、酒豪をそろえてってことになった。この日もやはりワインがどれもこれも美味しかったですねぇ。

a0070133_16224445.jpg房州産サザエの冷製とクスクスのサラダ、クミン風味の肝のソース
去年伺ったときには、鮑とジャガイモのテリーヌ、肝ソース添えを頂き、これに甚く感動したNagieは肝という文字を見ただけでこれが食べたくなりました。






a0070133_1631257.jpg仏、ロワール産ホワイトアスパラガスのソテー、白トリュフオイルとパルミジャーノ
ホワイトアスパラはえぐみの具合によって下処理の方法や料理の仕方を種々にへんかさせていらっしゃるのだとか、繊細な感性をお持ちなのですねぇ。春のもののえぐみって美味しさに変わるものばかりだと思っていたNagieにはなるほどぉでした。




a0070133_16485355.jpgニュージーランド産仔羊背肉の30分焼き、アーモンド風味。このお肉、羊とは思えないほどにくせがない、だからといってこんな羊肉はだめだって言うのとは違う。滋味深くかつ繊細な味わいが噛めば噛むほどに口の中に広がって思わず目を閉じて郷愁にひたりながら食べてしまう。唸る。
みな「美味しいねぇ」以外は無言でした。ただ、添えられた椎茸、椎茸ブラザースとかいうブランドらしいのですが恐ろしいほどの歯ごたえでぷりぷり、Nagieは椎茸嫌いなのですがこれは食べられました。ということは本来の椎茸らしさは薄いってことなんですよねぇ・・・・

a0070133_1648334.jpg芸術的です。骨に付いたお肉も、ハイエナのようにむしゃぶりついて食べましたぁ。












今日はこれからタイシルクの納品会です。さてさてみんなどんなお洋服が出来てくることやら楽しみです。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-04-19 16:49