Artesano de Circulos Concentricos

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


おいけん参り

久しぶりに三茶にあるじゃじゃおいけんに行ってきました。盛岡名物じゃじゃ麺。
うどんに近い麺に甘くない胡麻肉味噌と擦り下ろした生姜、粗みじん切りの胡瓜、そしてねぎが乗りラー油と酢で好みの加減にして一気にかき混ぜて食べる。そして大半を食べ尽くしたら卵を割り入れてかき混ぜておいけんさんにどんぶりを渡すと肉味噌をたしてスープ(麺の茹で汁?)を注いで戻され、かき混ぜてラー油と酢で調味してまた食べる。ちぃたんたんといいます。
何度食べても美味しい。かき混ぜている途中からもう涎で口の中が一杯…ゴクッゴクッ。
本当に感動的な美味しさ。また店主のおいけんさんが最高に楽しい。会話がいいんですよぉ、小悪魔(いたずらっ子)みたいなのですよ、毒舌がさ。全く嫌味じゃないし結局毒がないのです。
本日のトークはNagieに軍配が…おいけんさんもお年ですかね。たまには素早い切り返しが利かないこともありますよね。リーマンショックだと仰っていました。ほんとかも…。

http://www.jyajyaoiken.com/

昨晩、タイシルクオーダー稼業TAKI嬢のショップにみんなでお邪魔した。知人のコートや従妹のSumixのワンピース、凄く可愛い。Nagieは前回のオーダー会の時お取り置きしたエミリオ・プッチの生地でチャイナ風ワンピースをオーダーしてきました。出来上がりが楽しみです。太りませんように。なぁむぅ…




[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-11-26 22:25

【映】BOY A

人生の大半を刑務所で過ごした青年・・・・ジャックという新しい名前を与えられての再出発 ソーシャルワーカーのテリーの援助の下で順調な生活を歩みだした。
仕事も得て、友人、恋人もでき、楽しい毎日が 過ぎていく。 しかし本来心根の優しい純粋なジャックは次第に友人に 過去を隠していることが辛くなる。
そしてたとえ打ち明けたとしてもきっと信じてくれると言い出す。 テリーはそれをとても危険視して反対を唱える。
一方テリーも問題を抱える。離婚し自分の子供とも上手くいかない。 ニートの息子が転がり込みぐうたらな生活に手を焼く。
そんなぐうたら息子がした あることがきっかけでジャックの過去が暴かれてしまう。
そしてみんなが自分のもとを離れていく。
ジャックの選んだ道は・・・・


少年犯罪が問題になっている日本でも遠い話ではない。自分だったらどうするか?綺麗事はいくらでも言える、結局は他人事ですからね。でもいざわが身だったり身内だったりしたらどうだろう?自立していこうという時期に信じるものが何もなかったり支えが何もなかったらどこに救いを見出せというのか?果たしてNagiは身近にそういう人がいた時に色眼鏡で見ることなく自然に接していくことが出来るのでしょうか?今、何もない時点では純粋に頑張っている今の姿をみてあげることが出来ると言える。でももし何か小さな出来事があった時にやっぱりねとか疑ってみたりとか怖がってみたりとかするんじゃないのかな。そんな自分が嫌だ。。。。と思う。でも・・・・

最近読んだ本で甚く考えさせられた本『なぜ君は絶望と闘えたのか』という光市母子殺害事件の本村洋さんの日々の苦悩・葛藤を描いた本を思い出した。彼はこの映画を観てどう思うのでしょうか?率直に聞いてみたい。主演を務めた若手の俳優さん、アンドリュー・ガーフィールド。トム・クルーズ、メリル・ストリープス主演の映画、大いなる陰謀でデビュー。理想と現実の狭間で揺れ動く若者の姿をリアルに演じていましたよね。この映画でもジャックの出所前の目の前に広がる未知の世界に心ときめかせ目をキラキラさせるところから様々な不安を抱え込み、思い悩む所までの心の動きをとても上手に表現していました。そして彼を支えるソーシャルワーカーを演じたピーター・ミュランは知りませんでしたがあのマグダレンの祈りという中々の社会派映画の監督さんだったのですねえ。結構好きな映画でした。

観終わった後にスッキリするわけでもないし、考えさせられてしまいますがとてもよい映画でした。
レッドクリフもいいけどやはりNagieはこちらですねぇ。レッドクリフはトニー様ありきですからね。
次回はちょーお気楽コメディを観に行く予定。果たして何時行けることやら。。。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-11-24 21:46

けいこ姐さんに

会ってきました。

どちらの?上原のお好み焼きやさんのけいこ姐さんですか?

違います。ジャジィな姐さんの方です。KEIKO LEE姐さんですよ。 
先週末、六本木ミッドタウンの中にあるビルボードでのライブ。
相変わらずのシルキータッチのなんとなくノイズ感漂うアンニュイな声…堪らん。

何を歌っても張り切り感がない。気だるい。Nagieの憧れるパターンですよー。生涯無理。

しかし酷いNagieですよ、私が釘付けになったのはデコルテの美しさと靴です、靴…

実は私、靴フェチ。予算やサイズの関係で普段はかなり妥協しています。
一番好きなのはジミーチュウとマノロ。ありゃ美しい。
踵から爪先に落ちる綺麗なラインそしてヒールの高さとフォルムにこだわりを持つ。冬場ブーツばかりな私も夏のサンダルはキラキラしたものを履きたいもののこだわり過ぎて見つからない。あったと思えば高いし。

けいこ姐さんの履いていらした靴はそのNagieがこれだ!と思う黄金比にぴったりじゃないですかぁ。どこの靴なのか気になって気になって…

ここまで書いてなんですが歌も勿論よかったです。またの再会が楽しみ。

世間は今クリスマスのイルミネーションで素敵。ミッドタウンも勿論でした。普段あまりこの手のものに興味を持たない私もそりゃあ目の前にあれば綺麗だと思いますよ。カメラでバシバシ。同じ場所で絞りや露出を変えてなるほどね、なんて一人呟きながら。
ふと回りを見渡せばそこかしこに幸せそうなカップルばかり。そうですよね。チッ…





[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-11-17 23:06

音のご馳走。。。

三茶・茶沢通りに吸い込まれるように奥へ奥へ。。。。自然無口になり(うんにゃ、なわけがないのですが雰囲気雰囲気・・・)Nagieの心は期待でワクワク。

目指すはBar GOLEM、こちらのバーとにかく素敵なJAZZの音に酔いしれるらしい。行ってみたいと思って先日三茶出没もお休みであえなく撃沈。。。昨晩リベンジ

まずは茶沢通り沿いにあるメニューオール、ワンコインというリーズナブルなイタリアンバーgachi!であれやこれやオーダーしおなかを満たす。こちらのお店、本当にワンコインかと目を耳を疑うほどにしっかりしている。ブログで確認するにどうやらオーナーの松井哲也氏は有名なアクション映画監督さんらしいです。
ピザだって大きさに本当に500円て思ってしまう。確かにぎりぎりで作っているので生地は伸ばすだけ伸ばした感じは否めないのですがお腹にたまりにくくていい。
残念ながら写真はアップできませんがとにかく大満足間違いなしですから是非。

しこたま、たらふく、爆発腹・・・食べたらさてさて向かいましたは目的のGOLEM。。。今日もお休みだったら笑える、おやっ泣ける。

扉を開けると小さなカウンターの中に人のよさそうな、お若きバーテンダーさんがおりました。
どうでしょうか、6席くらいでしたか・・・奥には小さなアンティーク風のソファが、4人ぐらいできてその席で待ったりするにも最高と思ったのは私だけ?

さて早速お酒を注文してと・・・しばらくするとシェリーが私の前に置かれた。そして店主は2台あるターンテーブルにレコードを乗せ始め、回りだす。
Nagieの耳に心地よい馥郁とした厚みのある音が優しく静かに入ってきた。ぐっと来る。
おしゃべりなんて必要ない。邪魔なくらい。音に耳を傾けるせいでしょうか・・・お酒が減らない。
どうやら存在を忘れてしまうらしい。
見ているとひとつのレコードをかけきるんじゃなくて1曲ずつをかけているみたい。とにかく所有のレコードの曲を熟知していらっしゃるんでしょう。曲のつなぎ目がわからないくらい綺麗。

もうすべてが邪魔なくらいにその心地よさに深く深く入り込んでしまった。

次回は何人かできてあのソファでゆるりと過ごしたい。この素敵な音をみんなにも味わっていただきたい。あー、表参道のお気に入りJazz喫茶に行きたい。

三茶のコースも決まったね。gachi!かおいけんさんとこでじゃじゃ麺食べてGOLEMかCafe Bossaだよねだよね。

さて次の目的バーは池尻にあるバーだ。いつ攻められるんだろう?


韓国旅行に行ってきました。。。新しいPCで、フィギュアスケーターがリンクを自由自在にすべるがごとく、扱えるようになったら順次お写真アップしますだすだす。写真がないMyブログなんて・・・なんて、これほど悲しいものはないと思うNagieです。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-11-13 11:52

えっ!そうなの…?

昨晩、久方ぶりにホリエモンの姿をみました。なんのTVだったのかしら?拘留中の痩せた姿が夢うつつ幻であったか…相変わらずのメタボ。
そして相変わらずの思慮深さの無さそうなそれでいて抜け目ない、ある瞬間垣間見せる媚態を含むなんともいえない雰囲気。いいねいいね、これでこそホリエモン。この人はずーっとこうであってほしい。人生の成功者なのか敗者なのか?

さて一時(いまだ続く?)騒がれた泰葉さんのブログ事件に関連して、姿なき暴力についての討論。ブログの中で一番多く使われている言葉はなんと【許せない!】なんだとか。
ほんと?まぁじぃでぇ?Nagieがお気に入りに入れているブログでは見たことがない言葉なだけに俄には信じがたいが。
この言葉の中に憎しみや憎悪さえも感じてしまうのは私だけ?文字というものは、会話(言葉)と違って本来のニュアンスを逸脱して平面的だったり、受け手に委ねられてしまう分、弁解の余地を許さない怖い面がありますよね。
因みにNagieお気に入りブログの中で一番使われている言葉は恐らく、いやっ絶対!【美味しい】そして【楽しかった】【可愛い】だと思う。なんせ美味しいもの巡りをしたブログやファッション絡みのブログばかりだからね。

ブログってNagieには写真が命ってところがあって、写真のないブログは自分では不満。しかし現状で写真を載せようとしようものならPCが爆発するね。
早く新しいPC来ないかな。まぁ、来ても当分はすぐに使えないと思うけど、なんせ設定がね、てんやわんやだから。。。

あー一杯アップしたい写真があるのにぃ、かなすぃ。。。許せない(?)


閑話休題

どこかの教育委員会が小学校のトイレ掃除を復活させようとしていることに賛否という記事をみた。
知らなかったよ、今は業者さんがするのね。変だねぇ…。
自分たちで使うんだから自分たちで掃除をするのは当たり前のような…衛生面が心配っていうけど自分たちの家のトイレとそんなにも差があるのか?
Nagieが子供だった頃に果たしてトイレ掃除で感染症になったというのがあったのかな?わからんなぁ。
自分たちですればあまり汚さないようになるし気遣いも子供ながらに出てくるような…
厳しい日本料理店だと丁稚の頃はトイレ掃除からって言うほど精神の修養に大切なことなんだよね。

変だねぇ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-11-06 10:35

【映】レッドクリフ

金城武、そして大好きなトニー・レオン様主演の映画。三国志を題材にした、総制作費100億円という、壮大なスケールの映画。確かに凄いですよ、CGで誤魔化したとしてもどれだけの人数のエキストラを使ったのか・・・よく観てみるとどこの国の方かしらという面立ちの方もいらしたりしてさ。

日本で言えば悪代官・・・曹操率いる軍から生き延びた劉備率いる軍・・・作戦参謀の諸葛孔明
はこのままでは負け戦となることを見抜き、本来敵同士である孫権と手を組むことを提案し早速話をつけに出向く。そこには総司令塔である周瑜がいた。お互いの知力を認め合い手を組むことに決める。そして曹操に立ち向かう。

パート1である本作では“赤壁の戦い”の地上戦を描いています。続編で水上戦を描くらしい。

三国志の話を知らなくても楽しめるし、ほんの少しでも知っていれば更に楽しいと思う。Nagieは本は読んだことありませんが、猿之助率いるスーパー歌舞伎で三国志が題材になった物がありそれを観ていたので大体のストーリーが頭に入ってましたので人物像をリンクしてみることが出来、更に役柄と俳優陣もリンクさせて観ることがこれもストーリーを知っていればの楽しみ方かもなんて思ったりしていました。

しかしハリウッドに進出したチャイニーズ監督作品て残念なことに殆ど似たり寄ったりですねぇ。
チャン・イーモウのヒーローやアン・リーのグリーンデスティニーも一緒。人が舞い上がって、こんなに滞空時間があるわけないって程、宙に浮いて、槍が飛んでそんな体勢でなんか戦えないし、これだけ槍が飛んできて自分だけが槍と槍の隙間に身を捩り避けられるっていうやつね。
まぁ、アン・リーはブロークバックマウンテンや最近の傑作(Nagieはそう思いますが賛否両論、ただのエロ映画って言う方も中にはいらっしゃるかも)ラスト・コーションなど違ったものもずいぶん撮られていらっしゃいますが。
結局アクション=カンフーという世界なんだと思う。しょうがないね、これで育ってるんだから。イタリアであればマフィア、日本は任侠・・・・んー、ちょっと違うなぁ。まっ、いいや。

トニー・レオンは前作のラストコーションとはまったく別の顔を見せています。レッドクリフのトニー様も素敵ですが、Nagieはやはり花様年華、ラストコーション、ブエノスアイレスなんていう作品のトニー様が好きです。
金城武はあまり好きな俳優さんではないのですが日本のTVドラマに出ているよりよっぽどよいです。どうか中国、香港、台湾の素敵な映画に出てください。そしたら拝見させていただきます。

できることならハリウッドに進出せずに中国らしい作品を撮ってほしいものです。一歩譲ってハリウッド、そりゃ憧れでしょう、えーそうでしょう、アクションもいいです、でもそれ以外も撮ってください。

娯楽物としては面白い映画、何も考えずにさらっと見るのに最適ですな。


来年春にパート2公開。げっ、忘れちゃうよ。直前にDVD観なきゃ。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-11-03 22:41