Artesano de Circulos Concentricos

<   2009年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


わたしの台所

久しぶりにままさんと六本木飯倉にある新中国家庭料理・浅野さんへ。
学生の頃から通い続けているお店で慣れ親しんだ味。出されたものを頂いて帰って次の日の夕飯なんてこともしばしば。
本日もサービスで出してくださったふきの葉の部分をきんぴら風に(勿論中華味ですが)炒め煮にしたご飯のお供をいただいて帰ってきちゃいました。

チャーシュー&豆&ふき・・・・なかでもふきの味付けは絶品。これを薄味っていう方もおりましょうがぜんぜん、ふき本来の味を壊すことのない丁寧な味付けでした。瑞々しさが溢れていました。
a0070133_22515243.jpg


大好物の香菜サラダ(ちょい大盛り)四川風のドレッシングが癖になる。あー、いつ食べても美味しい、おかわり欲しいくらい。
a0070133_2255449.jpg


黄ニラとモヤシの炒め物。
a0070133_22554322.jpg

まずはそのまま食べて・・・もやしのシャキシャキした歯ごたえが堪らんねぇ。そして次は黒酢を少し振りかけて混ぜて食べる。また違った味わいでふむふむ。。。。。

定番の青菜の炒め物
a0070133_22574245.jpg

んー、安心安心。

鱶鰭のせ茶碗蒸し。
a0070133_22584069.jpg

いやぁ、もう美味しくて唸っちゃった。はじめ色が濃いから味がきついかなぁなんて思いましたが茶碗蒸しが薄味でふるふるの柔らかさなので鱶鰭はやはりこのくらいのしっかりした味付けがいいですえ。
ハーフサイズにしてもらいましたがもう十分な量。今度はもう少し小さめにしてもらおうと。

そしてままさんの大好物、黒酢の酢豚。こちらもハーフサイズ。
a0070133_2315191.jpg


仕上げはメンマラーメン、ハーフサイズ
a0070133_2321896.jpg

スープが美味しいです。メンマの甘さがいいなぁ。

お腹がはち切れそうでしたがデザートで〆させていただきました。マンゴープリン、美味いねぇ、しかも大量だよ~。
a0070133_235375.jpg




はぁ、今日も食べちゃったなぁ。浅野に行く前セルライト撃退エステに行ってマシーンでどどどど・・・・手揉みでむにゅむにゅむにゅむにゅ。。。。。
全く意味ねぇ。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-29 23:05

2連チャン。。。

月曜日、ちょっと用事があって池袋まで。高名な精神科の先生のお話を賜りに伺ったのですがそれが面白いの何の。未知の世界。
で、帰りに普段のウィークデーにはイレギュラーな行動。渋谷で下車してBar、snootyfoxさんへ。
夜11時過ぎ、お腹空いちゃってお腹空いちゃって・・・何か食べさせてぇ。辛口のシードルを飲みながらポテトグラタン。やばしです。こんな時間に食べるなんて、半分でやめときました。食事の後のお酒はこちら。
a0070133_1048831.jpg


そして昨晩は代々木上原までまたまた所用で。用事を済ませた後は、大好きな日本語教師、〇さま(リンクのブログチェックしてくださいねぇ)とお夕飯。久しぶりに二人でのんびり。
仕事の話をしたり恋愛の話をしたり、滅多に口にしない色々を激白し、〇さま驚きの表情。ひょーーーー。

こんなリラックスモードにさせてくれたお店はLe cabaret。とても小さなカフェのようなフレンチ。メニューもとても気取りが無くてざっくばらんにビールやワインでばくばく食べるって感じの素敵なお店。
予約をせずに行ったので急場のお席のご用意で面白い配置の場所で頂きましたがそれがまたいけてました。
普段かなりの少食なのにどうして〇さまとか、Nagieの大好きな仲間たちと一緒だと一杯食べちゃうんだろうか?楽しいからだよね。

まずはシャンパンで乾杯。そしてバルバリ鴨のテリーヌ。こテリーヌとはいえお肉の塊りががさって感じで凄くよい、コンビーフっといった感じですがあそこまで脂が抜けた感はないので味わい深い。それを美味しいパン(どうやらルヴァンのパンみたいですね)に挟んでばくばく。
a0070133_10551436.jpg


アンディーブと胡桃とブルーチーズのサラダ。これってタイシルクオーダー稼業TAKI嬢のショップの裏のいつも伺う激安ビストロでもしょっちゅういただく。この手のお店の定番メニューなのね、きっと。
a0070133_10585010.jpg


人の顔ほどの、驚きの大きさの帆立が吃驚。帆立とポテトのグラタン。
帆立の甘さが際立ったシンプルなグラタン。ジャガイモも甘さが立っていたのでちょっとくどいかなぁ。甘さを抑える工夫があった方がより美味しさを感じると思ったなぁ。
a0070133_1122697.jpg


ちょっと口の中が疲れたのでここでさっぱりとお口直し、グリーンサラダ。
a0070133_112455.jpg

しかしなんですよ。。。Nagieたちのお気に入りピザやさんで出されるシーザースサラダは絶品ですな。こちらのグリーンサラダもかなりのレベルですが、やっぱり全然違う。食べながら二人で再認識。

もうここまででかなりの満腹レベル。テーブルが狭いから一品がある程度食べ終わらないと次が出せないらしく出てくるのがゆっくり、その上二人でお喋りに花がさいちゃうからかなりのゆっくりペースになる。で、お腹一杯になってきちゃう。疾風怒涛のごとく食べないと入らないよねぇ。
a0070133_1145566.jpg


これなんだったかなぁ、忘れちゃった豚ロース肉の・・・・・あーもったいない食べ切れなかったよー。

お店で偶然にもアメリカ人の知人に遭遇。身長180cm以上でスレンダー、素晴らしく流暢な日本語を話し、ファッションにも抜かりが無い。もてないはずが無い、この日も日本人女性連れ。お邪魔してもなんですのでちょっと挨拶を交わす程度でしたが途中、彼が席を立って私たちのテーブルに。世間話を。
彼が消えた後・・・・
Na『ねぇ、〇さま、あの日本語どう思う、軽すぎよねぇ、あのチョーを多用するのどうよ』
〇『あれは六本木系よ』

ぎゃはははははは、さすが日本語のプロだなぁ。
外国の方が覚えた日本語は友人や付き合う仲間に影響されるんだとか。女性ともだちが多いとおねぇ言葉になってしまうと、なるほどねぇ。そういえば以前渋谷で隣り合わせになって外人が恐ろしいほどの大阪弁だった。初めて日本に降り立ったのが大阪だったとか。

そこから判断すると彼の日本語は六本木系になるわけね。さすが遊び人のヌー〇〇さん。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-29 11:21

【映】バーン・アフター・リーディング

あのブラピがipod中毒の筋肉バカ、鼻血ブゥな予告編で笑いが出ますか…


あのジョージ・クルーニーが離婚危機の中、女あさりをするアホ男を演じる…


あのジョン・マルコヴィッチがアルコール依存症でCIAを馘になる…


大物俳優陣がみんなおバカキャラ。


コーエン兄弟の最新作。

CIAを馘になった男が書いた自伝の下書きCD-ROMをひょんなことから拾ったフィットネスジムのトレーナー、本物の情報と勘違いして一儲けしようと企む。全身整形を夢見るジムの事務員と一緒に。ここからドタバタ劇がスタートする。

なんとそのCD-ROM をロシア大使館に持ち込む!?
なんで?


離婚訴訟の為の調査部員をスパイと勘違いしたりあり得ない。


なんでっていうくらい単純明快で何も考えずにサラッと観られるおバカムービー。

Milkのような社会派のシリアスなものも大好きですがB級おバカムービー好きのNagie。

でもねおバカはもっと笑えなくちゃ。
馬鹿笑いしたいのよ。

やっぱり俺たちフィギュアスケーターがここ最近では一番かな。
だって大の男の股から白鳥の頭ですよ。
だめだぁ、思い出しただけでも笑える。
ベン・スティラーの昔のもいい感じで笑えますが。

面白いんだけどぎゃははと大口開けて笑えないんですよねぇ。

しかしなんですなぁ。

どうやらNagieの笑いのツボはちょっとずれているようです。
ここ笑うとこでしょって思っても場内静かで、思わず声を潜めてクスクス笑うだけにとどめる。

確かにNagie担当エステティシャンKちゃんはよく『えーっ、そこぉ!?本当に何で笑うか理解できません』と言います。

はぁ、笑いてぇ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-27 11:26

【映】MILK

ハーヴェイ・ミルク・・・・同性愛者であることを公表して、社会の弱者ーゲイ、労働者、シニア層ーマイノリティーのために尽くした実在の人物。彼の40歳から48歳の人生を描く。

1972年、ハーヴェイは街で出逢ったスコット・スミスと恋に落ち、サンフランシスコのカストロ地区に移り住み小さなカメラ店を営む。
そしてそのカメラ店はたちまち、ヒッピーや同性愛者のコミュニティーセンターと化し、様々な政治活動を繰り広げるようになった。
そして遂には市政執行委員の選挙に立候補する。しかし落選。諦めることなく活動を続けた彼は4度目にして当選を果たす。米国史上初の同性愛者であることを公表した政治家でもあるわけです。
当選後は、同性愛者の教職員を解雇できるという、なんとも偏見に満ちた、提案6号を成立させない為に運動を始める。

そして48歳、政治活動もこれからという若さで、敵対する市政委員の銃弾に倒れる。

ショーン・ペン・・・いつも演技が周到でリアルすぎて気持ち悪さ、不気味ささえ感じますが、今回も素晴らしい演技でした。映画の途中に差し挟まれる当時のリアルな映像を見ても本人にそっくりなのが凄い。

この映画、内容も素晴らしいのですが、ショーン・ペンの脇を固める俳優陣も見事。さすがに綺麗な顔立ちの方が多いように。
特に、恋人役のジェームズ・ブランコやルーカス・グラビールは美しい。
意外にもアメリカではまだまだハリウッドスターがこの手の映画の主役をやることはそうないらしい。
何年前でしたでしょうか・・・ブローク・バック・マウンテン・・・やはり同性愛者の切ない愛を描いた映画。Nagieの好きな映画の一つですが、実は衝撃的な映画だったのですね。
心なしか、ジェームズ・ブランコ・・・・ブローク・バック・マウンテンで主役を演じ、去年(?)不可思議な亡くなりかたをしたキース・レジャーに似ています。美しい。

素晴らしい、映画でした。

しかしなんの変哲も無く毎日を過ごし、同性愛者であることを隠し、会社をくびにならないように静かに暮らしていた一人の男がこのような大きなムーブメントを起こし社会を変えていくっていうのはどんな人生なのか?
人は平凡に毎日暮らしながらも心のどこかで、ほんの少し毎日を変えたい、自分はもう少し羽ばたけるんじゃないかと思っているはず。そしてその小さな小さなチャンスを待つ。

勿論自分の、今ある才能を信じてアクティブに行動をしていく人もありましょう。それもよし、機が熟すほどに、蓄積された力があるのに待つばかりでいて折角のチャンスを逃してしまうこともありましょう。

でもね、結局は自分の中にそれに見合うだけのパワーや能力がなければチャンスに乗ったとしてもうまくは行かないでしょうね。
Nagieはチャンスも自分の成長に合わせてやってくるものだと思っています。自分の努力や力が周りの方々に認められたからこそのチャンス。そのチャンスがたくさん自分に巡ってくるように日々精進。

今年2月下旬に短い髪を更にばっさり切りましたが、一ヵ月後にはもうバランスが崩れてしまいました。そこで中間にちょっと揃えて貰えばいいや的に3月に1000円カットに行ってきました。20分2000円。
そして昨日、いつも行くサロンにカットに行ってきました。7350円。やはり比較にならないほどの差があるもんですね。
正直、1000円カットはちょっと伸びた時点ですぐに技術力の乏しさが露呈しますね。なんでしょうか・・・
いやぁ、普段通うサロンのカットやセットの上手さを改めて実感。

とはいえ、また1000円カットに行くと思います。つなぎに。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-26 22:06

恐るべし湯島。。。。

不忍池、東天紅裏にひっそりと佇む小さな小さなフレンチ、コーダリー。この界隈には岩崎弥太郎の長男の別邸として有名な旧岩崎邸や横山大観記念館などがあるとても静かなエリア。上野の賑わいが嘘のようですよ。

平日休みを利用して阿修羅展に足を運んだNagie、折角のお休み、知人とランチに出かけました。
シェフのおまかせコース、4000円。ランチにしては豪華ですが、この中味が吃驚なんです。驚愕といってもよいかも知れません。
前菜3種から始まって・・・・
a0070133_2318283.jpg

サーモンのリエット、蝦夷鹿の生ハム、赤ピーマンのムース。

a0070133_23201116.jpg

オマールと帆立のグリエ、ポロ葱・・・バルサミコとトリュフのクリームで頂きました。

a0070133_23232993.jpg

アスパラ、キャベツ、ポロ葱のスープ

a0070133_232547.jpg

まながつおのグリエ(だったと思うなぁ。。。)

a0070133_23365411.jpg

シャラン産鴨。。。ポルト酒のソースで。これ大好物。惜しい。。。もっと生っぽくていいかも。シェ・ウラノの鴨が忘れられん。

a0070133_2338231.jpg

a0070133_23382957.jpg



どうですか、この内容。4000円ですよ、安いですよねぇ。しかも美味しい。昼でこれなら夜も凄いんでしょうねぇ。夜は食べられそうにないなぁ。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-25 23:43

徒然。。。。

この2年重い病を抱え、入退院を繰り返しながら、一生懸命私たち生徒のために新しい料理を編み出してはレシピにおこして食べさせてご指導くださった先生。。。。先日、悲しくも鬼籍に入られた。
お教室ではNagieは新参者で(とはいえ5年通いましたが)しかも最年少で末席におりましたが先生がとても気にかけてくださり、また漫才のような掛け合いがとても楽しかったらしく、奥様に今日もNagieさんが来るぞと言ってはトークを磨いていたそうです。そんな掛け合いも出来なくなってしまった・・・・

先日、お店で使われていた器や書籍を形見分けではないですが、奥様のご好意で生徒さんにという事でお分けくださることになり頂きに行ってまいりました。
大先輩方は既にお持ちになった後なのだそう。色々あったらしい。
好きなものを好きなだけ持っていって下さいという。遠慮しながらも選ばせていただいた。織部の50cmはあるんじゃないかという大皿。オードブルを一気に盛り付けるのに最高。ダイナミックな使い方が出来そう。
お稽古でもよく使われていた織部の蓋物の器、Nagieはこれが大好きでした。
そしてそして特別に奥様がこれをと出してくださった器。とても高価なお品だとか。
『主人が亡くなって器の整理を始めた時に2客だけ出てきたのですが、これはNagieさんとYさんに差し上げようとしまっておいたのです。主人もきっとお二人の手元に行くことを喜んでいるはずよ』と。。。。切ない。

今日宅配で荷物が届き、一つ一つ開いてはママさんに説明をしていきましたがふと、あー、もういないんだと思ったら涙が。。。。これらの器は絶対に割るわけにはいかない。大切な大切な思い出の品。
a0070133_2147671.jpg


先月オーダーしたニットボレロ。なんとも可愛らしく出来上がった。黒のシルクのネックホルダーのワンピースに合わせて作っていただいたのでその服を着て取りに行ってきました。袖口を2段のフリルにしてもらいました。
a0070133_2153328.jpg

肝心の袖口がいまひとつの写りですなぁ。残念。

a0070133_2153516.jpgそして一見ド派手そうに見えますが恐ろしく素敵なシンプルなスカート。エミリオプッチの生地で出来ています。んー、かなり素敵。いいないいなぁ。。。。こんな大胆な柄が着られて。。。。Nagieなんてちっちゃいから半分くらいしか入らないよきっと、ちんちくりんになっちゃうもんなぁ。
次回オーダー会は秋。よし、あの別珍があしらわれた黒のレースで何か作るよ。どんなのにしようかなぁ。










久しぶりに赤坂にフライドプライドのライブを聴きに行ってきました。先日国際フォーラムで一緒だったyosi×2とギター好きの知人と共に。やはり大きな箱より小さな場所でのライブが最高ですな。
この日の演奏はこれからレコーディングに入るという新譜からが中心でした、やはりまだまだ歌いこんでいないだけに深みが足りない気がしましたがそれでも最高です。
帰りには赤坂と言えば・・・のBAR、moonshinerさんへ。翌日はお休みだからのんびりと。
a0070133_2222624.jpgまずはシャルトリューズのソーダ割り。薬草っぽさがいいよね。綺麗ですよねぇ。
















a0070133_2231362.jpg1970年代のオールドボトルなんだそう。何ていうお酒かわからずですがとても飲み口のよいさらっとしたお酒でした。
















a0070133_2245869.jpg仕上げはボウモア。しかしなんですなぁ、元々お酒が弱いからちょっと飲まないとすぐ飲めなくなっちゃいますねぇ。この日も最後のこのボウモアが最後まで飲めなかった。無理して飲めば飲めたでしょうがやめときました。気分悪くにでもなったらそれこそ嫌になっちゃいますからねぇ。あー、勿体無かったなぁ。













[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-25 22:14

大人の常識

良識…?

最近、考えさせられることが多々…

厄介なのは誰もが自分のすることなすことは常識の範囲内だと思っていること。
かくいう私もそう思って行動しているわけで。

私の通う料理教室での不可解な出来事、齢80という人生の大先輩方がしでかした非常識。

そして私と同世代の方々がしでかした?マークが頭上に一杯立ちそうな出来事。聞かされれば聞かされるほど厄介なことばかり。

溜め息が出る。

自分はほんとどうなんだろう。

ままさん曰く、Nagie も変わってるって言われるんだからおかしなところがあるんだよって…
ぎょー怖い。

あー出来るだけ自分を客観的にみられる自分でいたい。

出来るだけ智恵ある方々と付き合いたい。


誰か私を導いてください。

日々反省。日々謙虚に。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-23 23:18

阿修羅展

前夜2時頃迄赤坂で飲んでいたというのに、普段より早起きして向かった先は国立博物館。
アシスタントHollyから大行列と聞かされていたので9時を目標に出発。案の定人で一杯。チケット片手に何故か小走り。
日傘の貸出し&脱水の方の為に給水ポイントまで、驚いた。

兎に角感動の瞬間!

Nagieは阿修羅以上に他の十大弟子像や八部衆の姿の美しさや施されている細工に感動しました。

それぞれに顔立ちが異なり果たしてそれが何を表すものなのかと遠い古の時空に我が身を飛ばして想ってみた。

これらの像が並ぶ部屋に足を踏み入れた瞬間、自然発生的に『何これ!すごっ、わぁ、ふぅ、何だろ、わぁ、すごっ』と声が何度も。何かが、目に見えない何かが存在していてNagieにびゅわんびゅわんと。
何か凄く柔らかい真綿に包み込まれたよう。
涙が溢れた。

さすがお釈迦様をお守りする方々だっただけある大きい。

そしてメインは、この八部衆の一人である阿修羅よね。

正面の穏やかな美しい顔立ちが印象的。横の唇を噛み締めた顔は何を。どんな心の表れか…痛み…悔しさ?それとも悲しみ?

次の会場には如来像や菩薩像たちがたくさん。
これがまた見事で躍動感溢れた立ち姿は圧巻で鼓動が伝わってきそうです。

あっという間の時間でしたが充実。開催中再度訪館しますよ、多分。



お昼は知人と上野でフレンチ。平日の昼のひと時。
静かな小さなレストランはマダムで満席。
こうしてお昼代を節約してせっせと働く旦那様のお給料で、こんなのんびりランチをする主婦連・・・・
Nagieにはできそうにないなぁ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-23 13:30

可愛&美味し

a0070133_21225572.jpgなんて可愛らしい赤ちゃんのお洋服。。。。ふわふわのタオルで出来たドレス。どんな可愛い女の子がきるのでしょう。


















a0070133_21511223.jpg

実はこれ、手拭タオルなんです。傍にあったバッグと大きさを比べてみました。ねっ、小さいでしょ。本当に可愛いですよねぇ。勿体無くて使えない。

本日朝から大忙しデー。午前中にちょっと用事を済ませ、午後は友人の結婚披露パーティ。そして終わるや否や大慌てで学芸大学にタクシーでしゃーっと移動。
約束の時間まで20分ほど時間があったので携帯の機種変をしようとショップに行き、激混み状態に撃沈。
そして前から気になっていたお店に足を運んでみました。
それがこちら。
a0070133_2157422.jpg

a0070133_215866.jpg

お店の中はとてもシンプルな作りですがインテリアをはじめ、ラッピングなどセンスのよさがそこかしこに光っていました。
菓子研究家いがらしろみさん、焼菓子とジャムのお店、Maison romi-unie(メゾン ロミ・ユニ)。

a0070133_224176.jpg

北海道産のライ麦と全粒粉をいれたスコーン・カンパーニュと国産小麦のスコーン・メゾン。どうですか、この張り裂けそうなほどにたっぷり含まれた空気。滋味深い色もなんだかほっくり感が一杯。

a0070133_226177.jpg

オーソドックスなウィークエンド、そしてパンプルムースの2種を買ってきました。とても綺麗な黄色い色が麗しい。

こちらの焼き菓子に使われているバターは、北海道のノースプレインファーム、町村農場、佐渡ヶ島の佐渡乳業などのものなんだそう、それぞれに特徴がありお菓子によってあったものを使い分けているそうです。

壁一面には素晴らしく綺麗に一糸乱れぬといった感じでジャムの瓶がずらーーと並んでいます。それを見るとなんともいえない緊張感に包まれるんです。えー、とてもいい感じのね。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-19 22:14

歯医者はやめられない!

なぜって、楽しい(愉しい)から。


どうしてこんなにも素敵で愉しい患者さんが毎日いらっしゃるのか…


日々笑いに包まれる。


治療はしなくちゃいけないけど話したいことも沢山、それはどうやら患者さんも同じみたい。

診療中が楽しいからか不思議と色んな情報が入ってくる。


Nagie自身も楽しかった出来事や美味しいもの情報など、あっあの患者さん、これ好きかもと話題を温め、いらした時に首根っこを掴まえるがごとくダーッと話す。そしてアシスタントHollyとともに3人でがははは。

そしてお食事でもと名刺をいただいたり。


いいないいな、笑いの絶えない歯医者って。
治療なんて殆どが苦痛なんだからこのくらい楽しくしなきゃみんなやってられません。


Nagieは常日頃思う。笑いはあ行てしろと…
あははは、がははは


うん、よい。楽しそう。


それに比してい行はいかん。

いひひひ、にひひひ

メールも打ちにくい…
案外、人間もわかる気がします。何か卑屈なものを含んでいると思うのは私だけ?


不思議なのはこの手の楽しい(友達になりたいと切に願う)患者さんは女性が多い。しかもキャリアばりばりの…


丸の内の男性は残業ばかりで心がかさついちゃってるのかな?多分女性はどんなにキャリアを積んでもそれにとらわれて生きるってないからかも。私自身がそう…偶々名刺の肩書きが歯医者なだけ。

そう言いながらNagieの名刺には肩書きも住所もありません。あるのは名前とメルアドそれに大好きな天使のモチーフだけ。


どうして?


自分のことは自分の言葉で説明したかったから。
名刺で勝手に決められたくなかったから。
人は不思議とその人の仕事を知るとこんな感じの人ってイメージを作りますよね。
そのステレオタイプな感じが凄く嫌なわけで。


あー、たのし。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-04-15 13:47